195件中 21 - 30件表示
  • 若林正恭

    若林正恭から見たオードリー (お笑いコンビ)

    若林 正恭(わかばやし まさやす、1978年9月20日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者、俳優。東京都中央区出身。お笑いコンビオードリーのツッコミ担当。相方は春日俊彰。ケイダッシュステージ所属。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見た渡辺正行

    2007年初頭、『ラ・ママ新人コント大会』のネタ見せで渡辺正行からは「頑張ればM-1の準決勝に行けるレベルだよ」とネタを褒められ、それから毎月ネタ見せに呼んで貰えるようになった。もしここで認められなかったら芸人を辞めていたという。また、若林はその際、帰りの原付を運転しながら泣き、ヘルメットの内側が曇ったという。『行列のできる法律相談所』では、恩人の渡辺が登場し、改めて当時のエピソードを披露した。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見たDA PUMP

    音楽では、チャットモンチーやアナログフィッシュ、エレファントカシマシ、中島みゆき、ZAZEN BOYSなどの大ファンである。また、グランジ・オルタナティヴ・ムーヴメントの頃には、カート・コバーンの影響を受け、ボロボロのネルシャツにダメージデニム、そしてVANSのスニーカーと眼鏡でキメることがお気に入りだった。90年代日本語ラップのファンでもあり、ラッパーの経験を持つゴンゴールの氏原真一の協力を得て、ラジオで手慣れたラップを披露したこともある。その一方で歌えば特に音痴である。『お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル』にてその歌唱力を披露した際は観客や他の芸人たちの失笑を買った。第3回にてDA PUMPの『ごきげんだぜっ! 〜Nothing But Something〜』を披露した際には、あまりにも音程の抑揚が無かったため「ふきげんだぜっ!」と称された。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見たZAZEN BOYS

    音楽では、チャットモンチーやアナログフィッシュ、エレファントカシマシ、中島みゆき、ZAZEN BOYSなどの大ファンである。また、グランジ・オルタナティヴ・ムーヴメントの頃には、カート・コバーンの影響を受け、ボロボロのネルシャツにダメージデニム、そしてVANSのスニーカーと眼鏡でキメることがお気に入りだった。90年代日本語ラップのファンでもあり、ラッパーの経験を持つゴンゴールの氏原真一の協力を得て、ラジオで手慣れたラップを披露したこともある。その一方で歌えば特に音痴である。『お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル』にてその歌唱力を披露した際は観客や他の芸人たちの失笑を買った。第3回にてDA PUMPの『ごきげんだぜっ! 〜Nothing But Something〜』を披露した際には、あまりにも音程の抑揚が無かったため「ふきげんだぜっ!」と称された。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見た岡村隆史

    メンバーの岡村隆史が諸事情で休んでいたため、前者は『矢部浩之のオールナイトニッポン』として放送された。また後者は「ナインティナインのオールナイトニッポン「ツッコミ祭!」と題し、TKO・木本武宏と共に3人でトークを繰り広げた。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見た小柳ルミ子

    瀬戸の花嫁(小柳ルミ子の歌のカバー)若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見た山里亮太

    たりないふたりで山里亮太からプロレス団体DDTの興行に誘われ見に行って以来、35歳になってプロレスにハマりだした。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見たウッチャンナンチャン

    デビュー前から憧れていた芸人として、ザ・ドリフターズ、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンを挙げている。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見た郷ひろみ

    新宿区にあるショーパブ「そっくり館キサラ」を自らのホームと位置づけるほど、重要視している。最近では、地上波の番組出演が増えて来ているため、出番が少なくなりつつあるが、鍛錬のために月5日は出たいと思っている。ものまねのレパートリーは藤岡弘、や窪塚洋介、立川談志、長州小力、矢沢永吉、郷ひろみ、IKKOなど。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 若林正恭

    若林正恭から見た岡本太郎

    岡本太郎に深く傾倒しており、オードリーの今のスタイルである春日の胸を張ったポーズは大阪万博の太陽の塔がモデルである。また「迷い吹き飛ばすパワー」と題して、売れるまで新幹線代すら稼げず、会いたくても会えなかった、売れない頃からの「恩人」と崇めている、岡本太郎の作品・太陽の塔を、大阪での仕事の際、宿泊先を抜け出して初めて見に行ったエピソードを紹介したコラムが、『読売新聞』にて掲載された。ここにおいて若林は「オードリーの95%は太郎さん」とコメントしている。そして「若林はいまも太郎の本を開く。『気を抜くと、臆病者の自分に戻ってしまう。だから太郎さんが必要なんです』」という本人の言葉を引用し、記事は締めくくられている。若林正恭 フレッシュアイペディアより)

195件中 21 - 30件表示

「若林正恭」のニューストピックワード