63件中 21 - 30件表示
  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た軟式野球

    豊中市立新田小学校1年時に4歳上の兄(後述)の影響で軟式野球を始め、小学校6年間投手だった。豊中市立第四中学校入学後に硬式野球を始め、ボーイズリーグの「大淀ボーイズ」では内野手も務めたが中学3年時から再び投手に専念した。同学年で「箕面スカイラーク」に所属していた岡田貴弘とは小学生時代から何度も対戦していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た阪神甲子園球場

    初登板・初先発:2007年7月5日、対東京ヤクルトスワローズ11回戦(阪神甲子園球場)、5回3失点で敗戦投手若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見たオープン戦

    は二軍で先発投手を務め、7月6日の中日ドラゴンズ戦で二軍ながらノーヒットノーランを達成。しかし、好不調の波が激しく二軍での成績は前年より落ちて一軍昇格もなかった。も一軍昇格はなく、二軍では18試合に登板した。は春季キャンプで一軍に帯同したが、3月14日のオープン戦で一塁手の葛城育郎と接触した際に左膝靭帯を損傷した。5月下旬に実戦登板に復帰、3年ぶりに一軍昇格し4試合に登板した。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た三菱重工メカトロシステムズ

    2月1日より、三菱重工メカトロシステムズに嘱託職員として入社。同社の社会人野球チーム・三菱重工神戸硬式野球部に入部する。三菱重工神戸では、初のプロ野球経験者の選手となる。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た遊撃手

    野球を始めたきっかけは兄・純一の影響である。兄は岡山学芸館高等学校で主将を務め、第73回選抜高等学校野球大会に遊撃手として出場している。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た硬式野球

    豊中市立新田小学校1年時に4歳上の兄(後述)の影響で軟式野球を始め、小学校6年間投手だった。豊中市立第四中学校入学後に硬式野球を始め、ボーイズリーグの「大淀ボーイズ」では内野手も務めたが中学3年時から再び投手に専念した。同学年で「箕面スカイラーク」に所属していた岡田貴弘とは小学生時代から何度も対戦していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見たフォークボール

    最速149km/h、平均140km/h前後の速球とスローカーブを軸にスライダー、フォークボールも投げる。スローカーブは時に80km/h台、2006年には82km/hを記録し、一軍初登板時のテレビ中継で野球解説者がプロ入り時の二軍投手コーチである星野伸之を引き合いに出したほどの落差を持つ。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た内野手

    豊中市立新田小学校1年時に4歳上の兄(後述)の影響で軟式野球を始め、小学校6年間投手だった。豊中市立第四中学校入学後に硬式野球を始め、ボーイズリーグの「大淀ボーイズ」では内野手も務めたが中学3年時から再び投手に専念した。同学年で「箕面スカイラーク」に所属していた岡田貴弘とは小学生時代から何度も対戦していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見たボーイズリーグ

    豊中市立新田小学校1年時に4歳上の兄(後述)の影響で軟式野球を始め、小学校6年間投手だった。豊中市立第四中学校入学後に硬式野球を始め、ボーイズリーグの「大淀ボーイズ」では内野手も務めたが中学3年時から再び投手に専念した。同学年で「箕面スカイラーク」に所属していた岡田貴弘とは小学生時代から何度も対戦していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た豊中市立第四中学校

    豊中市立新田小学校1年時に4歳上の兄(後述)の影響で軟式野球を始め、小学校6年間投手だった。豊中市立第四中学校入学後に硬式野球を始め、ボーイズリーグの「大淀ボーイズ」では内野手も務めたが中学3年時から再び投手に専念した。同学年で「箕面スカイラーク」に所属していた岡田貴弘とは小学生時代から何度も対戦していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「若竹竜士」のニューストピックワード