131件中 91 - 100件表示
  • 細木数子

    細木数子から見た若尾文子若尾文子

    黒川紀章・若尾文子夫婦の結婚当初、「すぐ離婚する」と占ったが、黒川が亡くなるまで離婚することはなかった。細木数子 フレッシュアイペディアより)

  • 市田 ひろみ

    市田ひろみから見た若尾文子若尾文子

    大阪府大阪市大正区出身。堀川高校卒業(同窓会長)。高校時代は陸上部に所属し、円盤投げ・短距離・砲丸投げで何度かインターハイに出場した。1953年京都府立大学女子短期大学部国文科卒業後、ヤンマーディーゼルに入社し技術部長の秘書を務める。後にスカウトされ大映ニューフェイス(第十期生)となり、専属契約を結び、京マチ子、若尾文子、山本富士子や藤田佳子(後に悠木圭子の名で作詞家に転身)らと共演し、その容貌から和製ソフィア・ローレンと謳われる。市田ひろみ フレッシュアイペディアより)

  • 源氏鶏太

    源氏鶏太から見た若尾文子若尾文子

    『青空娘』東方社, 1957 (若尾文子主演で映画化、増村保造監督、大映)源氏鶏太 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た若尾文子若尾文子

    1950年代から1960年代前半にかけて長谷川一夫を筆頭に三大女優京マチ子、山本富士子、若尾文子そして市川雷蔵と、日本映画史に残る大スター達を擁し、さらに他社専属やフリーの高峰秀子、鶴田浩二、岸惠子らも出演し、溝口健二監督『近松物語』(1954年)、吉村公三郎監督『夜の河』(1956年)などの名作を多数送り出した。中でも市川雷蔵主演作が人気を呼び、森一生監督『薄桜記』(1959年)、伊藤大輔監督『弁天小僧』(1959年)などの時代劇の他、市川崑監督『炎上』などの文藝作もヒットした。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 増村保造

    増村保造から見た若尾文子若尾文子

    1947年、大映に助監督として入社。東京大学文学部哲学科に再入学。1952年、イタリア留学、フェデリコ・フェリーニやルキノ・ヴィスコンティらに学ぶ。帰国後、溝口健二や市川崑の助監督として参加。1957年、『くちづけ』で監督デビュー。監督第2作『青空娘』より若尾文子とタッグを組み、『妻は告白する』『清作の妻』『女の小箱・より 夫が見た』『赤い天使』『卍』『刺青』などの佳作にして重要な作品群を残す。また『兵隊やくざ』『陸軍中野学校』と、それぞれ勝新太郎、市川雷蔵の大ヒットシリーズの第1作を監督して大映絶頂期を支えた。増村保造 フレッシュアイペディアより)

  • 淀殿

    淀殿から見た若尾文子若尾文子

    武蔵 MUSASHI(2003年・NHK大河ドラマ、演:若尾文子淀殿 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た若尾文子若尾文子

    7月〜10月 - 若尾文子主演の連続ドラマ『おはよう』(TBS)にレギュラー出演。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 白戸家

    白戸家から見た若尾文子若尾文子

    演 - 若尾文子(現在)/草刈麻有(少女時代)白戸家 フレッシュアイペディアより)

  • 勝新太郎

    勝新太郎から見た若尾文子若尾文子

    23歳の時に大映京都撮影所と契約、1954年の『花の白虎隊』でデビュー。大映社長永田雅一は勝を可愛がり、白塗りの二枚目として市川雷蔵に次ぐ役者として熱心に主要な役を与え続けたが、思うように人気が出なかった。同年代の雷蔵・山本富士子・若尾文子が早々とスターとして活躍していくのとは対象的に、憧れの長谷川一夫そっくりのメイクも板につかず、主演作のあまりの不人気ぶりに映画館の館主達からは「いい加減に勝を主役にした映画を作るのはやめてくれ」との苦情が絶えず寄せられるほどだったが、1960年の『不知火検校』で野心的な悪僧を演じたことにより、それまでの評価を一新することとなる。勝新太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 芦川いづみ

    芦川いづみから見た若尾文子若尾文子

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔(新東宝専務)、池広利夫(大映営業渉外部長)や大川恵子(東映)、大空眞弓(新東宝)、小山明子(松竹)、司葉子(東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に日活代表女優としてドイツへ出発。芦川いづみ フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「若尾文子」のニューストピックワード