前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
551件中 1 - 10件表示
  • 吉田茂

    吉田茂から見た芸者芸妓

    1878年(明治11年)9月22日、高知県宿毛出身の自由民権運動の闘士竹内綱の5男として東京神田駿河台(のち東京都千代田区)に生まれる。父親が反政府陰謀に加わった科で長崎で逮捕されてからまもないことであった。実母の身元はいまでもはっきりしない。母親は芸者だったらしく、竹内の投獄後に東京へ出て竹内の親友、吉田健三の庇護のもとで茂を生んだ。吉田茂 フレッシュアイペディアより)

  • 料亭

    料亭から見た芸妓芸妓

    料亭(りょうてい)とは、主に日本料理を出す高級飲食店である。企業の接待、宴会や商談、要人や政治家の密談等に使われることが多い。値段も店により異なり、店によっては芸妓による単価が大幅に異なる無形のサービスが提供されることに伴い、利用料が確実に回収される必要があるので、支払いを保証可能な紹介がないと利用できないところもある。料亭 フレッシュアイペディアより)

  • だんだん

    だんだんから見た芸妓芸妓

    2001年4月、介護福祉士になるために、大学に進学(桜咲く)。それらに伴い、入学前の3月の春休みから、のぞみも住んでいる祇園の置屋兼お茶屋「花むら」に下宿する。同じ年の5月26日、弟の健太郎が歌声が聴きたいからと松江から持ってきたギターと、京都のライブハウス「ワイルドダック」でステージに立ってパフォーマンスをするのぞみと康太と俊の姿を見て、半年前に止めていた音楽に再び触れることとなる。それから2日後には、老人ホーム「琥珀苑」での介護のボランティア活動も始める。その年の8月16日、ちょうど1年前の松江城内での「シジミジル」のライブで、数時間前に出雲大社で偶然顔を合わせたばかりののぞみと一緒に歌った「赤いスイートピー」を聴いて、この2人を歌手としてデビューさせようとあらゆる手を使って口説いてきた大阪の芸能事務所のマネージャーの石橋が福岡へ転勤になると聞いて、石橋への想いに気づく。数日後、その日のうちに福岡に発つ石橋が最後に寄った「ワイルドダック」で、19歳の誕生日プレゼントにと石橋がくれたオルゴールに使われていた「M」をギターで弾き語り。途中から参加したのぞみと素晴らしいハーモニーをきかせたことで、石橋の福岡行きを思いとどまらせた。だんだん フレッシュアイペディアより)

  • SAYURI

    SAYURIから見た芸者芸妓

    監督はロブ・マーシャル、主演はチャン・ツィイー。第二次世界大戦前後にかけて京都で活躍した芸者の話である。第78回アカデミー賞で6部門ノミネートされ、3部門で受賞した(この年の最多受賞タイ)。SAYURI フレッシュアイペディアより)

  • 大岡昇平

    大岡昇平から見た芸妓芸妓

    4月 - 府立一中受験に失敗。青山学院中学部に入学、キリスト教の感化を受ける。秋、母・つるが芸妓だったことを知った。大岡昇平 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤博文

    伊藤博文から見た芸者芸妓

    しかし、明治天皇は伊藤を信頼していた。明治天皇の好みの性格は、お世辞を言わない無骨な正直者で、金銭にきれいなことだった。伊藤はこれに当てはまり、伊藤に私財のないことを知った明治天皇は、明治31年(1898年)に10万円のお手許金を伊藤に与えている。ただし、後述にもある伊藤の芸者好きに対してはほどほどにするようにと苦言を呈したこともあった。日露戦争開戦直前の御前会議当日の早朝、伊藤に即刻参内せよという勅旨が下り、伊藤が参内すると明治天皇は夜着のまま伊藤を引見し、「前もって伊藤の考えを聞いておきたい」と述べた。これに対し伊藤は「万一わが国に利あらずば、畏れながら陛下におかせられても重大なお覚悟が必要かと存じます」と奏上した。また、伊藤は天皇から「東京を離れてはならぬ」とまで命じられていた。伊藤博文 フレッシュアイペディアより)

  • 雪 (地唄)

    雪 (地唄)から見た芸妓芸妓

    近世邦楽・地歌の「雪」は18世紀後半に大阪で活躍した盲人音楽家、峰崎勾当作曲になる曲。地歌の中の「端歌物」に属する。ソセキという尼になった女性が、若い頃芸妓であった頃の恋を述懐するという内容で、冒頭、今は出家して清い境地にいることを「花も雪も払えば清き袂(たもと)かな」という文句で始まる。その中の「雪」を曲名としたもの。箏、胡弓、尺八の手付も行なわれていて、三曲合奏で行なわれることもある。また、のちに舞が振り付けられ、地唄舞としてもよく演じられる。その情緒纏綿とした曲調が、いかにも上方らしさを漂わせているので、東京でも曲名の「雪」を、「ゆ」を高くする関西方言のアクセントで発音する人が多い。曲の途中に、夜に響く鐘の音をあらわした三味線の合の手があり、雪を表現しているわけではないが、これが大変に美しく、その旋律断片は劇場三味線音楽にも取り入れられ、劇中、雪の場面を表す事にしばしば使われる(新内節・「蘭蝶」の雪の場面など)。また上方落語「立ち切れ線香」などのはめものにも使われている。雪 (地唄) フレッシュアイペディアより)

  • 半玉

    半玉から見た芸妓芸妓

    半玉(はんぎょく)とは関東地域を中心とした花柳界における年少芸妓(芸者の見習い)のことである。別名「おしゃく(しばしば雛妓の字があてられる)」「赤襟」「半線香」など。名前はかつて「玉代(ぎょくだい)」が一人前の芸者の半分であったことに由来する。全国各地に「半玉」とよばれる存在があるが、ここでは東京の半玉について述べる。半玉 フレッシュアイペディアより)

  • 教育施設

    教育施設から見た芸妓芸妓

    八坂女紅場学園 …舞妓・芸妓のための教育施設教育施設 フレッシュアイペディアより)

  • 座敷

    座敷から見た芸妓芸妓

    芸妓の仕事。宴会に呼ばれて歌舞音曲を催したり、接客をすること。「お座敷がかかる」などと用いられる。座敷 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
551件中 1 - 10件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード

  • (ミャンマー国家顧問兼外相の)アウン・サン・スー・チー氏は何のためにノーベル平和賞を受賞したのか

  • イスラム系少数民族ロヒンギャ

  • イスラム国