87件中 51 - 60件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た音曲

    芸妓(げいぎ)とは、舞踊や音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。芸者・芸子のこと。酒席に侍って各種の芸を披露し、座の取持ちを行う女子のことであり、太夫遊びが下火となった江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つである。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た羽織

    東京深川の辰巳芸者は「いき」をむねとし、足袋をはかず素足で桐の下駄を履き、羽織をはおることをもってその心意気とする。したがって、辰巳芸者を「“羽織芸者”」、略して「“羽織”」とも呼んだ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た清元

    地方(じかた): 長唄や清元などの唄、語りや三味線や鳴物の演奏をうけもつ者芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た自費出版

    石原哲男『日本髪の世界 舞妓の髪型編』自費出版、2004年4月、1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た長唄

    地方(じかた): 長唄や清元などの唄、語りや三味線や鳴物の演奏をうけもつ者芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見たいき

    東京深川の辰巳芸者は「いき」をむねとし、足袋をはかず素足で桐の下駄を履き、羽織をはおることをもってその心意気とする。したがって、辰巳芸者を「“羽織芸者”」、略して「“羽織”」とも呼んだ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た島田髷

    一人前の年長芸妓の場合は主として島田髷に引摺り、詰袖の着物、水白粉による化粧(近畿系芸妓は正式にはお歯黒を付けるが現代では通常は付けない/関東系はお歯黒を付けない(関東系遊女は付ける);どちらも引眉はしない)というのが一般的である(地方などは土地柄によって束髪に普通の化粧という場合もある)。三味線箱を男衆に持たせたりして酒席に赴く。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た酒田市

    山形県酒田市では、1990年に「港都振興」を設立した。1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見たチップ (サービス)

    このほかに祝儀(ご祝儀)と呼ばれる一種のチップのようなものも必要となる。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た奥座敷

    温泉街だが近畿の奥座敷と呼ばれ格式が高く、遊郭のような店もなく、またその様な人(ピンクコンパニオンなど)が旅館やホテルに出入りするのも禁じられている。芸妓 フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード