114件中 31 - 40件表示
  • 若尾文子

    若尾文子から見た前田忠明

    芸能リポーター・前田忠明との単独インタビューで、前田がインタビュー中必要以上に年齢(インタビュー当時、若尾は50歳)を強調した質問(「50歳を迎え…」「50にしてなお…」など)を幾度もしたことに怒り、インタビュー途中で退席したことがある。若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た木下惠介

    現地で上映された日本映画は『無法松の一生』(第19回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作品)、『楢山節考』(木下惠介監督版)、『白蛇伝』(アニメーション映画)など。若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た溝口健二

    1952年、急病で倒れた久我美子の代役として、小石栄一監督の『死の町を脱れて』で銀幕デビュー。翌1953年に映画『十代の性典』がヒットし、マスコミから性典女優と酷評されるも知名度は急上昇した。それ以降も出演作を重ね人気女優としての地位を築く。同年の映画『祇園囃子』(1953年)では溝口健二監督に起用され、女優としての実力を発揮し、性典女優の蔑称(汚名)を返上し、熱演が高く評価された。以降、日本映画を代表する正統派美人女優の一人となり、京マチ子、山本富士子と並ぶ大映の看板女優と謳われ、160本以上の映画に主演した。和服姿の艶やかな美貌から、未だに海外での人気が高い。若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た川本三郎

    「君美わしく 戦後日本映画女優讃」(川本三郎。文藝春秋。川本による若尾を含む女優達のインタビュー集、文春文庫で再刊)若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た四方田犬彦

    「映画女優 若尾文子」(四方田犬彦、斉藤綾子共編著。みすず書房。2003年、新版2010年。ISBN 4622070162)若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た大川恵子

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、同3月1日、池広利夫(大映営業渉外部長)、山梨稔(新東宝専務)や芦川いづみ(日活)、大川恵子(東映)、大空眞弓(新東宝)、小山明子(松竹)、司葉子(東宝)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に大映代表女優としてドイツへ出発。若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た淀殿

    武蔵 MUSASHI(2003年、NHK大河ドラマ) - 淀殿若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た小石栄一

    1952年、急病で倒れた久我美子の代役として、小石栄一監督の『死の町を脱れて』で銀幕デビュー。翌1953年に映画『十代の性典』がヒットし、マスコミから性典女優と酷評されるも知名度は急上昇した。それ以降も出演作を重ね人気女優としての地位を築く。同年の映画『祇園囃子』(1953年)では溝口健二監督に起用され、女優としての実力を発揮し、性典女優の蔑称(汚名)を返上し、熱演が高く評価された。以降、日本映画を代表する正統派美人女優の一人となり、京マチ子、山本富士子と並ぶ大映の看板女優と謳われ、160本以上の映画に主演した。和服姿の艶やかな美貌から、未だに海外での人気が高い。若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見た日曜劇場

    東芝日曜劇場「どっきり花嫁」(1968年 - 1969年、TBS)若尾文子 フレッシュアイペディアより)

  • 若尾文子

    若尾文子から見たベルリン

    1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、同3月1日、池広利夫(大映営業渉外部長)、山梨稔(新東宝専務)や芦川いづみ(日活)、大川恵子(東映)、大空眞弓(新東宝)、小山明子(松竹)、司葉子(東宝)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に大映代表女優としてドイツへ出発。若尾文子 フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示

「若尾文子」のニューストピックワード