前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た料亭

    江戸時代には男芸者と女芸者とがあった。江戸時代には京都や大坂で芸者といえば男性である幇間(太鼓持ち)を指し、芸子が女性であったが、明治になると芸者が男性を指すことはなくなり、以降は大阪でも女性を芸者というようになった。京都では芸妓(げいこ)とよばれる。現代では料理屋(料亭)、待合茶屋に出入りする芸者が売春を行うことはない。地方の温泉地等ではコンパニオンと呼ばれる派遣の芸妓などが存在し、また俗に枕芸者と呼ばれるものも一部に残っている。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た新潮社

    佐野美津子『祇園女の王国 紅殻格子のうちとそと』新潮社、1995年2月、ISBN 4104034010芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た小学館

    相原恭子『京都花街もてなしの技術』小学館、2005年5月、ISBN 4093875537芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た幻冬舎

    岩崎究香(岩崎峰子)『祇園のうら道、おもて道 女の舞台、一流の事情』幻冬舎、2005年10月、ISBN 4344010604芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た講談社

    桐木千寿『愛され上手になる 祇園流・女磨き』講談社、2007年3月、ISBN 9784062138413芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た光文社

    浅原須美『お座敷遊び 浅草花街芸者の粋をどう愉しむか』(光文社新書)、光文社、2003年4月、ISBN 4334031935芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た集英社

    岩崎峰子『祇園の課外授業』集英社、2004年9月、ISBN 4087813126芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た花代

    その料金のことを、関東では「玉代(ぎょくだい)」または「線香代」、近畿では「花代(はなだい)」などと呼ぶ。「線香代」というのは、時計のないころに線香1本が燃え尽きるまでの時間の料金だったからという。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た舟橋聖一

    舟橋聖一『風流抄』文藝春秋新社、1954年12月、1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た加藤政洋

    加藤政洋『花街 異空間の都市史』朝日新聞社、2005年10月、ISBN 4022598859芸妓 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード