2477件中 61 - 70件表示
  • シラタマノキ

    シラタマノキから見た花

    花期は7-8月で、5mm程度のドウダンツツジのような釣鐘型のをつける。花の先端はつぼまり、5裂し、裂片は反り返る。シラタマノキ フレッシュアイペディアより)

  • ヒイラギナンテン

    ヒイラギナンテンから見た花

    春先に総状花序に黄色いをつける。その中にある雄しべは、昆虫などが触れることによる刺激で内側に動いて、花粉をなすりつける。ヒイラギナンテン フレッシュアイペディアより)

  • ママコノシリヌグイ

    ママコノシリヌグイから見た花

    5-10月ごろ、枝先に10個ほどのが集まって咲く。花弁に見えるのは萼片で深く5裂し、花被の基部が白色で、先端が桃色。花後には黒色の痩果がつく。ママコノシリヌグイ フレッシュアイペディアより)

  • 抒情歌 (小説)

    抒情歌 (小説)から見た花

    ある霊感の強い女人が恋人に捨てられ、彼の死を知り、その苦悩や失意の中で「輪廻転生の抒情詩」に救いを求める愛と死の物語。嫉妬や呪詛、悲しみの末、禽獣草木、天地万物のうちに愛する人や自身を見出し、霊の国や冥土、来世で愛する人の恋人になるよりも一つのになりたいという汎神論的心境に思い至るまでの詩的な心の軌跡が、霊のモチーフで神秘的に描かれている。抒情歌 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • アベマキ

    アベマキから見た花

    期は4-5月頃で、雌雄異花。雄花はタン黄色で新枝の葉の付け根から10?程の房になり下がる、雌花は新枝の上の方に1個ずつ付く。アベマキ フレッシュアイペディアより)

  • ハキダメギク

    ハキダメギクから見た花

    夏から秋の6 - 11月にかけて、頂部に小さなを咲かせたあと、急に葉腋から岐散状に盛んに分枝を繰り返し、各枝の先に小さな頭花をつける。頭花は直径5mm程度。5枚前後の先端が3中裂する短い白色の舌状花があり、および多数の黄色の筒状花からなる。舌状花も筒状花も同形の冠毛をもっており、冠毛の縁が毛のように裂けて、先端がするどく尖っている。ハキダメギク フレッシュアイペディアより)

  • ソライロアサガオ

    ソライロアサガオから見た花

    一箇所から5〜6輪のが咲く。対して、アサガオの花は一箇所から1輪、花のがくは長くのびている。ソライロアサガオ フレッシュアイペディアより)

  • ウスベニアオイ

    ウスベニアオイから見た花

    初夏から夏にかけて赤紫色のを咲かせる。ウスベニアオイ フレッシュアイペディアより)

  • アセビ

    アセビから見た花

    早春になると枝先に10cmほどの複総状の花序を垂らし、多くの白くつぼ状のをつける。雄蕊は10本で、2個の角を持ち毛深い。園芸品種にピンクの花を付けるアケボノアセビなどがある。アセビ フレッシュアイペディアより)

  • トキソウ

    トキソウから見た花

    花期は5-7月、茎頂に紅紫色のを1個つける。和名は花の色がトキの翼の色であるトキ色(#F5C9C6)に似ていることに由来する。萼片の長さは1.5-2.5cmで長楕円状披針形、側花弁は萼片より短く狭長楕円形、唇弁は側花弁より長く先端が3裂する。唇弁の中裂片は大きく、内側に肉質の毛状突起が密生する。花は横を向き、大きく開かない。花下に長さ2-4 cmの葉状の苞をつける。トキソウ フレッシュアイペディアより)

2477件中 61 - 70件表示

「花だより」のニューストピックワード