353件中 31 - 40件表示
  • レオポルド・マウントバッテン

    レオポルド・マウントバッテンから見たイギリス王室イギリス王室

    レオポルド・アーサー・ルイス・オブ・バッテンバーグ(Prince Leopold Arthur Louis of Battenberg, 1889年5月21日 ウィンザー城 - 1922年4月23日 ケンジントン宮殿)は、ドイツの上級貴族バッテンベルク家の公子で、イギリス王室の一員。第1次世界大戦中の1917年、一族とともに正式にイギリスに帰化してレオポルド・マウントバッテン(Lord Leopold Mountbatten)と名乗った。レオポルド・マウントバッテン フレッシュアイペディアより)

  • デ・ラ・ルー

    デ・ラ・ルーから見たイギリス王室イギリス王室

    1831年 生産するトランプがイギリス王室御用達となる。デ・ラ・ルー フレッシュアイペディアより)

  • コブハクチョウ

    コブハクチョウから見たイギリス王室イギリス王室

    イギリスでは伝統的に、高級料理としてハクチョウの肉が供されていた。12世紀にはイングランドに生息するハクチョウは全て王家の財産とする法律が成立し、ハクチョウを傷つけた者は反逆罪に問われた。この法律は現在でもイギリス王室に引き継がれており、イギリス国内のコブハクチョウを含む野生のハクチョウは、すべて王室の所有物とされている。コブハクチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ホニトンレース

    ホニトンレースから見たイギリス王室イギリス王室

    1840年にヴィクトリア女王の婚礼の際にホニトンレースの衣装とベールが織られたが、このときに200人以上の特に優れた熟練者が7ヶ月もかけて編んだものであった。イギリス王室に代々伝わる洗礼式の衣装もホニトンレースで編まれた物である。ホニトンレース フレッシュアイペディアより)

  • テック公

    テック公から見たイギリス王室イギリス王室

    フランツは1866年にイギリス王ジョージ3世の孫娘メアリー・アデレード・オブ・ケンブリッジと結婚した。収入のないフランツは妻メアリー・アデレードがイギリス議会より給付される王族年金で暮らさざるを得ず、テック公爵夫妻はロンドンで生活するようになった。メアリー・アデレードの従姉にあたるイギリス女王ヴィクトリアは、フランツに「His Highness」の敬称を与えた。1892年、テック公爵夫妻の長女メアリーが、後にイギリス王ジョージ5世となるヨーク公と結婚すると、テック公爵家は正式なイギリス王室の一員として扱われるようになった。テック公 フレッシュアイペディアより)

  • クラレンドン・ファンド

    クラレンドン・ファンドから見たイギリス王室イギリス王室

    クラレンドン ファンド(英: Clarendon Fund)は、オックスフォード大学であるトップ1%の大学院生の奨学金プログラムで2000年に作られた。毎年世界中に140大学院生がこのプログラムに選択されている。2014年には、奨学金のコミュニティは、50以上の国籍を表している。選択した一番上の学生は無料の教育にも生活費に向かって王室の奨学金を受ける。クラレンドン・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • ボー・サンシー

    ボー・サンシーから見たイギリス王室イギリス王室

    16世紀後半、ダイヤモンド収集家のボー・サンシーがイスタンブールで見いだしたことから名付けられた。後に、フランスの国王アンリ4世が購入。購入にあたってはダイヤモンドに惚れ込んだ王妃マリー・ド・メディシスの意向が大きく働いたとされ、息子のルイ13世の摂政となった際には、戴冠式の王冠にボー・サンシーを飾らせたことから、広く一般に知られるようになった。その後、ボー・サンシーはイギリス王室、プロイセン王室を転々としたが、20世紀後半には公開されることもなくなり、幻のダイヤモンドと化した。2012年、サザビーズがボー・サンシーの競売を公表。世界各国で展示された後、同年5月15日に競売に付され904万2500スイスフランで落札された。ボー・サンシー フレッシュアイペディアより)

  • ファミリーライン

    ファミリーラインから見たイギリス王室イギリス王室

    現存するファミリーラインの多くは、その血統を遡るとロイヤル・メアと呼ばれるイギリス王室所有の繁殖牝馬群に行き着くが、これらについてはその素性・由来がはっきりしておらず、今なお議論の対象となっている。また、もともとサラブレッドとされていたが、その後に血統表の紛失などで血統を遡れないものもおり、日本ではミラとその子孫がよく知られている。これらには「サラブレッド系種」という特殊な位置を与えられた。詳細は同項を参照のこと。ファミリーライン フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・エレオノーレ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

    アンナ・エレオノーレ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットから見たイギリス王室イギリス王室

    アンナ・エレオノーレは、子供たちを産み育ててきた以前からの居城であるヘルツベルク・アム・ハルツのヘルツベルク城(Schloss Herzberg)をそのまま隠居所とし、亡くなるまで住み続けた。この城は現在のイギリス王室の揺籃の地ということになる。アンナ・エレオノーレ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット フレッシュアイペディアより)

  • ハインリヒ・ユリウス・フォン・ハノーファー

    ハインリヒ・ユリウス・フォン・ハノーファーから見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王ジョージ3世の男系直系子孫であり、伝統的にグレートブリテンおよびアイルランド王子を名乗るが、イギリス王室は1917年以降、ハノーファー家の成員をこの称号を名乗る有資格者から除外している。また伝統的に一族の成員に認められていたハノーファー王子(Prinz von Hannover)およびブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(Herzog zu Braunschweig-Lüneburg)の称号を名乗るが、こちらも1918年のドイツ革命以降は法的に無意味なものとなっている。ハインリヒ・ユリウス・フォン・ハノーファー フレッシュアイペディアより)

353件中 31 - 40件表示

「英国王室」のニューストピックワード