87件中 41 - 50件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た柴田書店

    南地大和屋『大和屋歳時』柴田書店、1996年8月、ISBN 4388057835芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た舞妓

    芸妓を「芸妓(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た幇間

    江戸時代には男芸者と女芸者とがあった。江戸時代には京都や大坂で芸者といえば男性である幇間(太鼓持ち)を指し、芸子が女性であったが、明治になると芸者が男性を指すことはなくなり、以降は大阪でも女性を芸者というようになった。京都では芸妓(げいこ)とよばれる。現代では料理屋(料亭)、待合茶屋に出入りする芸者が売春を行うことはない。地方の温泉地等ではコンパニオンと呼ばれる派遣の芸妓などが存在し、また俗に枕芸者と呼ばれるものも一部に残っている。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た三味線

    一人前の年長芸妓の場合は主として島田髷に引摺り、詰袖の着物、水白粉による化粧(近畿系芸妓は正式にはお歯黒を付けるが現代では通常は付けない/関東系はお歯黒を付けない(関東系遊女は付ける);どちらも引眉はしない)というのが一般的である(地方などは土地柄によって束髪に普通の化粧という場合もある)。三味線箱を男衆に持たせたりして酒席に赴く。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た待合茶屋

    江戸時代には男芸者と女芸者とがあった。江戸時代には京都や大坂で芸者といえば男性である幇間(太鼓持ち)を指し、芸子が女性であったが、明治になると芸者が男性を指すことはなくなり、以降は大阪でも女性を芸者というようになった。京都では芸妓(げいこ)とよばれる。現代では料理屋(料亭)、待合茶屋に出入りする芸者が売春を行うことはない。地方の温泉地等ではコンパニオンと呼ばれる派遣の芸妓などが存在し、また俗に枕芸者と呼ばれるものも一部に残っている。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た半玉

    芸妓を「芸者」、見習を「半玉(はんぎょく)」・「雛妓(おしゃく)」などと呼ぶ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た古町芸妓

    新潟市には、中心市街地の中央区古町を活動拠点とする古町芸妓が存在する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た花街

    芸妓はあくまでも芸を売って座の取持ちを行うのがその勤めである。しかし、江戸時代以来、芸妓もその他の遊女と同様、前借金を抱えた年季奉公であり、過去の花街は人身売買や売春の温床となっていた。大正時代には、新聞社が仲介した養女の貰い手の大半は新橋・赤坂・下谷などの芸妓屋であったという。誰でも構わず身を売ることは「不見転(みずてん)」として戒められたが、第二次世界大戦後までこうした不見転はほぼどこの土地でも見られ、置屋も積極的にこれを勧めることが多かった。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た山形県

    山形県酒田市では、1990年に「港都振興」を設立した。1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た舟宿

    江戸では、待合茶屋にあがった客が、茶屋を通して芸妓に指名を掛け(これを「何某を呼ぶ」または「何某を知らせる」という)、揚屋で実際に遊ぶことが一般であった。ただし上方(かみがた)では茶屋と揚屋がひとつになっていて置屋が直接に指名を受ける場合が多く、江戸でも料亭や船宿が直接置屋に指名をかけ、場所を移動せずに遊ぶこともあった。当時、芸妓は遊郭で遊女が来るまでの場つなぎとして呼ばれることが多く、この点が明治以降とはかなり違う。芸妓 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード