551件中 31 - 40件表示
  • お歯黒

    お歯黒から見た芸妓芸妓

    江戸時代以降は皇族・貴族以外の男性の間ではほとんど廃絶、また、悪臭や手間、そして老けた感じになることが若い女性から敬遠されたこともあって既婚女性、未婚でも18?20歳以上の女性、及び、遊女、芸妓の化粧として定着した。農家においては祭り、結婚式、葬式、等特別な場合のみお歯黒を付けた(童話ごんぎつねにもその描写がある)。お歯黒 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田藤十郎 (4代目)

    坂田藤十郎 (4代目)から見た芸妓芸妓

    また、扇と結婚する前は、京都に相思相愛の芸妓がいたといわれており、自身がつとめる舞台にその芸妓が訪れると、表は成駒屋定紋の祇園守紋、裏はその芸妓が用いていた女紋をあしらった扇で舞台をつとめた。坂田藤十郎 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺公望

    西園寺公望から見た芸妓芸妓

    正妻はない(明治13年、京都祇園井筒屋(現・祇園辰巳NEXUS)の芸妓・江良加代(当時18歳)を東京へ連れてきて結婚しようとするも、親族の反対に遭い断念した)が、3人の女性を事実上の妻とした。最初の妻は新橋の芸者・玉八(小林菊子)で、一人娘の・新をもうけた。新は旧長州藩主毛利元徳公爵の八男・八郎と結婚し、公一、不二男など三男三女を産んだ。西園寺公望 フレッシュアイペディアより)

  • 芹沢鴨

    芹沢鴨から見た芸妓芸妓

    文久3年(1863年)9月、芹沢が懸想していた吉田屋の芸妓小寅が肌を許さなかったため、立腹した芹沢が吉田屋に乗り込み、店を破壊すると主人を脅して、小寅と付き添いの芸妓お鹿を呼びつけ罰として2人を断髪させる乱暴を行っている。芹沢鴨 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見た芸者芸妓

    元・芸者であったイチ子は、ウィラードより15歳年上の38歳で、戦後、満州国大連市から帰国したが、故郷・広島が原爆で壊滅したため、仕事を求めて上京していたという。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋原

    嶋原から見た芸妓芸妓

    「太夫」とはもともと能楽や歌舞伎の舞台で秀でた者に与えられた称号であり、最初は京都の女歌舞伎で活躍した女性が「太夫」(舞太夫、能太夫)などと呼ばれたものが、1629年に女歌舞伎が禁止されて以降、優れた技能、教養を持つ最高位の遊女の名として定着したものである。また四条河原で能や舞に明け暮れた女性を「太夫」と呼んだ、とする説もある。太夫は通称「こったい」とも呼ばれ、置屋に所属して揚屋に派遣される(この形態が祇園等、他の花街に影響を与えた)。かつては正五位の地位をも与えられた最高位の遊女であった。太夫はもと御所の公家、皇族が相手であったため、教養に長けた芸妓でなければならない。例えば、舞踊なら名取、師範になれるくらいである。嶋原 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉又次郎

    小泉又次郎から見た芸者芸妓

    憲法発布の年、明治22年(1889年)、東京横浜毎日新聞の記者になる。30歳のころに芸者だった綾部ナオと結婚した。小泉又次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 花街

    花街から見た芸妓芸妓

    花街(かがい、はなまち)とは、芸妓屋、遊女屋が集まっている区域を指す名称である。売春防止法(1957年施行)までは多くの花街に芸妓と娼妓の両方がいたが、今日花街と呼ばれている地域は芸妓遊びのできる店を中心に形成される区域である。花街 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿鳴館 (戯曲)

    鹿鳴館 (戯曲)から見た芸者芸妓

    明治期にあっては、首相たちを含む政治家・貴顕たちは、芸者を愛人としただけでなく、正妻とすることも一般的に行われていた。これは何らスキャンダラスなことではなかった。彼女らは「今は貴族だけれども、元は芸者」なのである。朝子=影山伯爵夫人もその一人である。これは隠すべきことでも恥ずべきことでもなかった。鹿鳴館 (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • 橋づくし

    橋づくしから見た芸妓芸妓

    陰暦8月15日の夜、新橋の料亭・米井の娘・満佐子は、芸妓の小弓、かな子と一緒に願掛けに出かける。満月の深夜、無言で後戻りすることなく、7つの橋を渡って祈ると願いが叶うという。満佐子の願いは、「俳優のRと一緒になりたい」。満佐子と同い年の22歳の芸妓・かな子の願いは、「好い旦那が欲しい」。42歳の小太りの芸妓・小弓は、「お金が欲しい」のである。この三人と、満佐子の家の新米女中の田舎娘・みなが、お供として願掛けに加わった。願掛け参りのルールは、「7つの橋を渡るときに同じ道を二度通ってはいけない」、「今夜の願事(ねぎごと)はお互いに言ってはならない」、「家を出てから、7つの橋を渡りきるまで、絶対に口をきいてはいけない」、「一度知り合いから話しかけられたら、願(がん)はすでに破られる」、「橋を渡る前と渡ったあと、それぞれ合計14回、手を合わせてお祈りをする」などである。橋づくし フレッシュアイペディアより)

551件中 31 - 40件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード