551件中 71 - 80件表示
  • 丸髷

    丸髷から見た芸者芸妓

    未婚時代には島田髷が結われるのに対して、結婚すると丸髷に変わるので、オペラ「蝶々夫人」を日本の風俗に忠実に演ずる場合は(長崎の芸者だったヒロインが冒頭で結婚するため)途中で髪形を変えねばならずカツラを二種類用意することがある。丸髷 フレッシュアイペディアより)

  • 萬龍

    萬龍から見た芸妓芸妓

    萬龍(まんりゅう、1894年7月 - 1973年12月)は明治末に「日本一の美人」と謳われ、当時人気を博した芸妓である。(文献によっては万竜、万龍、萬竜と表記されている)萬龍 フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂 (花街)

    赤坂 (花街)から見た芸妓芸妓

    かつて赤坂には「溜池」(ためいけ)という大きな池が存在し、その周辺に各藩の大名屋敷が混在していた。溜池は当時、風光明媚でホタルが飛び交う場所として知られていた。それに随時して茶店がつくられ、のちに岡場所(江戸時代の非公認の花街、遊廓)が形成される。しかし、芸妓の置く花街として機能するのは明治以降である。主に、軍人、政治家が利用し、最盛期には芸妓400名、特に萬龍(まんりゅう)という芸妓が売れっ子として名を知られ彼女の写真が完売になるほどである。昭和30年(1955年)には芸妓300名、料亭80軒であったがバーやスナック、クラブなどがの業種が増え、政治家による「待合政治」が批判を生み減少し、2007年現在、料亭6軒、芸妓10人前後である。2009年(平成21年)、4年前の2005年(平成17年)に閉店していた料亭『金龍』が新業態の店として復活し話題を呼んだ。赤坂 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 真箏

    真箏から見た芸妓芸妓

    真箏(まこと)は祇園甲部芸妓、ジャズシンガー『MAKOTO』として活躍している。真箏 フレッシュアイペディアより)

  • 末弘ヒロ子

    末弘ヒロ子から見た芸妓芸妓

    明治40年(1907年)9月、アメリカの新聞社(シカゴ・トリビューン紙)が「ミスワールドコンテスト」を企画。時事新報社が打診を受け日本予選として明治41年(1908年)3月5日、「日本美人写真募集」と銘打って大々的な全国キャンペーンを展開した。芸妓・女優・職業モデルなどは参加不可、自薦他薦は問わない。末弘ヒロ子 フレッシュアイペディアより)

  • アオバハゴロモ

    アオバハゴロモから見た芸者芸妓

    なお、学名の属名 Geisha は芸者にちなんだものである。岩田(1983)はこれについて、おそらく前翅の翡翠色耶蘇の末端の紅色、後翅の乳白色などの美しさからの連想ではないかと書き記している。なお、彼はこの書でこの種とツマグロオオヨコバイを比較しながらその食物選択性を主題にして一章を費やしている。アオバハゴロモ フレッシュアイペディアより)

  • 木更津甚句

    木更津甚句から見た芸妓芸妓

    由来は江戸期に江戸?木更津間の海運を司る木更津船の船頭が往来の際に唄っていた船唄が元であると言われている。幕末(安政年間)にその船唄を元に木更津出身の噺家、木更津亭柳勢が江戸の高座で唄い江戸界隈で流行したと伝えられている。それから暫らく時が経つに連れだんだん廃れていったが、大正時代に木更津から上京した芸妓・小野きくが「若福」という芸名で新橋のお座敷に出ていた折に「木更津甚句」を披露して東京花柳界で再び流行し全国に広まる。木更津甚句 フレッシュアイペディアより)

  • 豆千代

    豆千代から見た芸者芸妓

    豆千代(まめちよ、1912年1月2日 - 2004年3月22日)は昭和期の芸者、歌手。本名は福田八重子。豆千代 フレッシュアイペディアより)

  • 羽織

    羽織から見た芸者芸妓

    例外は、いわゆる深川芸者(辰巳芸者)で、江戸中期頃からこの地域の芸者は女であるにもかかわらず羽織を着ていることが名物となっていた。時代が下るにつれて、女性の羽織は徐々に花柳界の中に広がってゆくが、これが一般に広く用いられるようになってゆくのは明治期以降である。羽織 フレッシュアイペディアより)

  • 筑前琵琶

    筑前琵琶から見た芸者芸妓

    筑前琵琶は、女性奏者に人気があり、娘琵琶としても流行し、嫁入り前の女性の習い事として重視された。旧福岡市内には多い時で50人もの琵琶の師匠がいたといわれる。また、一時期は花柳界にも「琵琶芸者」なる演奏者があったほど琵琶熱が高く、大正時代末期の琵琶製造高は博多人形のそれに迫るほどであったという。筑前琵琶 フレッシュアイペディアより)

551件中 71 - 80件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード

  • (ミャンマー国家顧問兼外相の)アウン・サン・スー・チー氏は何のためにノーベル平和賞を受賞したのか

  • イスラム系少数民族ロヒンギャ

  • イスラム国