521件中 71 - 80件表示
  • 小橋亜樹

    小橋亜樹から見た芸能芸能

    その後、ラジオパーソナリティに転身し、『がけっぷちまで一心不乱 熱血!いけぞえ商店』(HBCラジオ)のアシスタントを皮切りに、北海道でHBCを中心にテレビ・ラジオに出演。2001年、北海道の芸能タレント事務所CREATIVE OFFICE CUEに入社。以降、北海道になくてはならないローカルタレントとして活躍している。小橋亜樹 フレッシュアイペディアより)

  • 椎名 法子

    椎名法子から見た芸能芸能

    1997年、'97JUNONスウィート&スウィートコンテストでグランプリ受賞をきっかけに、芸能界入り。椎名法子 フレッシュアイペディアより)

  • タブロイド

    タブロイドから見た芸能芸能

    20世紀には、娯楽、ゴシップ、スポーツ、芸能に力をいれた大衆紙がタブロイド・サイズを採用することが多かったことから、英国においては「タブロイド」はイコール大衆紙の代名詞にもなった。換言すれば、英国では「タブロイド」といえば「ゴシップ報道ばかりで信頼性には疑問のある新聞」という連想があり、一つの例として、英国の代表的なタブロイド紙「ザ・サン」が、「日本で何千人もの人々が、プードルと偽って毛を刈りこんだヒツジを買わされていた」、と報じたことがある(2007年4月26日)。タブロイド フレッシュアイペディアより)

  • 暴言

    暴言から見た芸能芸能

    暴言は、人間同士の感情的ないさかいなどに端を発する表現ではあるが、いわゆる毒舌のように芸ないし芸能の域にまで高めたものも存在する。これは所定の対象を揶揄することで笑いを取るものだが、この場合は感情的になって前後不覚のまま「言うべきではない発言をしてしまう」ような失言ではないし、また直接的に他者を傷付けようというのではないため、そのテーマや口にする場所・状況も選ばれる傾向がある。例えば「名古屋のオバちゃんと猫の子は赤信号でも止まんないで飛び出してくる」を交通事故で家族を失った遺族のいる葬式の場で口にすれば不謹慎極まりない暴言だが、同じ語句を交通マナー(→名古屋走りなど)に関連して述べている状況でした場合には、ブラックユーモアを含んだ毒舌発言といえる。暴言 フレッシュアイペディアより)

  • 朗読

    朗読から見た芸能芸能

    英語圏では特に詩の朗読は、歌唱や楽器の演奏と同様、芸能として扱われていた感があり、単に声を出して読む、というよりも、そこにいかに感情をこめ、詩の韻律を浮かび上がらせるかに焦点が当てられた。朗読 フレッシュアイペディアより)

  • 同人サークル

    同人サークルから見た芸能芸能

    同人誌の内容は小説・詩・短歌・俳句・漫画・アニメ・ゲーム・芸能・評論・思想など多岐にわたる。さらに、創作についてはオリジナルと二次創作物に大きく分けられる。同人サークル フレッシュアイペディアより)

  • 言葉遊び

    言葉遊びから見た芸能芸能

    一般には主にこどもの遊びや駄洒落として認識されるが、有名なものにはマスメディアで発表・流布されたものがあったり、寿限無を代表とする落語などの芸能の演目に残る古典的なものもある。言葉遊び フレッシュアイペディアより)

  • 弾左衛門

    弾左衛門から見た芸能芸能

    弾左衛門は非人、芸能民、一部の職人、傾城屋などを支配するとされていた(「弾左衛門由緒書」偽書)。このうち職人などは早い時期に支配を脱した。1708年、京都の傀儡師小林新助が、弾左衛門が興行を妨害した件で江戸町奉行に訴えた。弾左衛門は敗訴したため、傀儡師・歌舞伎は弾左衛門の支配を脱したと受け取られた。1713年初演の歌舞伎十八番の一つ『助六』は、市川團十郎 (2代目)が弾左衛門の支配から脱した喜びから制作したもので、悪役の髭の意休は、1709年に死去した弾左衛門集誓をモデルにしたと言われている(特に初期の公演では、意休が被差別部落の人間であることがはっきり分かる描写があったという)。これに刺激を受け、非人頭の車善七が訴え出たが、弾左衛門が勝訴した(1722年)。非人は猿飼・乞胸と並び、幕末まで弾左衛門の支配下に置かれた。弾左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • TO-Y

    TO-Yから見た芸能界芸能

    無邪気な中学生ニヤや、実はトーイの従姉妹でもあるスーパーアイドル「森が丘園子」との共同生活をしながら、芸能界デビューするトーイ。しかし、本来の音楽性を否定され、スキャンダラスな話題性とルックスのみが注目され、マスコミの道化のように扱われていく。TO-Y フレッシュアイペディアより)

  • クイズ王

    クイズ王から見た芸能界芸能

    1990年代半ばにクイズ王関連の番組が次々と終了し、クイズ王のブームは沈静化したが、「クイズ王」という一つのブランドは(『料理の鉄人』の「鉄人」と同様)マニア以外の一般視聴者にも膾炙した。辰巳琢郎やラサール石井、麻木久仁子らが「芸能界のクイズ王」と呼ばれ始めたのもこの頃であろう。クイズ王 フレッシュアイペディアより)

521件中 71 - 80件表示

おすすめ画像

おすすめ動画