前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 水曜劇場

    水曜劇場から見た若尾文子若尾文子

    主な出演者:若尾文子、藤岡琢也、市川翠扇、千石規子水曜劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 稲本響

    稲本響から見た若尾文子若尾文子

    2007/03 『セレブの資格』演出:高瀬久男 音楽:稲本響出演:若尾文子、柴田理恵、愛華みれ 他稲本響 フレッシュアイペディアより)

  • 黒川紀章

    黒川紀章から見た若尾文子若尾文子

    参院選出馬のわずか2ヵ月後の同年10月12日午前8時42分、多臓器不全(本人の公式ページでは心不全)のため東京女子医科大学病院で死去。。夫人・若尾文子によれば、前日11日に同病院で診察を受けたところ、検査入院を勧められて入院したばかりだったという。墓は東京・青山の梅窓院、戒名は至聖院範空功道居士。黒川紀章 フレッシュアイペディアより)

  • 午後の恋人

    午後の恋人から見た若尾文子若尾文子

    アパレル商社の名門、佐伯商事の2代目で専務の佐伯信吉(高橋昌也)は、結婚して20年になる妻・明子(若尾文子)との間に子供がなかった。ところがある日、年若きファッションモデルで愛人の千枝子(樹れい子)から妊娠を告げられ、明子に子供のために離婚してくれと言い出す。それを受け入れ、独り身となった明子は、コーヒー専門店の経営に乗り出す。また、年下で長唄鼓方の若き跡取りの樋口浩之(市川海老蔵)と出会い、恋に落ちる。午後の恋人 フレッシュアイペディアより)

  • TBS水曜10時枠の連続ドラマ

    TBS水曜10時枠の連続ドラマから見た若尾文子若尾文子

    旅立ちは愛か(11月?1980年2月)出演:若尾文子、田中健TBS水曜10時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のテレビ (日本)

    1971年のテレビ (日本)から見た若尾文子若尾文子

    七つちがい(出演:若尾文子、布施明、杉浦直樹 他)1971年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 忠臣蔵 (1958年の映画)

    忠臣蔵 (1958年の映画)から見た若尾文子若尾文子

    筆頭の大石内蔵助に大映の大看板スター長谷川一夫、浅野内匠頭に若手の二枚目スター市川雷蔵のほか鶴田浩二、勝新太郎という豪華絢爛たる顔ぶれに加え女優陣にも京マチ子、山本富士子、木暮実千代、淡島千景、若尾文子といった当時のトップスターを起用した。吉良上野介には、1964年にNHK大河ドラマ『赤穂浪士』で再び長谷川一夫とタッグを組むことになる名優滝沢修を起用。忠臣蔵 (1958年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 武田信玄 (NHK大河ドラマ)

    武田信玄 (NHK大河ドラマ)から見た若尾文子若尾文子

    信玄の母・大井夫人(若尾文子)が、自分の息子が後世で誤解されていることが多いため、我が子の名誉のために真実を物語る、という体裁を全話一貫してとっている。そのため、本編のナレーションも大井夫人役の若尾が兼ねている。最終回および一部の回をのぞいて、各放送回とも大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」というセリフによって締めくくられ、この年の流行語大賞に選ばれた。その他、「我が子晴信といたしましては」というフレーズが特に多用された。武田信玄 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 吉浜人形

    吉浜人形から見た若尾文子若尾文子

    1974年 - 豊川支店開設 屋号を「吉浜人形」と改称、イメージタレントとして若尾文子と契約。吉浜人形 フレッシュアイペディアより)

  • 南田洋子

    南田洋子から見た若尾文子若尾文子

    東京市芝区三田に米穀商の娘として生まれる。母親は日本舞踊の師匠をしていた。終戦後、茨城県土浦市に移り、1951年(昭和26年)、茨城県土浦第一高等女学校(現:つくば国際大学高等学校)を卒業後、単身上京し、文化学院の文学科に入学。伯父の家に下宿して知人の紹介で水谷八重子に弟子入りする。文化学院卒業後、大映ニューフェイスとして入社。同期に若尾文子がいた。翌1952年(昭和27年)の『美女と盗賊』で映画デビュー。1953年、若尾文子と共演した『十代の性典』が大ヒットし、注目される。その後シリーズ化され、「性典スター」として人気を博する。南田洋子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「若尾文子」のニューストピックワード