167件中 41 - 50件表示
  • 花

    から見た被子植物

    被子植物の生殖器官を花とする考え方 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た品種改良

    色素が無い花びらは白く見える。花びらの材質は本来透明だが、中に気泡があるために白く見える。花びらが色素を持たないメカニズムには、作られた色素が別の酵素で破壊される場合と、色素を作る酵素の機能が阻害された場合がある。前者の例は白いキクで、花にはカロテノイドを分解する酵素が存在し、作られた色素が壊される。後者にはアサガオがあり、フラボノイドの一種アントシアニンを作る酵素のDNA内にトランスポゾンがあり色素生成を阻害する。このトランスポゾンが開花中にDNA上の別な場所に移動すると酵素は色素を作れるようになる。これによって一つの花の中に色素がある細胞と無い細胞が混在し、アサガオの模様が作られる。トランスポゾンの動き方は一定ではなく、それぞれの頻度やタイミングによって花の模様が異なってくる。トランスポゾンを含むアサガオは江戸時代に偶然発見され、品種改良を経て広まった。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たツタバウンラン

    距(きょ):花冠の基部が後ろに飛び出たもの。スミレ、ツタバウンランなど。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た花序

    花の配列状態を花序という。花序は花によって異なるが、ある一定の方式に沿って並ぶ。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たオランダ

    花を育てて楽しむことも古くからおこなわれた。庭園を飾るために花を育てる例は広く見られる。花を中心とする庭を花園、花畑などという。観賞用の植物の栽培を園芸と言うが、特に草の花を目的とする栽培を花卉園芸という。長い歴史の中で、多くの観賞用の花が選別栽培され、後には人工交配などによる品種改良も行われた。現在では、切り花を生産することが産業として成立している。とくに切り花は商品価値が高く比較的重量も軽いため、1980年代以降大消費地から離れた土地で生産し消費地まで空輸することが盛んになってきている。ヨーロッパ向けの輸出を主とするケニアやエチオピア、アメリカ向けの輸出を柱とするコロンビアやエクアドルなどはこの切り花産業が急成長しており、重要な産業のひとつに成長しつつある。ただしこの切り花の輸出量が最も多いのはオランダであり、世界の輸出量の半分以上を占めている。オランダは世界最大の花卉園芸産業を擁する国であり、バラを中心とする多様な花を生産しヨーロッパの花卉生産の中心となっているほか、世界最大の花卉園芸市場であるアールスメール花市場などでの花の取引も非常に盛んであり、オランダでの花の取引は全世界の取引額の6割を占め、世界の花卉市場の中心となっている。なお、花卉園芸で実際に扱う対象は花に限らず、いわゆる枝もの、実ものも含む。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た花言葉

    花の種類によってそれぞれに意味を持たせることもよくおこなわれ、日本では葬式にキクの花というような定番がある。また、花言葉というのもこのようなもののひとつである。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たホトケノザ

    閉鎖花 :花冠が開かずに終わる花。例えばホトケノザの花はその一部が閉鎖花。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た

    また、花粉はそのままでは移動できないため、受粉を行うためには何らかの媒介が必要となる。おもに媒介者となるのは風と動物であり、風が媒介するものは風媒花と呼ばれる。動物が媒介するものはその媒介者によって虫媒花・媒花・コウモリ媒花などに分かれる。動物媒の中では特に虫による媒介が多い。最も古い媒介方式は風媒であるが、のちにより確実性の高まる動物媒が発展した。しかしながら冷帯地域においては単一樹種による樹林が多いことや媒介者となる動物の不足から、再び風媒に戻るものが多く、かなりの樹木が風媒花となっている。逆に媒介動物の多い熱帯地域においては動物媒が圧倒的で、熱帯樹木の95%を占める。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見たクロンキスト体系

    軸を中心に多数の雄蕊、雌蕊、花被が螺旋状に並んだ花を原始的なものと見なし、次第にその形が整理されてきたと見なすもので、クロンキスト体系はこれを基礎とする。 フレッシュアイペディアより)

  • 花

    から見た風媒花

    被子植物では、花びらや萼といった装飾的な構造が多数加わることが多い。したがって、その構造は中心に大胞子葉由来の雌蕊、その外側に小胞子葉由来の雄蕊、そしてその外側に葉由来の花弁、そして一番外側にやはり葉由来の萼が取り巻くという形になる。花弁、萼はまとめて花被と呼ばれる。ただし、すべての花がこのような構造を持っているわけではなく、花びらや萼などがない花も多い。特に、風媒花などでは、花びらの欠損や退化が見られるものが多い。イネ科の場合このような花を小穂という。 フレッシュアイペディアより)

167件中 41 - 50件表示

「花だより」のニューストピックワード