1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示
  • 芸妓

    芸妓から見た新潟県

    新潟県 : 古町芸妓 岩室芸妓1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た静岡県

    静岡県 : 熱海芸妓1芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た愛媛県

    愛媛県松山市には大正?昭和初期の全盛期には、県内で検番が約40軒、置屋が439軒、芸妓が1350人いた。現在も芸妓の数は少なくなったが、松山検番や新検番が存在する。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た遊女

    一人前の年長芸妓の場合は主として島田髷に引摺り、詰袖の着物、水白粉による化粧(近畿系芸妓は正式にはお歯黒を付けるが現代では通常は付けない/関東系はお歯黒を付けない(関東系遊女は付ける);どちらも引眉はしない)というのが一般的である(地方などは土地柄によって束髪に普通の化粧という場合もある)。三味線箱を男衆に持たせたりして酒席に赴く。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た水揚げ (花街)

    この莫大な費用からしてみてもだれでも旦那になれるわけではなく、必然的にその土地の財界人やトップクラスの企業の経営者などで、多額の金銭をポケットマネーでまかなえる人物であった。一方の芸妓も芸妓になれば誰でも旦那がつくわけではなく、美貌と卓越した芸などが備わった芸妓である。若手の時に旦那がつけばいわゆる水揚げとなり、ある程度歳を重ねていても旦那様はつく。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た売春

    芸妓はあくまでも芸を売って座の取持ちを行うのがその勤めである。しかし、江戸時代以来、芸妓もその他の遊女と同様、前借金を抱えた年季奉公であり、過去の花街は人身売買や売春の温床となっていた。大正時代には、新聞社が仲介した養女の貰い手の大半は新橋・赤坂・下谷などの芸妓屋であったという。誰でも構わず身を売ることは「不見転(みずてん)」として戒められたが、第二次世界大戦後までこうした不見転はほぼどこの土地でも見られ、置屋も積極的にこれを勧めることが多かった。芸妓 フレッシュアイペディアより)

  • 芸妓

    芸妓から見た振袖

    半玉や舞妓ら年少の芸妓の衣装は、髪形は桃割れ等の少女の髷で、肩上げをした振袖を着る。帯・帯結びも年長芸妓とは異なる。この内、京都の舞妓は、だらりの帯結び、履物はおこぼ(こっぽり)などで知られる。芸妓 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示

「芸妓・芸者・舞妓」のニューストピックワード

  • (ミャンマー国家顧問兼外相の)アウン・サン・スー・チー氏は何のためにノーベル平和賞を受賞したのか

  • イスラム系少数民族ロヒンギャ

  • イスラム国