1823件中 61 - 70件表示
  • センダン

    センダンから見た花

    5-6月頃に、若枝の葉腋に淡紫色の5弁のを多数、円錐状につける。花にはアゲハチョウ類がよく訪れる。なお、南方熊楠が死の直前に「紫の花が見える」と言ったのはセンダンのことと言われている。センダン フレッシュアイペディアより)

  • モミジバフウ

    モミジバフウから見た花

    期は4月頃。雌雄同株で、雄花と雌花が別々に頭状花序をつける。モミジバフウ フレッシュアイペディアより)

  • ニチニチソウ

    ニチニチソウから見た花

    は直径3?4cm程度で、花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり、中心だけ色が違うものもある。ニチニチソウ フレッシュアイペディアより)

  • ナンテン

    ナンテンから見た花

    先端の葉の間から、花序を上に伸ばし、初夏に白いが咲き、晩秋から初冬にかけて赤色(まれに白色)の小球形の果実をつける。ナンテン フレッシュアイペディアより)

  • オオイヌノフグリ

    オオイヌノフグリから見た花

    早春にコバルトブルーのをつける。まれに白い花をつけることがある。花弁は4枚。ただしそれぞれ大きさが少し異なるので花は左右対称である。花の寿命は1日。葉は1?2cmの卵円形で鋸歯がある。草丈10?20cm。オオイヌノフグリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメジョオン

    ヒメジョオンから見た花

    ヒメジョオン(姫女、学名: )は、キク科ムカシヨモギ属の植物。背の高さが50-100cmにもなる、白いを咲かせる一年草である。同属のハルジオンと共に、道端でよく見かける雑草である。ヒメジョオン フレッシュアイペディアより)

  • ハナイカリ

    ハナイカリから見た花

    一年草、越年草または多年草。葉は対生し、縁は全縁。は頂生および腋生する集散花序になり、花冠は淡黄色で、ときに紫色を帯びるものがある。花冠の背面の基部に距がある。ハナイカリ フレッシュアイペディアより)

  • クサレダマ

    クサレダマから見た花

    花期は7-8月。茎の先端または葉腋に円錐花序をつけ、多数のをつける。線状の小さな苞があり、萼は深く5裂する。花冠は黄色で径12-15mmになり、5深裂する。果実は径4mmの蒴果となる。クサレダマ フレッシュアイペディアより)

  • イソツツジ

    イソツツジから見た花

    花期は6-7月。枝の先端に散房花序をだして多数のをつける。花冠は離生し、花弁は白色で5枚、長さ5mmになる。雄蕊は10本ある。果実は長さ3mmの蒴果となる。イソツツジ フレッシュアイペディアより)

  • 花留め

    花留めから見た花

    花留め(はなどめ)は、華道においてが動かないように支える用具である。花留め フレッシュアイペディアより)

1823件中 61 - 70件表示

「花だより」のニューストピックワード