158件中 11 - 20件表示
  • 午後の恋人

    午後の恋人から見た若尾文子若尾文子

    アパレル商社の名門、佐伯商事の2代目で専務の佐伯信吉(高橋昌也)は、結婚して20年になる妻・明子(若尾文子)との間に子供がなかった。ところがある日、年若きファッションモデルで愛人の千枝子(樹れい子)から妊娠を告げられ、明子に子供のために離婚してくれと言い出す。それを受け入れ、独り身となった明子は、コーヒー専門店の経営に乗り出す。また、年下で長唄鼓方の若き跡取りの樋口浩之(市川海老蔵)と出会い、恋に落ちる。午後の恋人 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た若尾文子若尾文子

    主演女優賞 若尾文子『女は二度生まれる』『妻は告白する』『婚期』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 座頭市

    座頭市から見た若尾文子若尾文子

    勝の主演での劇場版最大のヒット作は1970年の『座頭市と用心棒』。それまで大スターの共演はなかった座頭市シリーズだが、この作品には三船敏郎と若尾文子が出演している。黒澤明の『用心棒』『椿三十郎』に出演した三船演じる用心棒と、勝の座頭市とが、敵味方に対峙して出演。当初、三船は友情出演程度のオファーであったと思っており、本当に対決するとは思わず、タイトルに「用心棒」と入っていた事に大変驚いたという。当時は「時代劇ビッグスター・頂上対決」として、大きな話題となった。三船を立てるためもあって、その盟友である岡本喜八を初の社外監督として招いての大作仕立てであったが、絵コンテを切って全構図とカッティングを自分が決めるスタイルの岡本は、大映の主ともいえる宮川一夫カメラマンの口出しを一切許さず、撮影はかなり険悪な雰囲気で行われたといわれる。時間に厳格な東宝撮影所で育った岡本と三船の二人だけが定時前に出勤し、なかなか出てこない大映スタッフに苛立つ場面も見られた。キャストにもいわゆる喜八ファミリーと呼ばれる岡本作品の常連俳優が数多く並んだが、その一人岸田森はこの後、勝とも親密な関係となった。座頭市 フレッシュアイペディアより)

  • 田宮二郎

    田宮二郎から見た若尾文子若尾文子

    端整なルックスと、身長180cmでスリムでありながら筋肉質であることに加え、甘い二枚目から冷酷なエリート、ユーモラスな拳銃使い、ヤクザ、欲望のためなら手段を選ばない悪役までもこなす演技力から犬シリーズ、黒シリーズなどにも主演、大映の看板俳優として活躍した。また若尾文子の相手役として名画を多く残した。1965年(昭和40年)に『黒の爆走』『黒の超特急』などで共演した藤由紀子と結婚。1966年(昭和41年)、『白い巨塔』(山本薩夫監督、山崎豊子原作、大映作品)で財前五郎役を演じたことで、その名声は決定的なものになり、「昭和のクールガイ」と呼ばれた。同じ大映に所属していたビッグスター市川雷蔵とは一度も共演していない。理由は社長・永田雅一の方針によるものと言われている。田宮二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 南田洋子

    南田洋子から見た若尾文子若尾文子

    東京市芝区三田に米穀商の娘として生まれる。母親は日本舞踊の師匠をしていた。終戦後、茨城県土浦市に移り、1949年(昭和24年)、茨城県土浦第一高等女学校(現:つくば国際大学高等学校)を卒業後、16歳で単身上京し、(1952年(昭和27年)文化学院卒業)。水谷八重子に弟子入りする。1951年(昭和26年)大映5期ニューフェイスとして入社。同期に若尾文子がいた。翌1952年(昭和27年)の『美女と盗賊』で映画デビュー。南田洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 武田信玄 (NHK大河ドラマ)

    武田信玄 (NHK大河ドラマ)から見た若尾文子若尾文子

    信玄の母・大井夫人(若尾文子)が、自分の息子が後世で誤解されていることが多いため、我が子の名誉のために真実を物語る、という体裁を全話一貫してとっている。そのため、本編のナレーションも大井夫人役の若尾が兼ねている。最終回および一部の回をのぞいて、各放送回とも大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」というセリフによって締めくくられ、この年の流行語大賞に選ばれた。本編で大井夫人が死んだ時には、半透明のカメラワークで魂となって我が子晴信を見守るという演出が行われ、ナレーションはそのまま次回以降も続行した。武田信玄 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 新演伎座

    新演伎座から見た若尾文子若尾文子

    長谷川は同年いっぱいまで新東宝映画製作所に所属したが、1948年(昭和23年)2月、自ら代表となって新演伎座を株式会社化し、「株式会社新演伎座」となる。資本金は300万円、清川峰輔が専務取締役に就任した。同年、マキノ正博(のちのマキノ雅弘)のCAC(映画芸術協同)と共同で、両社の設立第1作『幽霊暁に死す』を製作、東宝の配給で同年10月12日に公開された。同年、演技研究所を発足、若尾文子やのちの紙芝居師・梅田佳声が入所している。新演伎座 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た若尾文子若尾文子

    長谷川一夫、三益愛子、京マチ子、船越英二、根上淳、菅原謙二、市川雷蔵、山本富士子、若尾文子、川口浩、勝新太郎、田宮二郎、本郷功次郎、江波杏子、安田道代(現・大楠道代)スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 妻たちの鹿鳴館

    妻たちの鹿鳴館から見た若尾文子若尾文子

    伊藤梅子:若尾文子(2002年は急病により途中降板)→音無美紀子(2002年途中より代役)妻たちの鹿鳴館 フレッシュアイペディアより)

  • 続・社長忍法帖

    続・社長忍法帖から見た若尾文子若尾文子

    原作:水上勉/脚本:八住利雄/監督:豊田四郎/主演:若尾文子/東京映画作品。続・社長忍法帖 フレッシュアイペディアより)

158件中 11 - 20件表示

「若尾文子」のニューストピックワード