2477件中 81 - 90件表示
  • オオイヌノフグリ

    オオイヌノフグリから見た花

    秋に芽を出して他の植物が繁茂しない冬に横に広がって育ち、早春に多数のをつけ、春の終わりには枯れてしまう。夏の間は種子で過ごす。寒さに耐えるため、細胞内の糖濃度を高める機能を持ち、葉と茎に生える短い毛で雪と霜を遠ざけて保温する。オオイヌノフグリ フレッシュアイペディアより)

  • ハナズオウ

    ハナズオウから見た花

    ハナズオウ(花蘇芳、Cercis chinensis)は中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜科の落葉低木で、春に咲くが美しいためよく栽培される。ハナズオウ フレッシュアイペディアより)

  • ナンキンハゼ

    ナンキンハゼから見た花

    は雌雄同株であり、5-6月開花する。雄花は総状花序で、その葉腋に雌花をつける。ナンキンハゼ フレッシュアイペディアより)

  • トチバニンジン

    トチバニンジンから見た花

    葉は長柄のある5小葉で構成される掌状複葉で、茎の頂部に3?5枚輪生する。葉縁には細かい鋸歯がある。花期は夏季の6?8月で、茎頂の派の集まり部分から長柄を出し、その先端に散状花序をつけ、球状に淡黄緑色の小さいを多数つける。秋に赤い果実をつける。トチバニンジン フレッシュアイペディアより)

  • ヒメジョオン

    ヒメジョオンから見た花

    ヒメジョオン(姫女、学名: )は、キク科ムカシヨモギ属の植物。背の高さが30〜150cmにもなる、白いを咲かせる一年草である。同属のハルジオンと共に、道端でよく見かける雑草である。ヒメジョオン フレッシュアイペディアより)

  • 季語

    季語から見た花

    季語(きご)とは、連歌、俳諧、俳句において用いられる特定の季節を表す言葉を言う。「雪」(冬)、「月」(秋)、「」(春)などのもの。流派、結社によっては、題詠の題としたり、一句の主題となっている言葉を「季題」(きだい)と言い、単に季節を表すだけの「季語」と区別することもあるが、両者の境は曖昧であり互いを同義に用いることも多い(詳細は後述)。「季語」「季題」いずれも近代以降に成立した言い方であり、古くは「季の詞(きのことば)」「季の題」「四季の詞」あるいは単に「季(き)」「季節」などと呼ばれていた。以下では特に説明のない限り「季語」で統一して解説する。季語 フレッシュアイペディアより)

  • キヅタ

    キヅタから見た花

    葉は厚く革質で、長さ1.5-5cmの葉柄をもって茎に互生する。葉の形は、若枝のものは卵円形または菱形状卵形で、葉先が3-5裂するが、がつく枝のものは菱形状卵形または卵状披針形になり、葉先は裂けない。葉身は長さ3-7cm、幅2-5cmになる。キヅタ フレッシュアイペディアより)

  • ヘチマ

    ヘチマから見た雄花花

    つる性の植物。巻きひげで他のものに絡みつきながら生長する。花期は7 - 9月。雌花と雄花に別れており、直径8cmほどの黄色い花を咲かせる。自家和合性で同一株で受粉が可能である。ヘチマ フレッシュアイペディアより)

  • ヘチマ

    ヘチマから見た雌花花

    つる性の植物。巻きひげで他のものに絡みつきながら生長する。花期は7 - 9月。雌花と雄花に別れており、直径8cmほどの黄色い花を咲かせる。自家和合性で同一株で受粉が可能である。ヘチマ フレッシュアイペディアより)

  • コジキイチゴ

    コジキイチゴから見た花

    晩春に白いを横向きにつける。萼は外面に腺毛、内面と縁には短毛があり、花後に反り返る。長さ約1.5 cmの橙色の果実は直立し、初夏に熟し食べられる。コジキイチゴ フレッシュアイペディアより)

2477件中 81 - 90件表示

「花だより」のニューストピックワード