65件中 21 - 30件表示
  • オリンパス E-3

    オリンパス E-3から見た若田光一若田光一

    これは国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の有償利用によるもので、宇宙飛行士の若田光一がスペースシャトル・ディスカバリーのSTS-119ミッションにてE-3を「きぼう」へ持参、2009年4月5日に撮影を実施している。この際に「きぼう」棟内におけるE-3と若田光一の映像も撮影されており、日本人宇宙飛行士による「きぼう」有償利用の初事例とされている。オリンパス E-3 フレッシュアイペディアより)

  • 第20次長期滞在

    第20次長期滞在から見た若田光一若田光一

    若田光一は、匂いのつかない下着の実験をするため、1ヶ月間下着を洗わずに同じものをはき続けた。。第20次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • 第39次長期滞在

    第39次長期滞在から見た若田光一若田光一

    ISSで初めて日本人宇宙飛行士でベテランの若田光一が船長として指揮を行った。NASAおよびRSA出身の乗組員以外がISSの船長となるのは2009年の第21次長期滞在と2013年の第35次長期滞在以来であった。第39次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • 第44次長期滞在

    第44次長期滞在から見た若田光一若田光一

    日本のこうのとり5号機は、ISSによる捕獲を油井亀美也が、こうのとりの管制をJAXAの筑波宇宙センターが、NASAのヒューストンでの交信チーム代表に若田光一が加わり、日本チームでの捕獲となった第44次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県旗

    鹿児島県旗から見た若田光一若田光一

    1994年(平成6年)3月16日に制定された。アルファベットの「K」を図案化し、青色で「風」と「波」を表し躍動する県の姿をイメージしている。東京都と同様に県旗とは別のシンボルマーク旗も作成されており、2009年に宇宙飛行士・若田光一がスペースシャトル・ディスカバリーに搭乗した際はこのシンボルマーク旗を持参している。鹿児島県旗 フレッシュアイペディアより)

  • JACK大宮

    JACK大宮から見た若田光一若田光一

    宇宙飛行士の若田光一が大宮市(現北区)出身であることから、若田が初めて参加したSTS-72ミッションに関係した物の小規模な常設展示を行っている。JACK大宮 フレッシュアイペディアより)

  • コバトン (小惑星)

    コバトン (小惑星)から見た若田光一若田光一

    小惑星名は、埼玉県の県民の鳥「シラコバト」をモチーフにして作られた県のマスコットキャラクターコバトンに由来する。2009年3月に打ち上げられたディスカバリー号 (STS-119) に、コバトンのぬいぐるみが埼玉出身の若田光一宇宙飛行士の公式飛行記念品として搭乗し、国際宇宙ステーション (ISS) に約2週間滞在した(若田はその後4ヶ月間、日本人初のISS長期滞在を行っている)。これを記念して、埼玉県の依頼により佐藤が小惑星センターに命名を申請し、同年10月4日に承認された。同年11月6日には埼玉県より佐藤に感謝状が贈呈された。コバトン (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋うらら

    高橋うららから見た若田光一若田光一

    『宇宙への夢、力いっぱい!』(若田光一と共著)(PHP、2014年)高橋うらら フレッシュアイペディアより)

  • GAKUMANplus

    GAKUMANplusから見た若田光一若田光一

    「宇宙飛行士 若田光一物語」(上川敦志、2011年7/8-11/12月号)GAKUMANplus フレッシュアイペディアより)

  • 土井隆雄

    土井隆雄から見た若田光一若田光一

    しかし、ペイロードスペシャリスト(PS)としての任務はまず最年長の毛利、2回目は女性初となる向井が行うことになり、土井は彼らをサポートした。この間にミッションスペシャリスト(MS)候補に若田光一が就任したが、土井は向井のサポート任務に専念しており、結果的には後輩の若田がMSとして先に飛行することになった。土井も毛利とともに、改めてMS資格を取得し、その後の任務に備えた。土井隆雄 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「若田光一」のニューストピックワード