158件中 51 - 60件表示
  • その夜は忘れない

    その夜は忘れないから見た若尾文子若尾文子

    舞台は1962年の広島市。被爆から17年の歳月を経て、街は見事に復興を遂げた様に見える。被爆跡で目に付くものといえば、原爆ドームなど一部であり、戦後十七年の原爆記念特集号取材の為に広島へ出張した週刊雑誌編集記者・加宮恭介(田宮二郎)は少々肩透かしを食らう。そんな中、親友の菊田吾郎(川崎敬三)に誘われて訪れた店「あき」で早島秋子(若尾文子)に出会う。その夜は忘れない フレッシュアイペディアより)

  • 成沢昌茂

    成沢昌茂から見た若尾文子若尾文子

    1966 「雁」(森鴎外原作、池広一夫監督)若尾文子、山本學 大映成沢昌茂 フレッシュアイペディアより)

  • 千羽鶴 (小説)

    千羽鶴 (小説)から見た若尾文子若尾文子

    出演:平幹二朗(三谷菊治)、若尾文子(太田夫人)、梓英子(太田文子)、京マチ子(栗本ちか子)、南美川洋子(稲村ゆき子)、船越英二(菊治の父)、北林谷栄(とよ)、新宮信子(菊治の母)、三笠すみれ(ゆき子の友人)、武江義雄(菊治の同僚)、目黒幸子(中年の女)、花布洋(神田の事務員)、増田佳湖(下宿の女の子)、松村若代(下宿の母親)、原昌一(10歳の菊治)、永野裕紀子(文子の幼女時代)千羽鶴 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ダイニチ映配

    ダイニチ映配から見た若尾文子若尾文子

    石原慎太郎原作の『スパルタ教育 くたばれ親父』(日活)では、往年の日活のスター、石原裕次郎と、大映の看板女優・若尾文子が夢の共演を果たすシナジー効果も生み出している。因みに本作品の同時上映は、勝新太郎主演の『座頭市あばれ火祭り』(勝プロダクション)で、発足間もない1970年のお盆興行において、勝新・裕次郎という双方の社を支えたスターの顔合わせを、早くも実現させていたことになる。ダイニチ映配 フレッシュアイペディアより)

  • 祇園囃子 (1953年の映画)

    祇園囃子 (1953年の映画)から見た若尾文子若尾文子

    若尾文子:栄子(舞妓・美代栄)祇園囃子 (1953年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 内藤洋子 (女優)

    内藤洋子 (女優)から見た若尾文子若尾文子

    雪国(1970年1?2月、5?6月)芸術座にて若尾文子との共演。内藤洋子 (女優) フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋もへじ

    居酒屋もへじから見た若尾文子若尾文子

    木原しの - 若尾文子(2,4)居酒屋もへじ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田絃二郎

    吉田絃二郎から見た若尾文子若尾文子

    1965 清作の妻:増村保造監督、若尾文子主演  大映東京吉田絃二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊饒の海

    豊饒の海から見た若尾文子若尾文子

    主演:妻夫木聡(松枝清顕)、竹内結子(綾倉聡子)、高岡蒼甫(本多繁邦)、若尾文子(月修寺門跡)、ほか豊饒の海 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤武郎

    伊藤武郎から見た若尾文子若尾文子

    『清作の妻』 : 監督増村保造、撮影秋野友宏、主演若尾文子・田村高廣、1965年 - 大映東京撮影所伊藤武郎 フレッシュアイペディアより)

158件中 51 - 60件表示

「若尾文子」のニューストピックワード