139件中 31 - 40件表示
  • 花

    から見た奈良時代

    日本では、奈良時代から平安時代初期までは中国文化の影響を強く受けて梅の花が、平安時代初期以降は桜の花が最も盛んに愛でられる花であり、日本で花見と言えば一般的にはこれらの花を観賞することを意味する。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た裸子植物

    胚珠のある生殖器官を花とする考え方(被子植物と裸子植物 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た被子植物

    被子植物の生殖器官を花とする考え方 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た品種改良

    色素が無い花びらは白く見える。材質は本来透明だが、中に気泡があるために白く見える。花びらが色素を持たないメカニズムには、作られた色素が別の酵素で破壊される場合と、色素を作る酵素の機能が阻害された場合がある。前者の例は白いキクで、花にはカロテノイドを分解する酵素が存在し、作られた色素が壊される。後者にはアサガオがあり、フラボノイドの一種アントシアニンを作る酵素のDNA内にトランスポゾンがあり色素生成を阻害する。このトランスポゾンが開花中にDNA上の別な場所に移動すると酵素は色素を作れるようになる。これによって一つの花の中に色素がある細胞と無い細胞が混在し、アサガオの模様が作られる。トランスポゾンの動き方は一定ではなく、それぞれの頻度やタイミングによって花の模様が異なってくる。トランスポゾンを含むアサガオは江戸時代に偶然発見され、品種改良を経て広まった。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たツタバウンラン

    距(きょ):花冠の基部が後ろに飛び出たもの。スミレ、ツタバウンランなど。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た花序

    花の配列状態を花序という。花序は花によって異なるが、ある一定の方式にしたがって並ぶ。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た花言葉

    花の種類によってそれぞれに意味を持たせることもよくおこなわれ、日本では葬式にキクの花というような定番がある。また、花言葉というのもこのようなもののひとつである。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たホトケノザ

    閉鎖花 :花冠が開かずに終わる花。例えばホトケノザの花はその一部が閉鎖花。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たクロンキスト体系

    軸を中心に多数の雄蕊、雌蕊、花被が螺旋状に並んだ花を原始的なものと見なし、次第にその形が整理されてきたと見なすもので、クロンキスト体系はこれを基礎とする。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たドクダミ

    無花被花 :花被の無い花。裸花ともいう。ヤナギ、ドクダミなど。 フレッシュアイペディアより)

139件中 31 - 40件表示

「花だより」のニューストピックワード

  • 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

  • 仮面ライダーエグゼイド

  • 快傑 えみちゃんねる