若竹竜士 ニュース&Wiki etc.

若竹 竜士(わかたけ りゅうじ、1987年10月10日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。 (出典:Wikipedia)

「若竹竜士」最新ニュース

「若竹竜士」Q&A

  • Q&A

    【2013年 プロ野球 戦力外通告】この中でまだまだ現役でできるのに、もったいないな…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2013年12月19日 22:03

  • Q&A

    トライアウト獲得予想 先日、プロ野球トライアウトが行われました。そこで獲得予想します…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2013年11月13日 14:35

  • Q&A

    第一回トライアウト参加志望者です(欠席者有)。 従来、事実上、1回目で国内プロ野球に…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年11月12日 00:30

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「若竹竜士」のつながり調べ

  • 大西正樹

    大西正樹から見た若竹竜士

    明石市立二見北小学校3年時にソフトボールを始め、当初は外野手だったが「サウスポーがいない」という理由から投手にコンバートされた。その後、地元の少年軟式野球クラブチーム二見フレンズに入部。明石市立二見中学校野球部では高校でチームメイトとなる明石市立大久保中学校の有元一真と何度も投げ合ったという。神戸国際大学附属高等学校に進学後は1年時から公式戦で登板し、2年夏も控え投手として投げ兵庫大会4強入りに貢献。3年生が引退した秋にはエースとなり、有元との2枚看板で若竹竜士擁する育英高等学校とは地区予選、県大会決勝、近畿大会決勝で対戦しいずれも勝利。新チーム結成以降、明治神宮野球大会準決勝で山口俊擁する柳ヶ浦高等学校に敗れるまで公式戦無敗だった。の第77回選抜高等学校野球大会に出場。準決勝で柴田亮輔、斎賀洋平擁する愛工大名電高校に敗れたものの、夏春連覇がかかっていた駒大苫小牧高校を二回戦で完封するなど、チームの4強入りに貢献した。夏は兵庫大会準優勝。同年の高校生ドラフト3巡目で福岡ソフトバンクホークスに指名され入団。(大西正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 今成亮太

    今成亮太から見た若竹竜士

    4月28日、若竹竜士との交換トレードで阪神タイガースへ移籍(5月1日公示)。背番号は若竹が着用していた49に決定した。当時、阪神では正捕手格の藤井彰人が故障がちであり、第二捕手の小宮山慎二も変化球のキャッチングや打撃面で課題があったため、藤井が離脱している間は、小宮山と併用する形で起用されることとなった。その結果、60試合に出場して、規定打席にははるかに及ばずリード面でも未熟さを覗かせたが、3割近い打率を記録し、打撃面での勝負強さを発揮した。(今成亮太 フレッシュアイペディアより)

「若竹竜士」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「若竹竜士」のニューストピックワード