158件中 21 - 30件表示
  • 坂口三千代

    坂口三千代から見た若尾文子若尾文子

    1967年3月25日(44歳)にエッセイ『クラクラ日記』を文藝春秋から上梓、安吾との出逢いからその突然の死までの自らとの恋愛・結婚生活を描いた自伝的小説でもあった。同作は翌1968年1月31日から、東京放送により、当時の「水曜劇場」枠でテレビドラマ化される。全13話の同ドラマでは、三千代に相当する役を映画女優若尾文子が演じ、テレビ初出演作品ともなった。なお安吾に相当する小説家役は藤岡琢也だった。坂口三千代 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田トヨ

    柴田トヨから見た若尾文子若尾文子

    2011年(平成23年)9月、満100歳を迎えたことを記念して、第2詩集『百歳』が出版された。同年10月10日(午後6:10〜45)、NHK総合で『“不幸の津波に負けないで”〜100歳の詩人 柴田トヨ〜』(ナレーション:若尾文子)が放映。著者の綴った詩を心の支えに、東日本大震災を乗り越え強く生きようとしている被災者たちの姿を中心に描いた。柴田トヨ フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚染子

    飯塚染子から見た若尾文子若尾文子

    NHK大河ドラマ『元禄太平記』(1975年、演:若尾文子飯塚染子 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文治 (9代目)

    桂文治 (9代目)から見た若尾文子若尾文子

    「『悶え』っていう映画を観てると体が悶えてくる。あの映画に出てる若尾文子って女優がね。すけべったらしい目つきでね。ああいう映画、あたしゃ大好きなんすよ」(「現代の穴」)桂文治 (9代目) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビドラマ (日本)

    2011年のテレビドラマ (日本)から見た若尾文子若尾文子

    出演:井上真央、高良健吾、若尾文子、寺脇康文 他2011年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 雁 (小説)

    雁 (小説)から見た若尾文子若尾文子

    1966年版 - 監督:池広一夫、脚本:成沢昌茂、出演:若尾文子、山本学、姿美千子、小沢栄太郎、山岡久乃、水戸光子、井川比佐志雁 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 座頭市と用心棒

    座頭市と用心棒から見た若尾文子若尾文子

    勝新太郎のライフワーク「座頭市」シリーズの第20作目であり三船敏郎の代表作である「用心棒」との夢の対決を実現させた勝プロダクション製作の時代劇映画。ヒロインに大映の看板女優であった若尾文子を迎え、往年の剣戟スター嵐寛寿郎、新劇の滝沢修などの豪華ゲストも話題となったが一番の目玉はやはり座頭市・勝と用心棒・三船の対決であり、本作は「座頭市」シリーズ最大のヒットを記録した。ちなみに三船は当初軽いゲスト出演と思っていたらしく、台本の「座頭市と用心棒」のタイトルを見てたいそう驚いたそうである。勝プロが座頭市シリーズを本格的に制作をした最初の作品(勝プロ発足当初、「座頭市牢破り」を単発で制作している)で、以降の作品は全て勝プロ制作になる。本作はシリーズ最後の大映配給作品(以降はダイニチ映配、東宝、松竹と変遷する)である。座頭市と用心棒 フレッシュアイペディアより)

  • 宝石 (雑誌)

    宝石 (雑誌)から見た若尾文子若尾文子

    他に芸能関係者のエッセイとして、西条八十、辰巳柳太郎、高橋圭三、丹下キヨ子、若尾文子、木村義雄、大空真弓、轟夕起子、岡本喜八、三橋達也、大島渚らの寄稿があった。宝石 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 安西マリア

    安西マリアから見た若尾文子若尾文子

    金曜ドラマ 別れの午後(1973年10月 - 、TBS、若尾文子 主演)安西マリア フレッシュアイペディアより)

  • 若狭 (八板清定女)

    若狭 (八板清定女)から見た若尾文子若尾文子

    1968年製作の大映映画。八板金兵衛を東野英治郎、若狭を若尾文子が演じている。あらすじは以下の通り。若狭 (八板清定女) フレッシュアイペディアより)

158件中 21 - 30件表示

「若尾文子」のニューストピックワード