249件中 101 - 110件表示
  • オズボーン・ハウス

    オズボーン・ハウスから見たイギリス王室イギリス王室

    オズボーン・ハウス (Osborne House)は、イギリス・ワイト島にあるかつてのイギリス王室の離宮。オズボーン・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 君塚直隆

    君塚直隆から見たイギリス王室イギリス王室

    『肖像画で読み解く イギリス王室の物語』(光文社新書、2010年)君塚直隆 フレッシュアイペディアより)

  • 御用達

    御用達から見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王室御用達は許可制である。王族個々人がそれぞれ気に入った製品の生産者に対して、王室から御用達リストに加える申し出が出される。これに応じた生産者は王室御用達を示す紋章をつける権利を得る。現在およそ800の企業と個人が英国王室御用達の栄誉を得ている。洋食器のウェッジウッド、紅茶のトワイニング、アパレルのバーバリーなどが有名である。一方で庶民的なお菓子、日用雑貨など地味な製品も数多く御用達とされているところが日本の皇室の御用達品とは違うところである。御用達 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・コレクション

    ロイヤル・コレクションから見たイギリス王室イギリス王室

    ロイヤル・コレクション()またはイギリス王室コレクションはイギリス王室が所有する美術品コレクション。イギリス王室の私的財産で、王室の一部局である英国王立所蔵品協会の管理となっている。英国王立所蔵品協会 (The Royal Collection Department) はロイヤル・コレクションの分類、保存、洗浄、修復や、書物、絵画、彫刻などの展示に対して責任があるが、建築物については管轄外となっている。399人のスタッフがおり、2009年度には2,642万ポンド以上の収益があった。ロイヤル・コレクション フレッシュアイペディアより)

  • アリス・オブ・バッテンバーグ

    アリス・オブ・バッテンバーグから見たイギリス王室イギリス王室

    アリスは、ダルムシュタット、ユーゲンハイム(現ヘッセン州ダルムシュタット=ディーブルク郡)、マルタ(イギリス海軍士官だった父の赴任先)やロンドンで育った。幼い頃言葉を発するのが遅く、話せるようになっても発音が不明瞭だったため、母ヴィクトリアはアリスを耳鼻科の専門医に診せた。その結果、遺伝による先天性の難聴である診断が下った。母の励ましとアリスの努力もあって、彼女は読唇術を身につけ、英語とドイツ語を話し理解できるようになった。家庭で教育を受けてフランス語を学び、婚約後はギリシャ語を学んだ。彼女は、ヨーク公ジョージ(のちのジョージ5世)とテック公女メアリーの結婚式でブライズメイトとなるなど、幼い頃からイギリス王室の一員として育った。アリス・オブ・バッテンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • マリー・フォン・バッテンベルク

    マリー・フォン・バッテンベルクから見たイギリス王室イギリス王室

    1871年4月19日にダルムシュタットにおいて、ヘッセン大公国のシュタンデスヘルであるエアバッハ=シェーンベルク伯爵家の当主グスタフ・エルンスト(1840年 - 1908年)と結婚した。夫は1903年、妻マリーがイギリス王室およびロシア帝室と縁戚関係にあることを背景に、ヘッセン大公国の侯爵(Fürst)に叙せられ、子女もプリンツ(Prinz/essin)の称号を許された。マリーがロシア皇帝アレクサンドル2世の皇后マリヤ・アレクサンドロヴナの姪であり、マリーの2人の弟がヴィクトリア女王の娘と孫娘の夫だったことが理由である。マリー・フォン・バッテンベルク フレッシュアイペディアより)

  • 氷川丸

    氷川丸から見たイギリス王室イギリス王室

    その後、氷川丸のサービスの良さが評判を呼び、著名人を含む多くの乗客で賑わった。1932年の11次航海ではチャールズ・チャップリンが乗船、1937年の47次航海ではイギリス国王ジョージ6世の戴冠式から帰国の途にあった秩父宮夫妻が乗船するなど、氷川丸は華々しい活躍を続けた。アメリカ側の発着地であるシアトル市民にとっても、1930年代、日本から定期的にやってくる「ハイカワマル」は馴染み深い存在になっていたという。氷川丸 フレッシュアイペディアより)

  • 御料車

    御料車から見たイギリス王室イギリス王室

    デイムラーはイギリス王室で初めて御料車に採用された車であり、その実績を評価されての導入だった。皇室の色である溜色に塗装され、菊の御紋がドアに付けられた他は、特別な装備はなかった。御料車 フレッシュアイペディアより)

  • クイーンズ区

    クイーンズ区から見たイギリス王室イギリス王室

    クイーンズは、ニューヨークに置かれた最初の12郡の1つであり、1683年にイギリス国王であるチャールズ2世の后、キャサリン・オブ・ブラガンザ王妃にちなんで「クイーン」という名で誕生した。クイーンズ区は、5つの区の中でも、比較的、垢抜けない地域であると見なされることが多い。クイーンズ東部地区は、ナッソー郡東部のような風景や雰囲気である。しかしながら、クイーンズ西部/中部地区は、都会的地区が多く、ビジネス街となっている場所もある。クイーン区最西端にある沿岸地区のロング・アイランド・シティには、シティーコープビルが建っており、これはマンハッタン区を除けば、ニューヨーク市で最も高いビルである。ラガーディア空港近くのRikers Islandにはニューヨーク州では大規模な刑務所が存在する(ビデオゲームDRIVER PARALLEL LINESに登場する)。1939年ニューヨーク万国博覧会と1964年ニューヨーク万国博覧会の二度の万博が行われたフラッシング・メドウズ・コロナ・パークもクイーンズにある。なお、ここにはテニスの4大大会の1つである全米オープンが開催されるUSTAナショナル・テニス・センターや、MLBのニューヨーク・メッツの本拠地であるシティ・フィールドがある。クイーンズ区 フレッシュアイペディアより)

  • サスカトゥーン

    サスカトゥーンから見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王室の名から名付けられた学校や土地、通り、公園などが市内各地にある。ホテルもそのひとつで、ランドマークになっているホテル・ベスボローもカナダ総督を務めたベスボロー卿に由来する。サスカトゥーン フレッシュアイペディアより)

249件中 101 - 110件表示

「英国王室」のニューストピックワード