551件中 61 - 70件表示
  • お元

    お元から見た芸妓芸妓

    お元(おもと、生没年不詳)は、幕末の長崎芸妓お元 フレッシュアイペディアより)

  • 二スケ二ゾウ

    二スケ二ゾウから見た芸妓芸妓

    六代目尾上菊五郎の妻・寺島千代の養子。はじめ二代目市川瀧之丞の養子。実母は柳橋の芸妓二スケ二ゾウ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄火

    鉄火から見た芸者芸妓

    料亭や岡場所の花街として栄えた。正式な遊女としての花魁はなく、女郎も少なかったことから、芸者が主役であり「深川芸者」と「吉原芸者」として双璧とされ、その他の地域の芸者は、たんに「町芸者」といわれた。このことから、誇りを持って生業とし、如何わしい目的の酔客をあしらう、独特の男勝りな気風(きふう)が生まれ、佩刀(はいとう・刀を携えること)までする芸者もいたといわれている。江戸城下を中心にすると東南(辰巳)の方角に位置することから辰巳芸者といった。鉄火 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛巻き

    櫛巻きから見た芸者芸妓

    粋筋と呼ばれる女性の芸能者特に芸者や女師匠などが結ったが、手間がかからないことから職業女性にも愛好者が多かった。櫛巻き フレッシュアイペディアより)

  • 船弁慶 (落語)

    船弁慶 (落語)から見た芸妓芸妓

    さて、大川に到着。喜六は遊山船に乗り込む。周囲の人が『弁慶』と言うのを待ち構えていたが、清八が先回りして口止めしていたため断念、芸子と散々飲み食いして清八と「源平踊りや。」と褌一丁で踊り出す。船弁慶 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • つぶし島田

    つぶし島田から見た芸者芸妓

    多くの派生の髪形を持つが、基本的には芸者や女性の師匠に結われていた。つぶし島田 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤ふで

    近藤ふでから見た芸者芸妓

    江戸牛込近辺の芸者出身と伝わる。近藤ふで フレッシュアイペディアより)

  • HAPPY MAN

    HAPPY MANから見た芸妓芸妓

    京都・三本木の芸妓。二度目に小五郎に会った際に無視された(夜と昼の化粧のギャップのせいで小五郎は幾松に気付かなかった)ことにショックを受けるが、程なく結ばれる。HAPPY MAN フレッシュアイペディアより)

  • 三善英史

    三善英史から見た芸者芸妓

    円山町の芸者の息子として生まれる。端正な顔立ちとプロポーションが目を引き渋谷でスカウトされ、歌手となる。1972年、デビュー曲『雨』がいきなりの大ヒットを飛ばし、同年、第14回日本レコード大賞・新人賞、新宿音楽祭・銀賞、第3回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞を獲得。三善英史 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原征平のおもしろ京都検定

    桑原征平のおもしろ京都検定から見た芸妓芸妓

    なお最終回は、前の回までに合格証9個で並んだ、原田伸郎とメラニー・グリーンによる「師範」認定決定戦で、結果メラニー・グリーンが2代目「師範」認定となり、「豪華賞品」として祇園の芸妓らとのお座敷遊びを楽しんだ。桑原征平のおもしろ京都検定 フレッシュアイペディアより)

551件中 61 - 70件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード