87件中 11 - 20件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た市丸

    地方となるにはそれなりの修練が必要であり、通常は立方を卒業した姉芸妓が地方に廻る。そのほか、芸妓には素養としてひととおりの音曲、茶道などの修行が求められることが多い。このような事情から、昭和年間前半(1930?50年代)には、芸妓出身の女性歌手が輩出した。小唄勝太郎、市丸などが有名で、「うぐいす芸者」と称されていた。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た西尾久美子

    西尾久美子『京都花街の経営学』東洋経済新報社、2007年9月、ISBN 9784492501764芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た小唄勝太郎

    地方となるにはそれなりの修練が必要であり、通常は立方を卒業した姉芸妓が地方に廻る。そのほか、芸妓には素養としてひととおりの音曲、茶道などの修行が求められることが多い。このような事情から、昭和年間前半(1930?50年代)には、芸妓出身の女性歌手が輩出した。小唄勝太郎、市丸などが有名で、「うぐいす芸者」と称されていた。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見たライザ・ダルビー

    ライザ・ダルビー(入江恭子・訳)『芸者 ライザと先斗町の女たち』TBSブリタニカ、1985年12月、ISBN 4484851156芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た三田村鳶魚

    三田村鳶魚『花柳風俗』中央公論社、1998年10月、ISBN 4122032717芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た成島柳北

    成島柳北(原著)、色部義明、小松田良平(共著)『柳北綺語』色部義明ほか、1976年、1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た日本舞踊

    芸妓(げいぎ)とは、舞踊や音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。芸者・芸子のこと。酒席に侍って各種の芸を披露し、座の取持ちを行う女子のことであり、太夫遊びが下火となった江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つである。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た中国

    1900年頃に中国を訪れた芸妓の観察によると、中国の芸娼妓は、「嫖皃」と言い、三段階の階級があった。最下級が「野鶏」、その上が「長三」といって日本の半玉に当たり、場合によっては娼妓も務める。最上が「青宮人」と呼ばれ、芸妓に当たる。彼女らを仕切る親方は、男が「亀公」、女が「亀婆」と呼ばれ、それぞれが数人の嫖皃を持ち、同業者と共同で大きな館を借り、これを「院房」と呼んで茶屋として営業。他に、茶館や茶楼と称してわずかな茶代で野鶏や長三を呼んで遊ぶこともできる。院房は通りから入った路地の奥にあり、城郭の外に金文字で女の名前が掲げられ、入口にいる番人が客を出迎える。客が中に入ると、十数人の嫖皃が顔出しし、客はその中から好みの者を選ぶ。青宮人の場合は、客とともに書楼と呼ばれる場所に行き、そこで芸を見せる。気に入った娘がいた場合は、お茶を注ぎに来た男性従業員に耳打ちし、待合する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た有馬温泉

    日本最古である有馬温泉には古くから芸達者な芸妓がいてその伎芸は現在も若い芸妓に伝承されている。有馬検番があり、現在置屋が4軒、梓席・田中席1・わかまつ席・初音席。常に白塗りでかつら、着物で座敷にあがる(有馬温泉観光協会2参照)。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た松山市

    愛媛県松山市には大正?昭和初期の全盛期には、県内で検番が約40軒、置屋が439軒、芸妓が1350人いた。現在も芸妓の数は少なくなったが、松山検番や新検番が存在する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード