158件中 71 - 80件表示
  • 市村吉五郎 (2代目)

    市村吉五郎 (2代目)から見た若尾文子若尾文子

    二代目吉五郎襲名狂言の『業平吾妻鑑』の在原業平役を見た劇作家の北条秀司がこれをいたく気に入り、六代目中村歌右衛門を主演に書き下ろした新作歌舞伎『建礼門院』(1969年)の平有盛役で登用。以来、北条作品の公家役に頻繁に呼ばれた。1985年には同作を改題した若尾文子主演版の『建礼門院』(日生劇場)で新大納言成親と大納言左局を演じている。市村吉五郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 源氏鶏太

    源氏鶏太から見た若尾文子若尾文子

    『青空娘』東方社、1957年 (若尾文子主演で映画化、増村保造監督、大映)源氏鶏太 フレッシュアイペディアより)

  • 赤線地帯

    赤線地帯から見た若尾文子若尾文子

    分けても当時「母もの」で知られた三益愛子が、大年増の娼婦を演じた事は話題になった。他にも京マチ子、若尾文子、木暮実千代ら他の溝口作品にも出演したキャストの、他作品とは異なるバイタリティ溢れる狂騒的な演技も評価が高かった。スタッフにも、冒頭で独特のテーマを聴かせる音楽の黛敏郎、溝口が最も信頼していたキャメラの宮川一夫、同じく美術の水谷浩ら「溝口組」の名スタッフが結集している(ただし脚本は溝口の傑作を多く手掛けた依田義賢ではない)。この完成度の高さに時代性が手伝い、興行的にも成功を収めた。赤線地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 溝口健二

    溝口健二から見た若尾文子若尾文子

    時には気に入らない演技をする役者に暴言を吐いたりもしている。菅井一郎は『わが恋は燃えぬ』の撮影中に、「君は脳梅毒です! 医者に診てもらいなさい!」と言い放たれ、スリッパで頭を殴られたという。水戸光子は『雨月物語』の際に「あんたは輪姦された経験がないんですか!」 と言われ、若尾文子には『祇園囃子』の際に、決して名前を呼ばず「おい、子供」、『赤線地帯』の際には「顔の造作が悪い」と罵倒。かつて入江ぷろだくしょんに雇われ、名匠と呼ばれるきっかけを作った恩人でもあった入江たか子も、『楊貴妃』で「化け猫ばかりやっているからそんな芸格のない芝居しか出来ないのだ」と満座の中で罵倒されている。ほか、『山椒大夫』の際に、子役に向かって「この子はどうしようもないバカだね!」と言い、すぐ近くにいた母親を落胆させている。『西鶴一代女』では助監督の内川清一郎と口論になり、彼を降板させている。そのとき内川に「女に斬られるようにならないと女は描けませんよ」と言い放ったという。溝口健二 フレッシュアイペディアより)

  • 川島雄三

    川島雄三から見た若尾文子若尾文子

    戦後はプログラムピクチャーを量産し、松竹で23本の映画を撮った。1954年、日活へ移籍。『洲崎パラダイス赤信号』『幕末太陽傳』などの傑作を残す。1957年、東宝系の東京映画へ移籍。かたわら大映でメガホンを取った『女は二度生まれる』『雁の寺』『しとやかな獣』の3作品で若尾文子と組み、作品を残す。川島雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 喜劇新思想大系

    喜劇新思想大系から見た若尾文子若尾文子

    春助が最初に住んでいたアパートの隣に越してきた美しい未亡人。文子という名前の娘がいた。…が、いつの間にか、娘がいる設定は無かったことになってしまった(未亡人という設定は生きているようだが、不明)。中盤から割烹おますを経営。めぐみという名前の妹がいる。元ネタは若尾文子と岩下志麻であろう。喜劇新思想大系 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回NHK紅白歌合戦

    第38回NHK紅白歌合戦から見た若尾文子若尾文子

    若尾文子(女優。翌年の大河ドラマ『武田信玄』の主人公の母・大井夫人役)第38回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 川口浩 (俳優)

    川口浩 (俳優)から見た若尾文子若尾文子

    東京府(現・東京都)生まれ。慶應義塾高等学校中退後、俳優座演劇研究所に入学。1956年(昭和31年)、映画『裁かれる十代』でデビューした。同年、初の主演作『処刑の部屋』で注目を集める。以降、大映現代劇の若手二枚目トップスターとして多くの映画に主演し、京マチ子、若尾文子、山本富士子、岸恵子らと共演。映画代表作に増村保造監督の『巨人と玩具』『妻は告白する』、小津安二郎監督の『浮草』、市川崑監督の『おとうと』などがある。川口浩 (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • 寺西一浩

    寺西一浩から見た若尾文子若尾文子

    「雁」明治座(主演:若尾文子・山岡久乃)寺西一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 芦川いづみ

    芦川いづみから見た若尾文子若尾文子

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔(新東宝専務)、池広利夫(大映営業渉外部長)や大川恵子(東映)、大空眞弓(新東宝)、小山明子(松竹)、司葉子(東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に日活代表女優としてドイツへ出発。芦川いづみ フレッシュアイペディアより)

158件中 71 - 80件表示

「若尾文子」のニューストピックワード