1823件中 71 - 80件表示
  • コヨウラクツツジ

    コヨウラクツツジから見た花

    花期は5-6月。は長さ1-2cmの花柄の先端に下垂してつく。花冠は長さ5-6mmあり、黄緑色から赤褐色で、ゆがんだつぼ型をし、先端が5裂し外側へ反り返る。花柄には腺毛が散生する。コヨウラクツツジ フレッシュアイペディアより)

  • ヒナザクラ

    ヒナザクラから見た花

    花期は6-7月。花茎の高さは7-15cmになり、先端に2-8個のを散形につける。苞は線形で、花茎の先に輪生する。萼は深く5裂する。花冠は白色で径1cmになり、花喉部は黄色になり、5深裂し、裂片はさらに2浅裂する。果実は径3mmの蒴果となる。ヒナザクラ フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマキケマン

    ミヤマキケマンから見た花

    茎は赤みを帯び、下方で分枝して斜上し、高さは20-50cmになる。葉は1-2回羽状複葉で、小葉はさらに羽状に深裂する。葉はしばしば紫褐色を帯びる。花期は4-7月で、茎の先に3-10cmの総状花序をつけ、多数の黄色いを密につける。花の長さは20-23mmになる。果実は蒴果で、長さ2-3cmの線形になり、数珠状になる。ミヤマキケマン フレッシュアイペディアより)

  • イチリンソウ

    イチリンソウから見た花

    根茎は横に這い、多肉質でところどころ紡錘状にふくらむ。匍匐枝をだし、しばしば群生する。茎につく葉は鞘状に広がった柄を持って3枚が輪生する。小葉は3出複葉で、羽状に深く裂ける。花期は4-5月、花茎の高さは20-30cmになり、直径4cmの花弁状の萼片を持つを1個、花茎の先端につける。萼片は白色でふつう5-6枚、裏面は紅色を帯びる場合がある。花弁はない。根出葉は1-2回3出複葉で、小葉は羽状に深く裂ける。イチリンソウ フレッシュアイペディアより)

  • ユリワサビ

    ユリワサビから見た花

    花期は3-5月で、茎の先端に短い、まばらな花序をつける。は白色の十字状の4弁花で、萼片は楕円形。花柄の基部には葉が変化した苞がつき、やや深く切れ込む。長角果は長さ10-15mmになる。ユリワサビ フレッシュアイペディアより)

  • ワサビ属

    ワサビ属から見た花

    全体無毛の多年草で、地下に根茎がある。根出葉は長い柄をもち、葉身は広心形で、縁は波状鋸歯か鈍鋸歯になる。茎は直立するか、細く横に倒れ、少数の茎葉が互生する。茎の先端に総状花序をつけ、各花柄の基部に葉が変化した苞をつける。は白色で十字形の4弁花。果実は円柱形の長角果となり、裂開する。ワサビ属 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロハノアマナ

    ヒロハノアマナから見た花

    花茎は高さ10-15cmになる。葉は根出葉で2個あり、線形で長さ10-15cm、幅が10-20mmと広く、中央に白線がある。花期は3-5月で、花茎の先に1個の白色のをつける。花びらは6個、雄蕊は6個ある。花茎に3個の苞があり、アマナと区別することができる。ヒロハノアマナ フレッシュアイペディアより)

  • ツルシキミ

    ツルシキミから見た花

    花期は5-6月、は白色で、枝先に散房状の円錐花序を出す。花弁は4枚で、雄花と雌花が異なる。果期は10月から翌年の5月、径1cmほどの赤熟した球状の果実をつける。ツルシキミ フレッシュアイペディアより)

  • キバナノアマナ

    キバナノアマナから見た花

    花茎は、高さ15-25cmくらいになる。葉の形は線形で長さ15-30cm、やや厚みがある。花期は3-5月で、花茎の先に4-10個の黄色のを散形状につける。花びらは6枚で線状長楕円形で長さ12-15mm、雄蕊は6個ある。地下の鱗茎は卵形で、長さは10-15mmになる。キバナノアマナ フレッシュアイペディアより)

  • 労働公園

    労働公園から見た花

    面積は102万m²。多くの植栽により、多種類のや木など緑溢れる憩いの場となっている。池や庭園なども配置されるほか、ゴルフ場、テニス場、スケート場、小動物園、遊園地などの娯楽施設もある。特にヤナギの木が美しい景観をなしている。時期によりさまざまな花が楽しめ、5月のチューリップ、10月のキクなどが美しい。また日本から贈られたサクラや芝生なども見られる。園内にあるリフトに乗ると大連テレビタワーの前にたどり着く。労働公園 フレッシュアイペディアより)

1823件中 71 - 80件表示

「花だより」のニューストピックワード