87件中 21 - 30件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た新潟市

    新潟市には、中心市街地の中央区古町を活動拠点とする古町芸妓が存在する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た児童福祉法

    かつて日本全国に多くの花街(花柳界)があり、芸妓も多数いた。第二次世界大戦以後は、児童福祉法の制定によって子どもの頃から仕込むことが困難になり、娯楽と接客の多様化により花柳界も衰退し、芸妓の数は減り続けた。後継者不足のため、花街側は頭を抱えている状況だが、山形や秋田では会社制度に転換したりして後継者を育成し続けている。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た林田亀太郎

    林田亀太郎『藝者の研究』潮文閣、1929年5月、1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た歌手

    地方となるにはそれなりの修練が必要であり、通常は立方を卒業した姉芸妓が地方に廻る。そのほか、芸妓には素養としてひととおりの音曲、茶道などの修行が求められることが多い。このような事情から、昭和年間前半(1930?50年代)には、芸妓出身の女性歌手が輩出した。小唄勝太郎、市丸などが有名で、「うぐいす芸者」と称されていた。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た人身売買

    芸妓はあくまでも芸を売って座の取持ちを行うのがその勤めである。しかし、江戸時代以来、芸妓もその他の遊女と同様、前借金を抱えた年季奉公であり、過去の花街は人身売買や売春の温床となっていた。大正時代には、新聞社が仲介した養女の貰い手の大半は新橋・赤坂・下谷などの芸妓屋であったという。誰でも構わず身を売ることは「不見転(みずてん)」として戒められたが、第二次世界大戦後までこうした不見転はほぼどこの土地でも見られ、置屋も積極的にこれを勧めることが多かった。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た京都新聞

    溝縁ひろし(京都新聞出版センター・編)『はんなりと 京舞妓の四季』京都新聞出版センター、2004年4月、ISBN 4763805347芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見たメディアファクトリー

    中島花代『小さな芸者さん!お酌チャンno.1!』メディアファクトリー、1992年8月、ISBN 4889912592芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た平凡社

    増田小夜 『芸者―苦闘の半生涯』平凡社ライブラリー、1995年11月(1957年刊の増補改訂版)、ISBN 4582761224芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た朝日新聞社

    井上雪『廓のおんな』(朝日文庫)、朝日新聞社、1984年9月、ISBN 4022602902 単行本:朝日新聞社、1981年、ISBN 402254807X芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た河出書房新社

    夏栄(聞き書き・岡田喜一郎)『神楽坂芸者が教える女の作法』河出書房新社、2005年2月、ISBN 4309017002芸妓 フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード