521件中 51 - 60件表示
  • 同朋衆

    同朋衆から見た芸能芸能

    同朋衆(どうぼうしゅう)とは室町時代以降将軍の近くで雑務や芸能にあたった人々のこと。一遍の起した時衆教団に、芸能に優れた者が集まったものが起源とされる。阿弥衆、御坊主衆とも呼ばれた。1866年(慶応2年)に廃止された。同朋衆 フレッシュアイペディアより)

  • SANKEI EXPRESS

    SANKEI EXPRESSから見た芸能芸能

    「Art Cafe」(9-24ページ) ここでは芸能・映画・演劇・テレビといったエンターテインメント記事を中心に掲載する。SANKEI EXPRESS フレッシュアイペディアより)

  • トーク:金子勝 (経済学者)

    トーク:金子勝 (経済学者)から見た芸能芸能

    また、経済だけではなく、政治・芸能など様々な分野についても発言しているが、これらも断定的口調の割には裏付けがなく、また門外漢であるためにしばしば論理的破綻や矛盾も見られる。CSの朝日ニュースター『ニュースにだまされるな!』では司会を務める。2006年11月14日のNHK「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演した際には、『松浦亜弥がアイドルの壁を乗り越えたら日本は救われる』とトンデモ発言を行った。トーク:金子勝 (経済学者) フレッシュアイペディアより)

  • 四六のガマ

    四六のガマから見た芸能芸能

    有名な筑波のガマの油売りのなかで、このガマの持つ特徴をあたかも筑波山に生息するガマだけのものかのように言ったもので、筑波山麓永井村の兵助というものが江戸に出て販売した処、その売り口上が人気を呼びそれを題材にしたガマ口上という舞台芸能が誕生した。やがて民俗娯楽芸能となって伝承。現在は民俗文化芸能として保存会も結成されている。落語の題材にもなっている。四六のガマ フレッシュアイペディアより)

  • くらもとまい

    くらもとまいから見た芸能界芸能

    当時21歳、この再起に「芸能界への道」を信じて頑張った彼女だったが、それがまったく報われないまま終わり、再び引退する。くらもとまい フレッシュアイペディアより)

  • 未来町内会

    未来町内会から見た芸能芸能

    セキグチタロー登場以降はやたらと『北斗の拳』のパロディが目立つ。また、セキグチタローへ地味な職を勧める田尻の台詞などは、野中作品に全般的に見られる「芸能界やスポーツでの成功」を描いたサクセスストーリーに対する、極めて現実的かつ説得力のあるアンチテーゼ(または茶々を入れるギャグ)ともいえる。未来町内会 フレッシュアイペディアより)

  • 延広真治

    延広真治から見た芸能芸能

    落語史研究および近世から近代初期の戯作、芸能の研究で知られる。日本古典文学会賞(1975年)、『落語はいかにして形成されたか』でサントリー学芸賞(1987年)を受賞。延広真治 フレッシュアイペディアより)

  • 地元発信! 東京ジモティ

    地元発信! 東京ジモティから見た芸能芸能

    番組内容もいわゆるワイドショー的なニュース・芸能は一切排除され、ゲストコーナーや中継コーナーといったバラエティー要素の強い番組となっていた。地元発信! 東京ジモティ フレッシュアイペディアより)

  • 面白スタジアム

    面白スタジアムから見た芸能芸能

    前番組『こちら夢スタジアム』から引き続き、江川卓が出演。江川は、バラエティ番組の司会をこの番組にて初経験する(前番組ではコメンテーター)。毎回、豪華ゲストを迎え、ゲストの知られざる一面をあばき、ツッコミを入れるなどした。また、番宣では江川とコロッケとの顔芸パフォーマンスを披露した。前番組はスポーツを専門としたトーク番組だったのに対し、この番組ではガラリと路線変更。そのためか芸能色が濃い編成となっていた。面白スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 芸術劇場

    芸術劇場から見た芸能芸能

    同番組は日本を代表する演劇、古典芸能、クラシックなどの音楽などにスポットを当て、その模様を劇場でのライブ収録で紹介していくというものである。また前半にはこれらに関する最新の公演情報なども伝えられる。芸術劇場 フレッシュアイペディアより)

521件中 51 - 60件表示

「芸能関係者」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画