87件中 71 - 80件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た桃割れ

    半玉や舞妓ら年少の芸妓の衣装は、髪形は桃割れ等の少女の髷で、肩上げをした振袖を着る。帯・帯結びも年長芸妓とは異なる。この内、京都の舞妓は、だらりの帯結び、履物はおこぼ(こっぽり)などで知られる。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た文春新書

    相原恭子『京都舞妓と芸妓の奥座敷』(文春新書)、文藝春秋、2001年10月、ISBN 4166602055芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た祝儀

    このほかに祝儀(ご祝儀)と呼ばれる一種のチップのようなものも必要となる。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た中央区 (新潟市)

    新潟市には、中心市街地の中央区古町を活動拠点とする古町芸妓が存在する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た辰巳芸者

    東京深川の辰巳芸者は「いき」をむねとし、足袋をはかず素足で桐の下駄を履き、羽織をはおることをもってその心意気とする。したがって、辰巳芸者を「“羽織芸者”」、略して「“羽織”」とも呼んだ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た東京

    東京深川の辰巳芸者は「いき」をむねとし、足袋をはかず素足で桐の下駄を履き、羽織をはおることをもってその心意気とする。したがって、辰巳芸者を「“羽織芸者”」、略して「“羽織”」とも呼んだ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見たお歯黒

    一人前の年長芸妓の場合は主として島田髷に引摺り、詰袖の着物、水白粉による化粧(近畿系芸妓は正式にはお歯黒を付けるが現代では通常は付けない/関東系はお歯黒を付けない(関東系遊女は付ける);どちらも引眉はしない)というのが一般的である(地方などは土地柄によって束髪に普通の化粧という場合もある)。三味線箱を男衆に持たせたりして酒席に赴く。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た深川 (江東区)

    東京深川の辰巳芸者は「いき」をむねとし、足袋をはかず素足で桐の下駄を履き、羽織をはおることをもってその心意気とする。したがって、辰巳芸者を「“羽織芸者”」、略して「“羽織”」とも呼んだ。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た光文社新書

    浅原須美『お座敷遊び 浅草花街芸者の粋をどう愉しむか』(光文社新書)、光文社、2003年4月、ISBN 4334031935芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た古町 (新潟市)

    新潟市には、中心市街地の中央区古町を活動拠点とする古町芸妓が存在する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

87件中 71 - 80件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード