前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示
  • からっ風野郎

    からっ風野郎から見た若尾文子若尾文子

    当時、既に高名な作家となっていた三島が、ヤクザの跡取りながらどこか弱さや優しさを持ったしがない男を演じ、相手役の若尾文子は激しく愛に生きるヒロインを好演して不慣れな三島をカバーした。大映の専属俳優として正式契約し意気込んで華々しく映画デビューした三島だったが、その大根役者ぶりを酷評され、興行的にはヒット作となったものの俳優演技の難しさを痛感する経験となった。からっ風野郎 フレッシュアイペディアより)

  • 水曜劇場 (TBS)

    水曜劇場 (TBS)から見た若尾文子若尾文子

    主な出演者:若尾文子、藤岡琢也、市川翠扇、千石規子水曜劇場 (TBS) フレッシュアイペディアより)

  • 忠臣蔵 (1958年の映画)

    忠臣蔵 (1958年の映画)から見た若尾文子若尾文子

    『忠臣蔵』(ちゅうしんぐら)は、1958年の日本の時代劇映画。大映創立18年を記念して製作され、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒ら当時の大映の俳優が総出演したオールスターキャストの作品であった。監督は渡辺邦男。カラー、大映スコープ。忠臣蔵 (1958年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 黒川紀章

    黒川紀章から見た若尾文子若尾文子

    参院選2ヵ月後の10月12日午前8時42分に、多臓器不全のため東京女子医科大学病院で死去した。。夫人の若尾文子は、前日に同病院で受診した結果から検査入院したと語った。青山の梅窓院に埋葬され、戒名は至聖院範空功道居士である。黒川紀章 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た若尾文子若尾文子

    主演女優賞 若尾文子(『女は二度生まれる』『妻は告白する』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 吉浜人形

    吉浜人形から見た若尾文子若尾文子

    1974年 - 豊川支店開設 屋号を「吉浜人形」と改称、イメージタレントとして若尾文子と契約。吉浜人形 フレッシュアイペディアより)

  • 永すぎた春

    永すぎた春から見た若尾文子若尾文子

    1956年(昭和31年)、雑誌『婦人倶楽部』1月号から12月号に連載された。単行本は同年12月25日に大日本雄弁会講談社(現・講談社)より刊行され、15万部のベストセラーとなった。翌年1957年(昭和32年)5月28日には、若尾文子と川口浩主演で映画も封切られた。文庫版は1960年(昭和35年)12月10日に新潮文庫で刊行された。翻訳版は、中国(中題:永恒的春天)などで行われている。永すぎた春 フレッシュアイペディアより)

  • 春の雪 (映画)

    春の雪 (映画)から見た若尾文子若尾文子

    月修寺門跡を演じた若尾文子にとって18年ぶりの映画出演だった。若尾文子は三島と『からっ風野郎』(1960年封切)で共演したが、『春の雪』を企画した藤井浩明は、月修寺門跡の役は若尾しかないと決めていた。春の雪 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • TBS水曜10時枠の連続ドラマ

    TBS水曜10時枠の連続ドラマから見た若尾文子若尾文子

    旅立ちは愛か(11月?1980年2月)出演:若尾文子、田中健TBS水曜10時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のテレビ (日本)

    1971年のテレビ (日本)から見た若尾文子若尾文子

    七つちがい(出演:若尾文子、布施明、杉浦直樹 他)1971年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示

「若尾文子」のニューストピックワード