158件中 31 - 40件表示
  • 七つちがい

    七つちがいから見た若尾文子若尾文子

    若尾文子と布施明が七歳違いの夫婦役で、若尾が姉さん女房を演じた。七つちがい フレッシュアイペディアより)

  • 悠木圭子

    悠木圭子から見た若尾文子若尾文子

    芸能界入りしたのは16歳だが、藤田佳子の芸名で女優として「10代の秘密」でデビュー。1954年に大映入り。出演作には「婦系図 湯島の白梅」、「霧の音」、「夜の蝶」、「細雪」、「大奥」などがある。京マチ子、若尾文子、山本富士子や市田ひろみ(悠木と同じく、のちに女優から服飾評論家へ転身)らと共演している。1960年代は東映で活躍。他にNHK、TBSなどの作品に数多く出演。悠木圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木久子

    佐々木久子から見た若尾文子若尾文子

    またおなじころ、前年1955年2月に小説家であり夫の坂口安吾を亡くし、1956年早々に東京・銀座で文壇バー「クラクラ」を開いたばかりの坂口三千代に、『クラクラ日記』の執筆を勧めたのも佐々木であった。『クラクラ日記』は1957年から11年間同誌で連載され、1967年に文藝春秋から単行本として出版、翌1968年には若尾文子主演でテレビドラマにもなった。佐々木久子 フレッシュアイペディアより)

  • 獣の戯れ

    獣の戯れから見た若尾文子若尾文子

    『獣の戯れ』(けもののたわむれ)は、三島由紀夫の長編小説。全5章から成る。3人の男女の間に生まれた奇妙な愛と、その共同生活と終局への決断が、西伊豆の村の豊かな自然や花を背景に高雅なタッチで描かれた物語。扇情的なタイトルとは裏腹に、静寂的な作品となっている。1961年(昭和36年)、週刊誌『週刊新潮』6月12日号から9月4日号に連載され(挿絵:東山魁夷)、同年9月30日に新潮社より単行本刊行された。文庫版は1966年(昭和41年)7月10日に新潮文庫より刊行された。翻訳版は、イタリア(伊題:Trastulli d’ animali)、中国(中題:獣之戯)などで行われている。1964年(昭和39年)5月23日に若尾文子の主演で映画化されている。獣の戯れ フレッシュアイペディアより)

  • クラクラ日記

    クラクラ日記から見た若尾文子若尾文子

    1968年1月31日 - 4月24日、TBS系列で、毎週水曜日21時30分 - 22時30分(当時の「水曜劇場」枠)に全13話が放送された。大映の映画女優若尾文子のテレビ初出演作品であった。第5回ギャラクシー賞第4回期間選奨(若尾の演技に対して)の対象作品となった。三千代に相当する役・八千代を若尾が演じ、安吾に相当する小説家の役を藤岡琢也が演じた。クラクラ日記 フレッシュアイペディアより)

  • おはよう (テレビドラマ)

    おはよう (テレビドラマ)から見た若尾文子若尾文子

    『おはよう』はTBSのテレビドラマ枠『水曜劇場』で1972年(昭和47年)に放送された若尾文子主演のホームドラマ。おはよう (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺美佐 (芸能事務所社長)

    渡辺美佐 (芸能事務所社長)から見た若尾文子若尾文子

    若尾文子 - 「女は抵抗する」(1960年、大映)で演じた女性プロモーター・矢代美枝のモデルは美佐である。渡辺美佐 (芸能事務所社長) フレッシュアイペディアより)

  • 菊池章子

    菊池章子から見た若尾文子若尾文子

    「春の舞妓」(1954年)台詞:若尾文子菊池章子 フレッシュアイペディアより)

  • 春本富士夫

    春本富士夫から見た若尾文子若尾文子

    処刑の部屋 1956年 監督市川崑、原作石原慎太郎、脚本和田夏十・長谷部慶治、主演川口浩、若尾文子春本富士夫 フレッシュアイペディアより)

  • 大楠道代

    大楠道代から見た若尾文子若尾文子

    入社第1作は若尾文子主演の『処女が見た』で、勝の実兄の城健三朗と共演した。これが成功してスター女優として歩みだす。城とは実生活で恋仲になったという。大楠道代 フレッシュアイペディアより)

158件中 31 - 40件表示

「若尾文子」のニューストピックワード