若尾文子 ニュース&Wiki etc.

若尾 文子(わかお あやこ、本名:黒川 文子、1933年11月8日 - )は、日本の女優。亡夫は建築家の黒川紀章。 (出典:Wikipedia)

「若尾文子」Q&A

  • Q&A

    若尾文子の若い頃って とてつもない美人だったと思いますか?

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月27日 16:45

  • Q&A

    好きな女優は誰ですか? 45歳以上部門・1次予選 以下の中から5人選んでください。…

    [続きを読む]

    回答数:12質問日時 - 2016年11月13日 17:19

  • Q&A

    若尾文子さんの作品に詳しい方 きれいごとではない、人間の本性を描き、かつその女優さん…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月27日 00:43

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「若尾文子」のつながり調べ

  • 菅原謙次

    菅原謙次から見た若尾文子

    1951年(昭和26年)大映より「絢爛たる殺人」で映画デビュー。現代劇を中心に二枚目スターとして多くの映画に主演。柔道3段の腕前が買われ、柔道家の役も多かった。若尾文子とのロマンスが話題となる。(菅原謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 座頭市と用心棒

    座頭市と用心棒から見た若尾文子

    勝新太郎のライフワーク「座頭市」シリーズの第20作目であり三船敏郎の代表作である「用心棒」との夢の対決を実現させた勝プロダクション製作の時代劇映画。ヒロインに大映の看板女優であった若尾文子を迎え、往年の剣戟スター嵐寛寿郎、新劇の滝沢修などの豪華ゲストも話題となったが一番の目玉はやはり座頭市・勝と用心棒・三船の対決であり、本作は「座頭市」シリーズ最大のヒットを記録した。ちなみに三船は当初軽いゲスト出演と思っていたらしく、台本の「座頭市と用心棒」のタイトルを見てたいそう驚いたそうである。(座頭市と用心棒 フレッシュアイペディアより)

「若尾文子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「若尾文子」のニューストピックワード