551件中 91 - 100件表示
  • 河原崎 國太郎

    河原崎國太郎 (6代目)から見た芸妓芸妓

    1984年、嵐市太郎時代に、朝日放送・松竹制作の現代劇のテレビドラマ『京都マル秘指令 ザ新選組』第二話に本業そのままの歌舞伎役者役で出演している。役柄は、ラスベガスのカジノで作った借金の形に、取り立てに来たヤクザに恋人の芸妓を売ることを迫られる小心者というなんともなもの。なお、そのロケは松竹制作のドラマだけに同社運営の南座が使われている。河原崎國太郎 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 島田髷

    島田髷から見た芸者芸妓

    遊女や芸者なら「投げ島田」や「つぶし島田」、「くるわつぶし」など根がずっと低い髷も平たいものを結う。「投げ島田」は髻の根を後ろにかなり下げたもので髷が後ろに投げ出されたように見えるもの。「つぶし島田」は髷の中央がつぶしたようにへこんでいるものをいう。どちらも婀娜っぽい妖艶な印象の髷である。島田髷 フレッシュアイペディアより)

  • 絆 (小杉健治)

    絆 (小杉健治)から見た芸妓芸妓

    34歳。日本橋浜町で芸者をしていた勇一の愛人。勇一の出資で銀座にクラブを出す予定だった。絆 (小杉健治) フレッシュアイペディアより)

  • ミドリヒョウモン

    ミドリヒョウモンから見た芸妓芸妓

    広い分布域の中で多くの亜種が知られるが、日本の亜種は A. p. tsushimana Fruhstorfer, 1906、または A. p. geisha Hemming, 1934 とされ、著者によって一定しない。なお、亜種名の"tsushimana"は対馬、"geisha"は芸者に因む命名である。ミドリヒョウモン フレッシュアイペディアより)

  • お父さん

    お父さんから見た芸妓芸妓

    お父さん(おとうさん)とは日本語で父親を呼ぶ最も一般的な親族呼称法のひとつ。明治36年(1903年)に尋常小学校の教科書に採用されてから急速に広まった。それ以前は「おとっつぁん」が多かった(武士の階級では「父上」)。花街で芸妓が用いる置屋の男主人の呼称でもある。近年では「パパ」(中国語ピン音:bàba, ロシア語:папа)とも呼ばれる。「お父さん」は次の場合に用いられる。お父さん フレッシュアイペディアより)

  • お父さん

    お父さんから見た置屋芸妓

    お父さん(おとうさん)とは日本語で父親を呼ぶ最も一般的な親族呼称法のひとつ。明治36年(1903年)に尋常小学校の教科書に採用されてから急速に広まった。それ以前は「おとっつぁん」が多かった(武士の階級では「父上」)。花街で芸妓が用いる置屋の男主人の呼称でもある。近年では「パパ」(中国語ピン音:bàba, ロシア語:папа)とも呼ばれる。「お父さん」は次の場合に用いられる。お父さん フレッシュアイペディアより)

  • 祇園甲部

    祇園甲部から見た芸妓芸妓

    寛永年間(1624 - 1645年)に祇園社(八坂神社)の門前で営業された水茶屋がこの花街の始まりで、京都所司代板倉重宗によって茶立ち女を置くことが許可され、門前の茶屋町を「祇園町」と称するようになった。寛文年間になると四条河原町に芝居小屋が建ち、四条通りと大和通りにも茶屋が開かれるようになり、弁財天町・二十一軒町・中之町・山端町・宮川町で、「祇園外六町」と称した。享保17年(1732年)、正式に茶屋渡世の営業許可が下りると元吉町・橋本町・林下町・末吉町・清本町・富永町の「祇園内六町」が開かれ、さらに繁栄した。この際に、団子をモチーフにした紋章が作られた。この紋章は現在も祇園甲部と祇園東の紋章として使われている。江戸末期にはお茶屋が500軒、芸妓、舞妓、娼妓合わせて1000人以上いたという。祇園甲部 フレッシュアイペディアより)

  • ツタ

    ツタから見た芸妓芸妓

    蔦が絡んで茂るさまが馴染み客と一生、離れないことにかけて芸妓や娼婦などが用いたといわれる。ツタ フレッシュアイペディアより)

  • 芳町 (花街)

    芳町 (花街)から見た芸妓芸妓

    天保12年(1841年)、中村座の焼失で芝居小屋群は浅草の猿若町に移転し、その後の天保の改革で江戸市中の岡場所(非公認の花街、遊廓)が取り潰され、深川から逃れてきた芸妓が移り住み、芳町は芸妓の花街となった。幕末から明治、大正、昭和にかけて繁栄を極め、日本で最初の女優となった川上貞奴や芸妓から歌手に転向した勝太郎ら名妓を輩出した。大正期には、「白首」(しろくび)と呼ばれる私娼が登場し蛎殻町周辺で客を取り風紀を乱していた。第2次世界大戦による営業停止、東京大空襲の被害を乗り越え花街は昭和24年(1949年)、芸妓278名、置屋177軒、料亭、待合あわせて121軒で復興された。芳町 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 丸帯

    丸帯から見た芸者芸妓

    礼装用に用いるが、帆布の帯芯を入れて布を折りたたむため重くて扱いにくく、現在はほとんど廃れて、芸者、舞妓、等の花柳界や、婚礼衣装ぐらいにしか使われない。丸帯 フレッシュアイペディアより)

551件中 91 - 100件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード

  • (ミャンマー国家顧問兼外相の)アウン・サン・スー・チー氏は何のためにノーベル平和賞を受賞したのか

  • イスラム系少数民族ロヒンギャ

  • イスラム国