前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 産業観光

    産業観光から見た若築建設若築建設

    わかちく史料館(若築建設、福岡県北九州市若松区)産業観光 フレッシュアイペディアより)

  • 企業博物館

    企業博物館から見た若築建設若築建設

    わかちく史料館(若築建設、福岡県北九州市)企業博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 安川敬一郎

    安川敬一郎から見た若築建設若築建設

    大正3年(1914年)、衆議院に補欠当選し、1920年(大正9年)1月13日これまでの功績により男爵の爵位を授爵。1924年(大正13年)貴族院男爵議員に互選される。公正会に所属。功により勲三等に叙し、瑞宝章を賜る。その後1918年(大正7年)にかけ明治紡績、安川電機、九州製鋼(のち八幡製鐵所が買収)、黒崎窯業を設立する。また、九州鉄道取締役、若松築港社長、筑豊石炭鉱業組合総長、明治鉱業社長、九州製鋼会長等を務め、1922年(大正11年)4月経済界から引退した。安川敬一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 米田正文

    米田正文から見た若築建設若築建設

    1974年(昭和49年)第10回参議院議員通常選挙福岡選挙区に立候補せず、後継者として、若松築港(現・若築建設)社長の有田一壽が立候補し、初当選。米田正文 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋産業事件

    石橋産業事件から見た若築建設若築建設

    旧建設省発注の工事などをめぐり石橋産業の子会社(当時)である若築建設から政界に賄賂が流れた事件。石橋産業事件 フレッシュアイペディアより)

  • 須田トンネル

    須田トンネルから見た若築建設若築建設

    同トンネルの工事に際し、一般競争入札の結果17億円で落札した堀田建設(本社・八幡浜市)は発注者である愛媛県に変更届を出さないまま西田興産(本社・大洲市)に14億円で「丸投げ」、西田興産はさらに若築建設に11億円で丸投げした。談合をはじめとする入札の形骸化、公共事業のずさんな執行ぶりや元請?下請け?孫請けの関係が明るみに出た。公共工事に関する3億円ものサヤ抜きであり、世間の耳目を集めた。なお、下請けの西田興産は西田司代議士(元自治大臣)が実質的なオーナーの地場有力建設会社である。須田トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 有田一壽

    有田一壽から見た若築建設若築建設

    戦後は青葉ヶ丘女子高校(現・高稜高等学校)校長、福岡県教育委員(1948年当選)を務めた後、妻の兄である石橋健蔵が経営する若松築港(現・若築建設)に1952年に入社し、専務を経て、1958年社長に就任。後に会長(1976年)、名誉会長、相談役を歴任する。この他にもユニオン映画・日本クラウンの創設に参加し、社長・会長を務めた。有田一壽 フレッシュアイペディアより)

  • 新井組

    新井組から見た若築建設若築建設

    バブル期前後、仕手筋による株買い占めに遭い、最終的には発行済み株式の 1/3 が京都のノンバンクの元で「塩漬け」となっていたことがある。1996年(平成8年)頃、海洋土木建設会社の若築建設との合併の噂が流れたが、許永中による詐欺事件の一環だったと目されている(石橋産業事件)。許は塩漬け状態の新井組株をノンバンクから引き出し、株価つり上げを図ったとされる。1997年(平成9年) 2月、許は新井組株の売り逃げ(鉄砲)を行い、新井組の株価は暴落した。事件のあおりで大阪の中小証券会社2社が廃業した。新井組 フレッシュアイペディアより)

  • 日高信六郎

    日高信六郎から見た若築建設若築建設

    日本郵船社員であり、後に若松築港会社(後の若築建設)支配人を務めた高橋達の次男として、横浜市に生まれる。6歳の時、祖母の実家である福岡市の日高家の養子となる。福岡県立中学修猷館在学中に、九州の山々を一人で登山することを楽しみ、日本山岳会に入会。その後、旧制第一高等学校英法科を首席で卒業し、1919年、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。日高信六郎 フレッシュアイペディアより)

  • 牛深ハイヤ大橋

    牛深ハイヤ大橋から見た若築建設若築建設

    施工 : 日立造船、横河ブリッジ、五洋建設、若築建設、佐伯建設工業、大和建設、牛深建設、北時建設、共和舗道、高田塗装、不二電気工業、天草設備牛深ハイヤ大橋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示