551件中 11 - 20件表示
  • 花井お梅

    花井お梅から見た芸妓芸妓

    花井お梅(はないおうめ、1863年(元治元年) - 1916年(大正5年)12月13日)は、芸妓などで暮らした人物。犯した殺人が、いろいろな演芸に脚色され、演じられた。花井お梅 フレッシュアイペディアより)

  • 髷替え

    髷替えから見た芸妓芸妓

    髷替え(まげかえ または わげかえ)とは、京都の舞妓が舞妓に出て年数が経った頃に髪型を割れしのぶからおふく(ふく髷とも)に結いかえることをさす。舞妓でも年長者となり芸妓に一歩近づいた存在となる。髷替え フレッシュアイペディアより)

  • 大阪の花街

    大阪の花街から見た芸妓芸妓

    新町遊廓は大阪最古の花街で、江戸時代には大阪唯一の幕府公認の花街であった。地名の由来は、大阪中の花街を集めて一つの新しい町にしたことから。江戸の吉原、京都の嶋原と並ぶ三大遊廓の一つだったが、娼妓より芸妓の数が上回っていた。嶋原から移った夕霧太夫が主人公の歌舞伎『廓文章』はこの花街が舞台である。大阪の花街 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の日本の女性史

    1972年の日本の女性史から見た芸妓芸妓

    6月7日 全国芸妓・芸妓屋同盟会全国総会、島根県で、「芸者も労働者」と決議1972年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 玄椿

    玄椿から見た芸妓芸妓

    主人公は祇園甲部の芸妓(げいこ)、「胡蝶」。舞いの天才として生を受けた彼女を取り巻く人間模様が描かれる。舞台は主に祇園であるが上七軒や神楽坂など、別の花街を舞台としたエピソードもある。玄椿 フレッシュアイペディアより)

  • 千両蜜柑

    千両蜜柑から見た芸者芸妓

    昔の芸者小屋では、芸者がお座敷に入ると線香に火をつけ、それがたち切れるまでの時間と本数を計り、客が帰る際に一本、二本・・・と言って料金を請求していた。千両蜜柑 フレッシュアイペディアより)

  • 帯留

    帯留から見た芸者芸妓

    幕末(1853年 - 1869年)から明治初期にかけては、芸者衆の間で流行した。芸者衆は、客の男性の、刀の小柄・目貫・柄頭などの刀装具や、煙草入れなどを「契りの証しとして」帯留に作り替えて用いたものと思われる。帯留 フレッシュアイペディアより)

  • 国分町 (仙台市)

    国分町 (仙台市)から見た芸者置屋芸妓

    戦前から割烹・料理屋・待合・芸者置屋等が並ぶ地域だった。国分町2丁目と立町の2つに分かれ、立町側は割烹等の跡地にラブホテルが建ち、現在は11棟のラブホテルを中心に性風俗の街となっている。国分町 (仙台市) フレッシュアイペディアより)

  • 小早川伸木の恋

    小早川伸木の恋から見た置屋芸妓

    カナの夫。1911年生。1989年、ガンにより死亡。享年78。関西の旧華族の出身で数々の起業により巨万の富を築くとともに、文人として漢詩、盆栽、骨董に通ずる。京都・祇園の置屋の娘で舞妓であったカナを、住み込みの家政婦として別宅に引き取る。のちに妻が実弟と不倫をし、さらに惣介の資産を使い込んだことがきっかけで離婚を成立させると、子どものいない惣介は自身の120億の遺産を受け継がせるため50歳も年下のカナと結婚をした。小早川伸木の恋 フレッシュアイペディアより)

  • 平山五郎

    平山五郎から見た芸妓芸妓

    6月3日、不逞浪士取り締まりのため芹沢や近藤らが大坂への下向に同行。浪士達が現地の力士達と乱闘事件を引き起こした際に平山は胸を打たれて負傷した。8月下旬に四条堀川の米屋に押し入った強盗鎮圧のため永倉新八、斎藤一らと共に出動。鉄砲を撃ちかける賊を抜刀して討ち取ったが、この際に平山は負傷している。また、9月に芹沢が思いのままにならない芸妓小寅に腹を立て遊郭の吉田屋に乗り込む騒ぎが起きた。永倉、斎藤、土方、平山が同行して主人を脅しつけ、小寅と付添の芸妓お鹿を断髪する辱めを与えた。この際に芹沢の命令で土方が小寅の、平山がお鹿の髪を切っている。平山五郎 フレッシュアイペディアより)

551件中 11 - 20件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード