1823件中 51 - 60件表示
  • 季語

    季語から見た花

    季語(きご)とは、連歌、俳諧、俳句において用いられる特定の季節を表す言葉を言う。「雪」(冬)、「月」(秋)、「」(春)などのもの。流派、結社によっては、題詠の題としたり、一句の主題となっている言葉を「季題」(きだい)と言い、単に季節を表すだけの「季語」と区別することもあるが、両者の境は曖昧であり互いを同義に用いることも多い(詳細は後述)。「季語」「季題」いずれも近代以降に成立した言い方であり、古くは「季の詞(きのことば)」「季の題」「四季の詞」あるいは単に「季(き)」「季節」などと呼ばれた。以下では特に説明のない限り「季語」で統一して解説する。季語 フレッシュアイペディアより)

  • 被子植物

    被子植物から見た花

    被子植物(ひししょくぶつ、Angiospermae、Magnoliophyta、Angiosperm)とは、植物の分類の主要な1グループ名。種子植物(顕花植物)のうち、一般にと呼ばれる生殖器官の特殊化が進んで、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まったものをいう。裸子植物と対をなす分類群である。「被子植物門」、「被子植物類」。被子植物 フレッシュアイペディアより)

  • ソバ

    ソバから見た花

    草丈は60〜130cmで、茎の先端に総状花序を出し、6mmほどのを多数つける。花の色は白、淡紅、赤、茎の色は緑、淡紅、濃紅であり、鶏糞肥料のような臭いを放つ。果実の果皮色は黒、茶褐色、銀色である。主に実を食用にする。ソバは、新たに作ったばかりの畑のような痩せた土壌、亜寒帯に属するような冷涼な気候、雨が少なかったり水利が悪かったりする乾燥した土地でも、容易に生育する。しかも、種まきをしてから2〜3ヶ月程度で収穫できることから、救荒作物として5世紀頃から栽培されていた。原産地は、ド・カンドルが中国北部からシベリアという説を提出し、これが信じられてきたが、1992年に京都大学のグループが中国南部で野生祖先種 F. esculentum ssp. ancestraleを発見したことから、中国南部説が有力となっている。ソバ フレッシュアイペディアより)

  • ハエ目

    ハエ目から見た花

    生息環境は熱帯雨林、砂漠、ツンドラ、さらには海、温泉、洞窟、大型動物に寄生するものなど非常に多様性に富む。陸上ではむしろハエ目昆虫がいない所を探す方が難しい。植物の中にはに芳香ではなく腐臭を漂わせ、集まるハエ類を花粉伝播に利用する植物も知られる。ハエ目 フレッシュアイペディアより)

  • 久喜市

    久喜市から見た花

    - 10月、市制施行3周年を記念し、市民の花(梨の)・市民の木(いちょう)が指定される。久喜市 フレッシュアイペディアより)

  • 蜜

    から見た花

    多くの被子植物は、に蜜を分泌する器官を持つ。これを蜜腺と呼ぶ。多くの場合、蜜腺は花びらの基部の内側にある。花が咲くと蜜が分泌され、花に来訪する昆虫などは、この蜜や花粉を餌とするものが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 散華

    散華から見た花

    散華(さんげ)とは、華()を散布すること。仏教では仏を供養するために華を散布する。また花を散らす意味から転じて、死亡すること、特に若くして戦死する事の婉曲表現としても使われている。散華 フレッシュアイペディアより)

  • キョウチクトウ

    キョウチクトウから見た花

    和名は、葉がタケに似ていること、がモモに似ていることから。キョウチクトウ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県

    千葉県から見た花

    (菜の花、コスモス等):南房総市千葉県 フレッシュアイペディアより)

  • ナンキンハゼ

    ナンキンハゼから見た花

    は雌雄同株であり、5?6月開花する。雄花は総状花序で、その葉腋に雌花をつける。ナンキンハゼ フレッシュアイペディアより)

1823件中 51 - 60件表示

「花だより」のニューストピックワード