131件中 81 - 90件表示
  • 月曜ドラマスペシャル

    月曜ドラマスペシャルから見た若尾文子若尾文子

    松本清張作家活動40年記念・迷走地図(1992年、原作:松本清張、主演:若尾文子) 月曜ドラマスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 池部良

    池部良から見た若尾文子若尾文子

    第1217回「時雨の記」(1980年) - 若尾文子主演池部良 フレッシュアイペディアより)

  • 杉村春子

    杉村春子から見た若尾文子若尾文子

    成瀬巳喜男監督『流れる』で共演した山田五十鈴は、「あの映画の杉村さんの芝居は、ぜんぶ杉村さんがお考えになったもの。そういうことが許されるようになった時代です。それこそ役者の力量が問われる時代になってきたんです」と述べている。若尾文子は「杉村春子さんは特別な存在」と話し、杉村の代表作『華々しき一族』を熱望し2008年に演じた。杉村春子 フレッシュアイペディアより)

  • 大空 眞弓

    大空眞弓から見た若尾文子若尾文子

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔(新東宝専務)、池広利夫(大映営業渉外部長)や芦川いづみ(日活)、大川恵子(東映)、小山明子(松竹)、司葉子(東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に新東宝代表女優としてドイツへ出発。大空眞弓 フレッシュアイペディアより)

  • 大楠道代

    大楠道代から見た若尾文子若尾文子

    入社第1作は若尾文子主演の『処女が見た』で、勝の実兄の城健三朗(若山富三郎)と共演した。これが成功してスター女優として歩みだす。城とは実生活で恋仲になったという。大楠道代 フレッシュアイペディアより)

  • 卍 (小説)

    卍 (小説)から見た若尾文子若尾文子

    『卍』(1964年・大映) 監督:増村保造、脚本:新藤兼人、出演:若尾文子、岸田今日子、川津祐介、船越英二ほか卍 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 雁 (小説)

    雁 (小説)から見た若尾文子若尾文子

    1966年版 - 監督:池広一夫、脚本:成沢昌茂、出演:若尾文子、山本学、姿美千子、小沢栄太郎、山岡久乃、水戸光子、井川比佐志雁 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 村田晃嗣

    村田晃嗣から見た若尾文子若尾文子

    趣味は映画鑑賞で、映画にテーマを絞ったブログ「Koji Murataの映画メモ」を公開している1。古い日本映画に造詣が深く、携帯電話の待ちうけ画面は若尾文子とのこと。以前は鶴田浩二だった。村田晃嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 鰐淵 晴子

    鰐淵晴子から見た若尾文子若尾文子

    1952年に「母子鶴」で映子(配役:若尾文子)の少女時代を演じ映画初出演、1955年、『ノンちゃん雲に乗る』主演で本格的に女優活動開始。以降、映画『乙女の祈り』『あんみつ姫の武者修行』などに主演。1960年代前半は松竹を代表する映画スターの一人だった。鰐淵晴子 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田トヨ

    柴田トヨから見た若尾文子若尾文子

    2011年(平成23年)9月、満100歳を迎えたことを記念して、第2詩集『百歳』が出版された。同年10月10日(午後6:10〜45)、NHK総合で「“不幸の津波に負けないで”?100歳の詩人 柴田トヨ?」(ナレーション:若尾文子)が放映。著者の綴った詩を心の支えに、東日本大震災を乗り越え強く生きようとしている被災者たちの姿を中心に描いた。柴田トヨ フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「若尾文子」のニューストピックワード