551件中 81 - 90件表示
  • 小松清直

    小松清直から見た芸妓芸妓

    父・帯刀清廉と京都の芸妓・琴の長男として誕生する。1870年8月に清廉が没したため、清廉正妻の千賀により鹿児島で養育された。小松清直 フレッシュアイペディアより)

  • 田口ゆかり

    田口ゆかりから見た芸者芸妓

    90年代に長野県の上山田温泉で芸者を務めていたが覚醒剤所持で逮捕された。その後浅草ロック座でストリッパーとして出演した。田口ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 夜嵐おきぬ

    夜嵐おきぬから見た芸妓芸妓

    1844年あるいは弘化年間前後の時代に、三浦半島城ヶ島の漁師・佐次郎の娘として生まれたらしい。彼女は16歳のときに両親と死別し、伯父に引き取られ江戸に出て芸妓になることになり「時尾張屋」において「鎌倉小春」と名乗りその美貌から江戸中の評判を取る。夜嵐おきぬ フレッシュアイペディアより)

  • カルタミン

    カルタミンから見た芸者芸妓

    カルタミンが利用されてきた歴史は古く、紀元前25世紀には古代エジプトでミイラの着衣からベニバナが染料として使用された記録が残っている。以来、ヨーロッパ諸国で絨毯用羊毛の染色や、日本で芸者や歌舞伎役者の化粧用の「紅」として使われてきた。カルタミン フレッシュアイペディアより)

  • 陰摩羅鬼の瑕

    陰摩羅鬼の瑕から見た置屋芸妓

    胤篤の息子。妾腹の子として置屋育ちだったためか、公家の血筋としての品が無い(伊庭からは「氏や育ちではなく性質」と評される)。陰摩羅鬼の瑕 フレッシュアイペディアより)

  • 日本橋きみ栄

    日本橋きみ栄から見た芸者芸妓

    本名は荒井きよ子。日本橋で芸者をしていたが、折からの鶯芸者ブームで、1934年(昭和9年)ニットーレコードからデビュー。ビクターの市丸、藤本二三吉、小唄勝太郎、コロムビアの音丸、豆千代、ポリドールの浅草〆香、新橋喜代三、テイチクの美ち奴らと並んで活躍する。その後ポリドールの専属となり、1937年(昭和12年)『蛇の目のかげで』をヒットさせている。他の曲には『お夏狂乱』『五月雨傘』『島の夕波』などがある。日本橋きみ栄 フレッシュアイペディアより)

  • 待合茶屋

    待合茶屋から見た芸妓芸妓

    料亭、置屋とともにいわゆる三業の一角を占め、主として芸妓との遊興や飲食を目的として利用される。待合茶屋 フレッシュアイペディアより)

  • 待合茶屋

    待合茶屋から見た置屋芸妓

    料亭、置屋とともにいわゆる三業の一角を占め、主として芸妓との遊興や飲食を目的として利用される。待合茶屋 フレッシュアイペディアより)

  • 桐木千寿

    桐木千寿から見た芸妓芸妓

    桐木千寿(きりき・ちず、1951年9月9日- 大阪府出身)は元祇園甲部芸妓、華道家。芸妓名は「豊千代」(とよちよ)であった。桐木千寿 フレッシュアイペディアより)

  • 内田九一

    内田九一から見た芸者芸妓

    役者や芸者の写真の撮影や販売も行って生活は大いに潤い、神田駿河台紅梅町に洋館兼写真館の豪邸を建てたが、明治7年(1874年)冬より肺結核を患い、翌明治8年(1875年)2月に死去。享年32。九一が撮影したネガは日下部金兵衛が引き継いだ。また、浅草の写真館は、明治14年(1881年)、当時の著名な写真師だった北庭筑波が購入し、「旧内田舎」として再開業した。内田九一 フレッシュアイペディアより)

551件中 81 - 90件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード