521件中 111 - 120件表示
  • 盛本真理子

    盛本真理子から見た芸能芸能

    このことが新聞や女性週刊誌などに掲載されると、ファンなどから激励が来た反面、「売名行為」ではないかとの憶測などもあったため、芸能界からの引退を決意。盛本真理子 フレッシュアイペディアより)

  • 秦河勝

    秦河勝から見た芸能芸能

    本拠地とした京都市右京区太秦(うずまさ)や、秦河勝の墓のある大阪府寝屋川市太秦にその名を残す。さらに右京区西京極には川勝寺とよばれる寺があり、近隣には「秦河勝終焉之地」の碑がある。この地域は明治の初めまで川勝寺村と呼ばれ、住民の多くは自らを河勝の子孫と認識していた。秦氏の後裔を称するものは甚だ多く、戦国大名で知られる土佐国の長宗我部氏が有名。幕臣川勝氏も河勝の子孫を称した。猿楽などに従事した芸能の民にも河勝の裔を名乗る者は多く、代表的なものとしては金春流が挙げられる。彼らの伝承では河勝は猿楽の祖でもある。能楽の観阿弥、世阿弥親子も河勝の子孫を称した。また、現在楽家として知られる東儀家は河勝の子孫であるという。秦河勝 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良教育大学

    奈良教育大学から見た芸能界芸能

    書道を嗜んでいた沢口靖子が過去に入学する予定であったが、1984年の第一回東宝シンデレラの優勝をきっかけに芸能界デビューを果たし、入学には至らなかった。奈良教育大学 フレッシュアイペディアより)

  • 河内音頭

    河内音頭から見た芸能芸能

    江戸期から北河内交野地区、中河内八尾周辺、また南河内でもそれぞれ歌われていた土着の音頭・民謡、庶民の芸能があり、盂蘭盆会、地蔵盆の時期に盆踊りも催されていたが、それらの伝統的な河内音頭と、今日一般的に知れ渡れるようになった、近代河内音頭とは大きく異なる。明治期から大正末期頃まで近畿地域で盛んに歌われ、踊られていたのは、滋賀の東近江(八日市)発祥の音頭である江州音頭や、伊勢の伊勢音頭であった。そして江州音頭は千日前界隈の寄席では落語や音曲と並んで人気の演目となっていた。大正時代には平野節の初音家太三郎が登場し、交野地区で伝承されてきた古典河内音頭の一派である歌亀節を大幅にアレンジし、現在に繋がる節回しやお囃子が誕生した。この太三郎の編み出した、新しい河内音頭も寄席の演目として人気を博すようになった。河内音頭 フレッシュアイペディアより)

  • ヘリョン

    趙恵蓮から見た芸能芸能

    日本以上の学歴社会である韓国の就学事情を反映し、また韓国文化においてはその伝統から大衆芸能に従事する者が一段低く見られがちなことを打ち消すために、韓国の芸能人のほとんどが大学進学してその学歴をアピールする傾向もあって、漢陽大学校情報大学院放送学科にまで進学している。趙恵蓮 フレッシュアイペディアより)

  • カズン (漫画)

    カズン (漫画)から見た芸能界芸能

    そんな中、物心つく前に会って以来一度も会っていなかった従姉妹のノニが芸能界デビューを果たしたことを知る。カズン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 福田亮太

    福田亮太から見た芸能界芸能

    子役として活躍。2003年4月、高校入学後、野球部に入部し芸能活動を継続していくことが困難となったことから芸能界を引退。大学では、映画制作部という部に所属。また、インターネットラジオ【らじろぐ】にてDJとして活躍。福田亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 松野大介

    松野大介から見た芸能界芸能

    高校中退後、バンド活動をするが挫折し、お笑いタレントを目指すため、お笑い集団のホンジャマカに参加。その後渡辺プロダクションのお笑いオーディションに合格し、中山秀征とともにお笑いコンビABブラザーズとして芸能界デビュー。フジテレビ系『ライオンのいただきます』・『夕やけニャンニャン』、ニッポン放送『ABブラザーズのオールナイトニッポン』などでタレント活動をする。1993年、渡辺プロから独立。1995年3月、『ジェラシー』にて文學界新人賞に応募、最終候補になる。選評会では山田詠美に絶賛された。同年、「野性時代」10月号に『コールタールみたいな海』が掲載され、小説家デビュー。純文学、ミステリー、恋愛エッセーと枠にとらわれない作家活動をする。また、コラムニストとしても活躍。2006年、官能小説家としてもデビュー。その際のペンネームはボンバーマツノ。松野大介 フレッシュアイペディアより)

  • 新伍Niタッチ!

    新伍Niタッチ!から見た芸能芸能

    レギュラー陣やゲストともに1週間に起きた出来事(主に芸能や社会問題や政治など)に対し言いたい放題言う番組。電話回線を使用した会員制アンケート「ジャッジ君」をはじめ、ゲストを交えてトークするなどいろいろなコーナーがあった。裏番組に日本テレビ系列ほかの『スーパーJOCKEY』や、現在もなお続いているABC・テレビ朝日系の『新婚さんいらっしゃい!』、『パネルクイズ アタック25』、それにフジテレビほかの『あっぱれさんま大先生』があったが、なんとかこの番組で日曜午後1時台の視聴率の長期低落に歯止めがかかった。番組セットには、キー局である毎日放送(JNN)系列局の社名のロゴが描かれていた。新伍Niタッチ! フレッシュアイペディアより)

  • 武田惠子

    武田惠子から見た芸能界芸能

    スカウトにより芸能界入りし、CM等で制服の似合う女の子として注目を浴び、1993年に「第4回全国女子高生制服コレクション」でグランプリを受賞する。武田惠子 フレッシュアイペディアより)

521件中 111 - 120件表示

「芸能関係者」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画