131件中 21 - 30件表示
  • KOBUDO -古武道-

    KOBUDO -古武道-から見た若尾文子若尾文子

    2008年6月18日 セカンドアルバム『風の都』リリース。 同月には収録曲の「風の都」がクラシエ いち髪のCMに採用。 7月より「風の都」コンサートツアー開始。11月には石井ふく子演出、若尾文子主演の「華々しき一族」の舞台音楽を担当。KOBUDO -古武道- フレッシュアイペディアより)

  • おはよう (テレビドラマ)

    おはよう (テレビドラマ)から見た若尾文子若尾文子

    『おはよう』はTBSのテレビドラマ枠『水曜劇場』で1972年(昭和47年)に放送された若尾文子主演のホームドラマ。おはよう (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 春本富士夫

    春本富士夫から見た若尾文子若尾文子

    処刑の部屋 1956年 監督市川崑、原作石原慎太郎、脚本和田夏十・長谷部慶治、主演川口浩、若尾文子春本富士夫 フレッシュアイペディアより)

  • クラクラ日記

    クラクラ日記から見た若尾文子若尾文子

    1968年1月31日 - 4月24日、TBS系列で、毎週水曜日21時30分 - 22時30分(当時の「水曜劇場」枠)に全13話が放送された。大映の映画女優若尾文子のテレビ初出演作品であった。第5回ギャラクシー賞第4回期間選奨(若尾の演技に対して)の対象作品となった。三千代に相当する役・八千代を若尾が演じ、安吾に相当する小説家の役を藤岡琢也が演じた。クラクラ日記 フレッシュアイペディアより)

  • 相良まみ

    相良まみから見た若尾文子若尾文子

    石井ふく子演出「妻たちの鹿鳴館」(若尾文子主演)相良まみ フレッシュアイペディアより)

  • 若狭 (八板清定女)

    若狭 (八板清定女)から見た若尾文子若尾文子

    1968年製作の大映映画。八板金兵衛を東野英治郎、若狭を若尾文子が演じている。あらすじは以下の通り。若狭 (八板清定女) フレッシュアイペディアより)

  • 土屋隆夫

    土屋隆夫から見た若尾文子若尾文子

    正当防衛(1995年10月3日、主演:若尾文子土屋隆夫 フレッシュアイペディアより)

  • 角梨枝子

    角梨枝子から見た若尾文子若尾文子

    1955年には大映に移籍し脇に回り60年代半ばまで活躍。1962年、吉村公三郎監督が広島の原爆禍を若尾文子主演で撮った『その夜は忘れない』は鬼気迫る好助演だった。その後、テレビドラマ『ザ・ガードマン』、『キイハンター』などに出演したが、次第に仕事から遠ざかり、女優業を引退していた。角梨枝子 フレッシュアイペディアより)

  • 須崎勝彌

    須崎勝彌から見た若尾文子若尾文子

    父が三菱鉱業に勤め京城支社にいる頃に生まれる。1941年、両親が相次いで亡くなったため郷里の鹿児島県串木野に帰る。1944年に東北大学法学部を卒業。なお、在学中に学徒出陣で出水海軍航空隊に少尉で任官。沖縄戦線に出撃するなどをして茨城県百里海軍航空隊で終戦を迎えた。1947年に新東宝企画部へ入社し、のちに演出部に移る。1952年の大映映画『明日は日曜日』(監督佐伯幸三、主演若尾文子)が脚本家デビュー作であった。1953年に大映東京撮影所と脚本契約。1955年に東宝撮影所と契約。1969年にフリーとなる。須崎勝彌 フレッシュアイペディアより)

  • 瘋癲老人日記

    瘋癲老人日記から見た若尾文子若尾文子

    1962年 『瘋癲老人日記』 製作:大映、木村恵吾脚本・監督、出演:山村聰、若尾文子、東山千栄子、川崎敬三瘋癲老人日記 フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示

「若尾文子」のニューストピックワード