131件中 31 - 40件表示
  • 藤原 道山

    藤原道山から見た若尾文子若尾文子

       cast:若尾文子、西郷輝彦ほか藤原道山 フレッシュアイペディアより)

  • 芸術座

    芸術座から見た若尾文子若尾文子

    1970年(昭和45年)1?2月、5?6月 - 「雪国」公演。若尾文子、内藤洋子主演。芸術座 フレッシュアイペディアより)

  • 大川恵子

    大川恵子から見た若尾文子若尾文子

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、同3月1日、池広利夫(大映営業渉外部長)、山梨稔(新東宝専務)や芦川いづみ(日活)、大空眞弓(新東宝)、小山明子(松竹)、司葉子(東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に東映代表女優としてドイツへ出発。大川恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 田向正健

    田向正健から見た若尾文子若尾文子

    後の大河ドラマで度々使用される、「作中の登場人物がナレーションを兼任する」という方式を用いたのは、田向が最初に担当した大河ドラマ『武田信玄』が初めてである。これ以降田向は、担当する大河ドラマ3作すべてでこの方式を用いた。特に『武田信玄』の語りを担当した大井夫人(演:若尾文子)が各回の最後を締めくくる台詞「今宵はここまでに致しとうござりまする」は、その年の流行語大賞を獲得した。田向正健 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ&さんまの爆笑タッグマッチ

    タモリ&さんまの爆笑タッグマッチから見た若尾文子若尾文子

    旬の女優数人(工藤静香・沢口靖子・黒木瞳・篠ひろ子・佐久間良子・若尾文子 ほか)をスタジオへ招いて、司会のタモリ、明石家さんまとトークを展開するバラエティ番組・新春特別番組。タモリ&さんまの爆笑タッグマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤武郎

    伊藤武郎から見た若尾文子若尾文子

    『清作の妻』 : 監督増村保造、撮影秋野友宏、主演若尾文子・田村高廣、1965年 - 大映東京撮影所伊藤武郎 フレッシュアイペディアより)

  • 赤ひげ (1972年のテレビドラマ)

    赤ひげ (1972年のテレビドラマ)から見た若尾文子若尾文子

    お秋:若尾文子、中川房之助:山本亘、村次:地井武男赤ひげ (1972年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 橋本力 (野球)

    橋本力 (野球)から見た若尾文子若尾文子

    野球選手から映画俳優に転身した橋本だが、当時、山本富士子、京マチ子、若尾文子らの全盛期でもあり、「そんな人たちと一緒に映画に出るなんて考えられなかった」という。が、上田吉二郎に相談したところ、「あんたはその顔つきも性格も(俳優に)向いてるよ」とアドバイスを受け、「同じ大映だから社宅を引っ越さなくてもいい」ということもあって、俳優転身を決めたという。野球選手時代は月給10万円(年収120万円)だったが、大映で提示された給料は(年俸)30万円だった。最初、「給料は30万円だ」と会社から提示され、「月給30万円になったのか」と喜んだが、「年俸が30万円」と聞かされ、がっかりしたという。橋本力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 内藤洋子 (女優)

    内藤洋子 (女優)から見た若尾文子若尾文子

    雪国(1970年1?2月、5?6月)芸術座にて若尾文子との共演。内藤洋子 (女優) フレッシュアイペディアより)

  • 卍 (映画)

    卍 (映画)から見た若尾文子若尾文子

    1964年7月25日に増村保造監督、若尾文子と岸田今日子の主演で映画公開。卍 (映画) フレッシュアイペディアより)

131件中 31 - 40件表示

「若尾文子」のニューストピックワード