353件中 21 - 30件表示
  • ジェラール・ド・ヴィリエ

    ジェラール・ド・ヴィリエから見たイギリス王室イギリス王室

    1965年から、スパイ小説『SAS』シリーズを書き始める。オーストリア人の王子にしてCIAエージェント、「プリンス・マルコ」ことマルコ・リンゲ(Malko Linge)の冒険を描くものである。「SAS」は、イギリス王室の「His Royal Highness(HRH、「殿下」の敬称)」のフランス語表記「Son Altesse Sérénissime」と、イギリス陸軍の特殊部隊「SAS」のもじりである。2007年現在、シリーズは171冊を数えている。タイトルには舞台となる地名がつけられている。また、その時代の事件が小説に取り込まれている。ジェラール・ド・ヴィリエ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・デ・バー

    クリス・デ・バーから見たイギリス王室イギリス王室

    外交官だったイギリス人の父とイギリス王室の流れをくむアイルランド人の母の間にアルゼンチンで生まれ、マルタ、ナイジェリア、ザイールなどで子供時代を過ごした。その後、家族は12世紀に建てられたアイルランドの古城を買い取りホテルに改造。クリスは宿泊客の前で演奏するようになり、母の旧姓「デ・バー」をステージネームとした。クリス・デ・バー フレッシュアイペディアより)

  • ハルシオン・デイズ (エナメル細工)

    ハルシオン・デイズ (エナメル細工)から見た英国王室イギリス王室

    ロンドンのハルシオン・デイズは、4つのロイヤルワラント(英国王室御用達認定証)を全て取得している数少ないメーカーの一つとして知られる。また英国王室が国賓に対してプレゼントする伝統工芸品としても知られ、イギリスのジョン・メージャー首相が徳仁親王と雅子妃の結婚記念としてプレゼントしたことは有名である。ハルシオン・デイズ (エナメル細工) フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・パオロ・トスティ

    フランチェスコ・パオロ・トスティから見たイギリス王室イギリス王室

    現アブルッツォ州キエーティ県オルトーナに生まれる。幼くしてヴァイオリンの神童として知られ、1858年、12歳にしてナポリ音楽院に入学、ヴァイオリンと作曲の研鑽を続ける。当時の作曲の師にはサヴェリオ・メルカダンテも含まれる。在学当時には、教官助手も務めていた。1866年、ヴァイオリンでディプロマ取得し、その時期から歌曲を作曲しはじめている。その後、20代前半で故郷オルトーナに戻り、オルガン演奏・指揮者の職に就いた(教官助手の激務などから健康を害し、静養に入っていたという説もある)。そこで書き溜めた小歌曲集が認められ、1875年頃からはローマをはじめとするイタリアで盛んにサロン用歌曲を発表する。やがてトスティはイタリア王室の声楽教師、1880年ごろからはロンドンに移住しイギリス王室の声楽教師となる。1906年には英国臣民となり、1908年には準男爵に叙せられた。1912年にイタリアに戻る。狭心症に1915年ごろから苦しめられている中でも、少なくとも1916年(没年)の秋まで作曲していたと見られるが、その年の初冬に病状が悪化し、12月2日、ローマで他界した。フランチェスコ・パオロ・トスティ フレッシュアイペディアより)

  • 霧の乙女号

    霧の乙女号から見たイギリス王室イギリス王室

    1991年 - ダイアナ妃、ウィリアム王子、ヘンリー王子 (イギリス王室霧の乙女号 フレッシュアイペディアより)

  • Judge's Choice

    Judge's Choiceから見たイギリス王室イギリス王室

    1996年 - イギリス王室御用達として、ロイヤルワラントの紋章をエリザベス2世女王から付与される。Judge's Choice フレッシュアイペディアより)

  • ルートヴィヒ・ルドルフ・フォン・ハノーファー

    ルートヴィヒ・ルドルフ・フォン・ハノーファーから見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王ジョージ3世の男系直系子孫であり、伝統的にグレートブリテンおよびアイルランド王子を名乗るが、イギリス王室は1917年以降、ハノーファー家の成員をこの称号を名乗る有資格者から除外している。また伝統的に一族の成員に認められていたハノーファー王子(Prinz von Hannover)およびブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(Herzog zu Braunschweig-Lüneburg)の称号を名乗るが、こちらも1918年のドイツ革命以降は法的に無意味なものとなっている。ルートヴィヒ・ルドルフ・フォン・ハノーファー フレッシュアイペディアより)

  • クラウン (紋章学)

    クラウン (紋章学)から見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王室のメンバーは、彼らの紋章の上にコロネットを持っており、即位式でそれを身につけることがある。図示したもの以外に、プリンセス・ロイヤル(国王の長女)や国王の甥や姪のコロネットもある。これらは、チャールズ2世がフランスでその贅沢な宮廷スタイルの様式を得て亡命生活から戻り、王政復古した直後の1661年に彼が作った規則に従っており、君主との王子の関係に応じて変化する(ルイ14世はその年ベルサイユで記念碑的な業績を始めた)。時折、さらなる勅許状が特定の個人のために冠のデザインを変えることがある。クラウン (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • ガイ装甲車

    ガイ装甲車から見たイギリス王室イギリス王室

    6輌がフランスに送られ、イギリス海外派遣軍(BEF)に配備された。4輌がイギリス王室の近衛機動部隊(第12ロイヤル・ランサーズ)に使用され、2輌が閣僚たちに用いられた。残余の車輛はイギリスに駐留するベルギー軍、デンマーク軍、オランダ軍の部隊に配置された。1943年には、これらの車輛はより現代的な車輛に置き換えられた。ガイ装甲車 フレッシュアイペディアより)

  • ベンソン&ヘッジス

    ベンソン&ヘッジスから見たイギリス王室イギリス王室

    1873年にリチャード・ベンソンとウィリアム・ヘッジスの2人が設立した「Benson & Hedges Ltd.」によって誕生した。1878年にはいわゆる「イギリス王室御用達」に認められ、1999年に認定を取り消されるまでの間パッケージに王室の紋章が印刷されていた。ベンソン&ヘッジス フレッシュアイペディアより)

353件中 21 - 30件表示

「英国王室」のニューストピックワード