551件中 41 - 50件表示
  • 夜会服 (小説)

    夜会服 (小説)から見た芸者芸妓

    滝川夫人から、さ来週にスペイン大使やスイス大使を招いたディナーパーティーを自宅で開くと言われた絢子は、夫人と一緒に新しいイブニングドレスを作るため、オートクチュールの「宮村」に行った。パーティーは花山妃殿下を主賓にしたものだった。生地とデザインを決め、レストランで昼食中、夫人はさっき「宮村」にいた35歳くらいの色っぽい美人客について語り出した。彼女は或るセメント会社の老社長の後妻で、社長の妾時代には俊男を誘惑し、俊男が夢中になっていた元芸者だという。絢子はその話を聞くと、みるみる涙を流し出した。滝川夫人は、私はあなたの味方よと明るく励ましたが、絢子の心を真暗にしたのは当の滝川夫人であった。理知的な絢子はそれを誰にも相談せずに、俊男にも姑と会ったことを言わなかった。夜会服 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤小ます

    加藤小ますから見た芸妓芸妓

    加藤小ます(かとう・こます、本名:千鶴子)は祇園甲部の地方芸妓。京都市出身。加藤小ます フレッシュアイペディアより)

  • GEI-SYA -お座敷で逢えたら-

    GEI-SYA -お座敷で逢えたら-から見た芸妓芸妓

    ある日、友人の結婚式に出席した直子は、藤松という芸者と出会い、その艶やかな姿に心を奪われる。GEI-SYA -お座敷で逢えたら- フレッシュアイペディアより)

  • 藤本竹葉

    藤本竹葉から見た芸妓芸妓

    藤本竹葉(ふじもと たけは)は祇園甲部芸妓、京舞井上流の名取。京都市出身。10代で舞妓として店出し(披露)、20代で芸妓となる。名取に相応しく舞踊に精進し、『都をどり』や『温習会』などで活躍し、芸妓組合の組合長を務め現役である。2008年6月24日、京都伝統伎芸振興財団(通称、おおきに財団)より「伝統技芸保持者」の認定を受けた。藤本竹葉 フレッシュアイペディアより)

  • 辰路

    辰路から見た芸妓芸妓

    辰路(たつじ、弘化3年(1846年) - 明治43年(1910年))は、京都島原桔梗屋の芸妓である。本名、井筒タツ。辰次、お辰とも。辰路 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅小まめ

    三宅小まめから見た芸妓芸妓

    三宅 小まめ (みやけ こまめ、1910年(明治43年)- )は祇園甲部芸妓、京舞井上流名取。京都市東山区出身。実家は屋形(置屋)を営む。三宅小まめ フレッシュアイペディアより)

  • 中村喜春

    中村喜春から見た芸妓芸妓

    中村 喜春(なかむら きはる、1913年4月14日 - 2004年1月5日)は、随筆家・元花街芸者中村喜春 フレッシュアイペディアより)

  • 藤間勘章

    藤間勘章から見た芸者芸妓

    保名→「女保名」という外題で上演。芸者の扮装をしている。藤間勘章 フレッシュアイペディアより)

  • 向島 (花街)

    向島 (花街)から見た芸妓芸妓

    向島は隅田川沿岸に位置し、江戸時代から風光明媚の地として栄えてきたが、明治期に料理屋が置かれそれが花街の起源となる。最盛期には待合、料理屋が100軒から200軒、芸妓は1000名以上あり各検番(芸妓、料理屋を管轄する機関)にそれぞれ在籍した。中でも洋装のダンス芸妓が人気を集めた。その近くには玉の井という私娼のいた銘酒店街(飲み屋を装って売春をする店が立ち並ぶ場所で、非公認の遊廓)が存在した。関東大震災、第二次世界大戦の危機を乗り越えてきたが昭和後期に入り料亭、芸妓数の減少が続き、2009年現在、料亭18軒、芸妓120名である。戦前には複数あった見番が「向嶋墨堤組合」に統合され、芸妓の技芸向上や後進の育成を図るほか、春の時期に桜茶屋を設け花見客を接待するなど、対外的にも積極的に取り組んでいる。向島 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 年少芸妓

    年少芸妓から見た芸妓芸妓

    年少芸妓(ねんしょうげいぎ)とはまだ芸妓としては一人前でない若い芸妓、または芸妓見習いとして花街のお座敷に出ている少女を指す。年少芸妓 フレッシュアイペディアより)

551件中 41 - 50件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード

  • (ミャンマー国家顧問兼外相の)アウン・サン・スー・チー氏は何のためにノーベル平和賞を受賞したのか

  • イスラム系少数民族ロヒンギャ

  • イスラム国