前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • 宇宙食

    宇宙食から見た若田光一若田光一

    JAXAに所属する宇宙飛行士の若田光一によれば、2014年2月現在、自身が初めて宇宙に行った1996年と比べると、宇宙食の種類はかなり増え、味も工夫されたものが多くなったとのこと。宇宙食 フレッシュアイペディアより)

  • STS-127

    STS-127から見た若田光一若田光一

    エンデバーの乗組員7人がISSに乗り移った時点で、若田光一飛行士ら長期滞在員と合わせてISSとしては過去最多の13人がステーションに滞在することになった。STS-127 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙に行った動物

    宇宙に行った動物から見た若田光一若田光一

    1995年3月18日、日本は宇宙実験・観測フリーフライヤ(SFU)によって初めて動物(イモリ)を宇宙に送った。SFUは若田光一がシャトル・リモート・マニピュレータ・システムを操縦して回収された(STS-72)。宇宙に行った動物 フレッシュアイペディアより)

  • STS-119

    STS-119から見た若田光一若田光一

    また若田光一がJAXA宇宙飛行士としては初めてのISS長期滞在ミッションを開始し、STS-127(2J/A)で帰還するまで約4ヶ月間の滞在を行った。STS-119 フレッシュアイペディアより)

  • 泰日協会学校

    泰日協会学校から見た若田光一若田光一

    2010年 - 宇宙飛行士若田光一来校。デモにより5月17日から21日まで臨時休校。そのため、土曜登校に1?4年の児童も入った。泰日協会学校 フレッシュアイペディアより)

  • 野口聡一

    野口聡一から見た若田光一若田光一

    2007年2月、ISS第18次長期滞在クルー若田光一宇宙飛行士のバックアップクルーに任命される。野口聡一 フレッシュアイペディアより)

  • センサ付き検査用延長ブーム

    センサ付き検査用延長ブームから見た若田光一若田光一

    開発にはロボットアーム操作の第一人者であるJAXA宇宙飛行士の若田光一も関わっており、2009年3月のSTS-119では自ら操作を行った。センサ付き検査用延長ブーム フレッシュアイペディアより)

  • ひむか (小惑星)

    ひむか (小惑星)から見た若田光一若田光一

    小惑星名は現在の宮崎県にあたる地域の古称、日向(ひむか、ひゅうが)に由来する。2004年9月に宮崎市で開催された「宇宙の日」ふれあいフェスティバル2004において、事前に公募された名前候補の中から選出され(参加者の子供たちの拍手によって決定されることになっていたが、「ひむか」ともう一つの候補「へいわ」がほぼ同数の支持を集めたため、司会を務めていた若田光一の判断で「ひむか」となった)、小惑星センターによって正式に承認されて翌年1月25日の小惑星回報で公表された。ひむか (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙実験・観測フリーフライヤ

    宇宙実験・観測フリーフライヤから見た若田光一若田光一

    回収は1996年1月13日にスペースシャトル・エンデバーによるミッションSTS-72で行われた。フレキシブル太陽電池パドルの折り畳みが不完全であるという不具合が衛星側に発生したため、太陽電池パドルはコマンドで分離して軌道上に投棄された。衛星本体は若田光一の操縦するシャトル・リモート・マニピュレータ・システム(SRMS)により回収され、1月20日に地球に帰還した。宇宙実験・観測フリーフライヤ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探検家協会

    宇宙探検家協会から見た若田光一若田光一

    2014年現在、日本の宇宙飛行士では秋山豊寛、土井隆雄、毛利衛、向井千秋、若田光一、野口聡一、星出彰彦、山崎直子が参加している。宇宙探検家協会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「若田光一」のニューストピックワード