131件中 61 - 70件表示
  • 高松英郎

    高松英郎から見た若尾文子若尾文子

    1951年、大映に第5期ニューフェイスとして入社。同期には若尾文子や南田洋子らがいた。2年後、『怒れ三平』の若尾の恋人役で映画デビュー。初期には恋愛映画などの出演が多かったが、徐々に悪役で持ち味を発揮し始めた。1958年の『巨人と玩具』で猛烈サラリーマン役を演じて注目を浴びる。1962年の『黒の試走車』では一癖も二癖もある自動車会社の部長を、続く『しとやかな獣』では欲望丸出しの人間臭い役どころを演じ、演技派俳優として確固たる地位を築いた。高松英郎 フレッシュアイペディアより)

  • 春の雪 (映画)

    春の雪 (映画)から見た若尾文子若尾文子

    月修寺 門跡(げっしゅうじ もんぜき) - 若尾文子春の雪 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 寺西一浩

    寺西一浩から見た若尾文子若尾文子

    「雁」明治座(主演:若尾文子・山岡久乃)寺西一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 三田村 邦彦

    三田村邦彦から見た若尾文子若尾文子

    花のひと ふかがわ亭(明治座 若尾文子/共演 石井ふく子/演出)三田村邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 赤線地帯

    赤線地帯から見た若尾文子若尾文子

    分けても当時「母もの」で知られた三益愛子が、大年増の娼婦を演じた事は話題になった。他にも京マチ子、若尾文子、木暮実千代ら他の溝口作品にも出演したキャストの、他作品とは異なるバイタリティ溢れる狂騒的な演技も評価が高かった。スタッフにも、冒頭で独特のテーマを聴かせる音楽の黛敏郎、溝口が最も信頼していたキャメラの宮川一夫、同じく美術の水谷浩ら「溝口組」の名スタッフが結集している(ただし脚本は溝口の傑作を多く手掛けた依田義賢ではない)。この完成度の高さに時代性が手伝い、興行的にも成功を収めた。赤線地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 司 葉子

    司葉子から見た若尾文子若尾文子

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、同3月1日、池広利夫(大映営業渉外部長)、山梨稔(新東宝専務)や芦川いづみ(日活)、大川恵子(東映)、大空眞弓(新東宝)、小山明子(松竹)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に東宝代表女優としてドイツへ出発。司葉子 フレッシュアイペディアより)

  • おひさま (朝ドラ)

    おひさま (朝ドラ)から見た若尾文子若尾文子

    丸山陽子(まるやま ようこ) - 若尾文子(ナレーション(語り)も担当する。)おひさま (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

  • 座頭市と用心棒

    座頭市と用心棒から見た若尾文子若尾文子

    勝新太郎のライフワーク「座頭市」シリーズの第20作目であり三船敏郎の代表作である「用心棒」との夢の対決を実現させた勝プロダクション製作の時代劇映画。ヒロインに大映の看板女優であった若尾文子を迎え、往年の剣戟スター嵐寛寿郎、新劇の滝沢修などの豪華ゲストも話題となったが一番の目玉はやはり座頭市・勝と用心棒・三船の対決であり、本作は「座頭市」シリーズ最大のヒットを記録した。ちなみに三船は当初軽いゲスト出演と思っていたらしく、台本の「座頭市と用心棒」のタイトルを見てたいそう驚いたそうである。座頭市と用心棒 フレッシュアイペディアより)

  • その夜は忘れない

    その夜は忘れないから見た若尾文子若尾文子

    舞台は1962年の広島県広島市。被爆から17年の歳月を経て、街は見事に復興を遂げた様に見える。被爆跡で目に付くものといえば、原爆ドームなど一部であり、戦後十七年の原爆記念特集号取材の為に広島へ出張した週刊雑誌編集記者・加宮恭介(田宮二郎)は少々肩透かしを食らう。そんな中、親友の菊田吾郎(川崎敬三)に誘われて訪れた店「あき」で早島秋子(若尾文子)に出会う。その夜は忘れない フレッシュアイペディアより)

  • 続・社長忍法帖

    続・社長忍法帖から見た若尾文子若尾文子

    原作:水上勉/脚本:八住利雄/監督:豊田四郎/主演:若尾文子/東京映画作品。続・社長忍法帖 フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「若尾文子」のニューストピックワード