前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 若田光一

    若田光一から見た日本航空

    1989年3月 九州大学大学院を修了、日本航空に入社する。1992年4月 旧・NASDAによりミッションスペシャリスト候補に選出された。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た土井隆雄

    2009年11月 内閣総理大臣顕彰を授与される。宇宙飛行士の表彰は毛利衛、向井千秋、土井隆雄に次ぎ4人目。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た向井千秋

    2009年11月 内閣総理大臣顕彰を授与される。宇宙飛行士の表彰は毛利衛、向井千秋、土井隆雄に次ぎ4人目。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た毛利衛

    2009年11月 内閣総理大臣顕彰を授与される。宇宙飛行士の表彰は毛利衛、向井千秋、土井隆雄に次ぎ4人目。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た九州大学

    1989年3月 九州大学大学院を修了、日本航空に入社する。1992年4月 旧・NASDAによりミッションスペシャリスト候補に選出された。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た国際宇宙ステーション

    さらに、国際宇宙ステーション(ISS)建設においても、ロボットアーム操作の腕を買われることになる。2000年10月 スペースシャトル・ディスカバリー号により2度目の宇宙へ。国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション「STS-92」にミッションスペシャリストとして参加。このSTS-92ミッションは、宇宙ステーションの各モジュールをドッキングするために多用される共通結合機構(CBM)を初めて宇宙で使用するという、その後の計画の成否を握る重要ミッションであった。NASAはこの重要な任務に若田を起用し、ドッキングを成功させた。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見たエンデバー (オービタ)

    1996年1月 スペースシャトル・エンデバー号による「STS-72」ミッションに日本人初のMSとして参加。宇宙空間に浮遊するSFUの回収を行うためには、スペースシャトルに搭載されているロボットアームの繊細な操作が必要であったが、若田はこの技術を修得し、このミッションでSFU回収に成功した。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た2009年

    2009年3月16日、STS-119ミッションにて、日本人宇宙飛行士としては初のISS長期滞在ミッションを開始し、同年7月、日本初の有人宇宙施設「きぼう」の最後の構成部分となる船外実験施設を取り付けた。これにより「きぼう」は開発から20年を経て完成した。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見たスキー

    趣味は野球、テニス、スキー、飛行機の操縦、ハンググライダー。高校では野球部に所属しており、2001年の全国高等学校野球選手権大会では始球式を務めて120km/h相当の速球でストライク投球をし、観客を沸かせた。2009年4月のプロ野球・巨人vs阪神戦(東京ドーム)ではISSからの「宇宙始球式」も行った。若田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 若田光一

    若田光一から見た秋山豊寛

    同年7月3日、ISSに停泊中のソユーズTMA-14(18S)に搭乗し、ドッキングポートを変更する移動飛行をした。ソユーズ宇宙船に搭乗したのは、秋山豊寛飛行士に次いで日本人2人目となった。若田光一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「若田光一」のニューストピックワード