131件中 71 - 80件表示
  • 1974年のテレビ (日本)

    1974年のテレビ (日本)から見た若尾文子若尾文子

    女の気持(主演:若尾文子。『土曜劇場』繰下げに伴い、これとは別に設置)1974年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 平岩弓枝ドラマシリーズ

    平岩弓枝ドラマシリーズから見た若尾文子若尾文子

    花の影(1982年4月14日 - 6月2日) - 古手川祐子、夏目雅子、山本陽子、若尾文子、新珠三千代、高峰三枝子、杉村春子、京塚昌子のリレー主演平岩弓枝ドラマシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 坂口三千代

    坂口三千代から見た若尾文子若尾文子

    1967年3月25日(44歳)にエッセイ『クラクラ日記』を文藝春秋から上梓、安吾との出逢いからその突然の死までの自らとの恋愛・結婚生活を描いた自伝的小説でもあった。同作は翌1968年1月31日から、東京放送により、当時の「水曜劇場」枠でテレビドラマ化される。全13話の同ドラマでは、三千代に相当する役を映画女優若尾文子が演じ、テレビ初出演作品ともなった。なお安吾に相当する小説家役は藤岡琢也だった。坂口三千代 フレッシュアイペディアより)

  • 成沢昌茂

    成沢昌茂から見た若尾文子若尾文子

    1966 「雁」(森鴎外原作、池広一夫監督)若尾文子、山本學 大映成沢昌茂 フレッシュアイペディアより)

  • 伊吹謙太朗

    伊吹謙太朗から見た若尾文子若尾文子

    若尾文子 / 妻たちの鹿鳴館(2002年11月、明治座)伊吹謙太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 江波 杏子

    江波杏子から見た若尾文子若尾文子

    1960年、『明日から大人だ』でデビュー。当初はデパート・ガールや令嬢役が多かったが長く助演が続いたものの、負傷した若尾文子に代わり主演した1966年の『女の賭場』が出演本数58本目にして初の主役となる。この映画での女賭博師ぶりで脚光を浴び、以降『女賭博師』シリーズの「昇り竜のお銀」として大映の看板スターとなる。、1971年の『新女賭博師・壺ぐれ肌』まで17本が制作される。江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回NHK紅白歌合戦

    第38回NHK紅白歌合戦から見た若尾文子若尾文子

    若尾文子(女優。翌年の大河ドラマ『武田信玄』の主人公の母・大井夫人役)第38回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のテレビ (日本)

    1975年のテレビ (日本)から見た若尾文子若尾文子

    あなただけ今晩は(出演:若尾文子、藤田まこと、岸田今日子、仁科明子 他)1975年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 小山明子

    小山明子から見た若尾文子若尾文子

    1959年(昭和34年)3月2日から3月6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔(新東宝専務)、池広利夫(大映営業渉外部長)や芦川いづみ(日活)、大川恵子(東映)、大空眞弓(新東宝)、司葉子(東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に松竹代表女優としてドイツへ出発。1日、ベルリン着。ベルリンでの宿泊先はヒルトン・ベルリン。3日、記者会見。4日、CCCスタジオ(CCC studio)訪問。小山明子 フレッシュアイペディアより)

  • 川島雄三

    川島雄三から見た若尾文子若尾文子

    戦後はプログラムピクチャーを量産する。1954年、日活へ移籍。『洲崎パラダイス赤信号』『幕末太陽傳』などの傑作を残す。1957年、東宝系の東京映画へ移籍。かたわら大映でメガホンを取った『女は二度生まれる』『雁の寺』『しとやかな獣』の3作品で若尾文子と組み、作品を残す。川島雄三 フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「若尾文子」のニューストピックワード