249件中 31 - 40件表示
  • クリス・デ・バー

    クリス・デ・バーから見たイギリス王室イギリス王室

    外交官だったイギリス人の父とイギリス王室の流れをくむアイルランド人の母の間にアルゼンチンで生まれ、マルタ、ナイジェリア、ザイールなどで子供時代を過ごした。その後、家族は12世紀に建てられたアイルランドの古城を買い取りホテルに改造。クリスは宿泊客の前で演奏するようになり、母の旧姓「デ・バー」をステージネームとした。クリス・デ・バー フレッシュアイペディアより)

  • ハンバー軽偵察車

    ハンバー軽偵察車から見たイギリス王室イギリス王室

    本車はチュニジアとイタリアおよび西ヨーロッパの歩兵偵察連隊とRAF連隊に用いられた。3台のマークIはイギリス王室と閣僚によって使用するために改修され、アイアンサイド特別一等車として知られた。ハンバー軽偵察車 フレッシュアイペディアより)

  • クラウン (紋章学)

    クラウン (紋章学)から見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王室のメンバーは、彼らの紋章の上にコロネットを持っており、即位式でそれを身につけることがある。図示したもの以外に、プリンセス・ロイヤル(国王の長女)や国王の甥や姪のコロネットもある。これらは、チャールズ2世がフランスでその贅沢な宮廷スタイルの様式を得て亡命生活から戻り、王政復古した直後の1661年に彼が作った規則に従っており、君主との王子の関係に応じて変化する(ルイ14世はその年ベルサイユで記念碑的な業績を始めた)。時折、さらなる勅許状が特定の個人のために冠のデザインを変えることがある。クラウン (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • カストロール

    カストロールから見たイギリス王室イギリス王室

    1899年イギリス・ロンドン市で創業したウェークフィールド社に起源。その後、カストロール社として展開、イギリス王室御用達になったほか、化学合成油を配合した高性能エンジンオイルの製造やモータースポーツのスポンサーとして活動したことから世界的な知名度を得た。カストロール フレッシュアイペディアより)

  • 財務大臣 (イギリス)

    財務大臣 (イギリス)から見たイギリス王室イギリス王室

    財務大臣の座はイングランド史、イギリス史の中でも三番目に古い大臣職であり、元々は中世のイギリス王室財務において歳入を確保する役割を担っていた。つい最近まで、財務大臣は、国庫財政と金融政策両方を担当していたが、1997年にイングランド銀行が独自に金利を制定することを許され、この慣習は終わりを告げた。財務大臣は、他の政府機関の財務監督も担っており、内閣において首相に次ぐ政治権力を持っていると考えられている。財務大臣 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • クイーンズ・マギル対抗戦

    クイーンズ・マギル対抗戦から見たイギリス王室イギリス王室

    クイーンズ大学とマギル大学はカナダ国内においては非常によく知られている。ともに公立大学であり、一部政府からの補助金で運営されている。1867年のカナダ連邦成立以前の創立であり、カナダの大学では最も歴史の古い2校である。また、両校揃ってスコットランドの由来であり、イギリス王室の王立憲章によって創設されたという共通点がある。クイーンズ・マギル対抗戦 フレッシュアイペディアより)

  • リトルエンジェルス芸術団

    リトルエンジェルス芸術団から見たイギリス王室イギリス王室

    世界各国の国家元首やイギリスの王室や日本の皇族の前で公演して来た。団長は???(Sung-Sook Cho)。名誉団長は朴普煕。リトルエンジェルス芸術団 フレッシュアイペディアより)

  • マリア・パヴロヴナ (ロシア大公妃)

    マリア・パヴロヴナ (ロシア大公妃)から見たイギリス王室イギリス王室

    ヴェネツィア、スイスを経てフランスへたどり着いたマリアは、体調を崩して1920年8月に、家族に見守られながら亡くなった。家族はマリア所有の素晴らしい宝飾品類を保有していたが、有名な「ウラディミール・ティアラ」はイギリス王室へ渡り、現在はエリザベス2世が身につけている。マリア・パヴロヴナ (ロシア大公妃) フレッシュアイペディアより)

  • アラステア・ウィンザー (第2代コノート公爵)

    アラステア・ウィンザー (第2代コノート公爵)から見たイギリス王室イギリス王室

    アラステア・アーサー・ウィンザー(Alastair Arthur Windsor, 2nd Duke of Connaught and Strathearn, 1914年8月9日 メイフェア、ロンドン - 1943年4月26日 オタワ)は、イギリス王室の一員。ヴィクトリア女王の曾孫。誕生時の名前はアラステア・オブ・コノート・アンド・ストラサーン(Prince Alastair of Connaught and Strathearn)であったが、1917年にイギリス王族の身分を失い、以後は母方のファイフ公爵家の嗣子としてマクダフ伯爵(Earl of Macduff)の称号で呼ばれた。1942年、父方の祖父よりコノートおよびストラサーン公爵位を相続したが、その翌年に急死した。アラステア・ウィンザー (第2代コノート公爵) フレッシュアイペディアより)

  • オーガスタ・オブ・ケンブリッジ

    オーガスタ・オブ・ケンブリッジから見たイギリス王室イギリス王室

    オーガスタは一生のほとんどをドイツで暮らしながらも、イギリス王室との仲は密接であった。母のケンブリッジ公妃存命中は、ケンジントン宮殿にある彼女の住まいをたびたび訪問していた。オーガスタ・オブ・ケンブリッジ フレッシュアイペディアより)

249件中 31 - 40件表示

「英国王室」のニューストピックワード