249件中 41 - 50件表示
  • デ・ラ・ルー

    デ・ラ・ルーから見たイギリス王室イギリス王室

    1831年 生産するトランプがイギリス王室御用達となる。デ・ラ・ルー フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダル・カラジョルジェヴィチ (1924-)

    アレクサンダル・カラジョルジェヴィチ (1924-)から見たイギリス王室イギリス王室

    ユーゴスラビア王国のパヴレ王子と、その妻のギリシャ王女オルガとのあいだの第一子、長男としてロンドンで生まれた。妹にイェリサヴェータ王女がいる。父は1934年にユーゴスラビアの摂政宮を務めることになったが、1941年に国王ペータル2世らのクーデタによって失脚した。アレクサンダルと家族は第2次世界大戦中、イギリス領ケニアに幽閉されていた。アレクサンダルは母親の血統を通じてイギリス王室との親戚関係が深く、ケント公エドワードおよびその弟妹と従兄弟同士であるほか、チェールズ皇太子およびその弟妹とも又従兄弟同士である。アレクサンダル・カラジョルジェヴィチ (1924-) フレッシュアイペディアより)

  • パトリシア・オブ・コノート

    パトリシア・オブ・コノートから見たイギリス王室イギリス王室

    王族の身分を放棄した後も、パトリシアはイギリス王室の一員であり続け、王位継承権も保持していた。彼女は王室の主な冠婚葬祭には必ず出席し、1937年のジョージ6世の戴冠式、1953年のエリザベス2世の戴冠式にも列席している。パトリシア・オブ・コノート フレッシュアイペディアより)

  • ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール

    ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールから見たイギリス王室イギリス王室

    ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール(ウィンザーしゅくさいこくさいげんがくコンクール、英:Windsor Festival International String Competition)は、英国王室の主催する弦楽器奏者のための国際コンクール。ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール フレッシュアイペディアより)

  • ファミリーライン

    ファミリーラインから見たイギリス王室イギリス王室

    現存するファミリーラインの多くは、その血統を遡るとロイヤル・メアと呼ばれるイギリス王室所有の繁殖牝馬群に行き着くが、これらについてはその素性・由来がはっきりしておらず、今なお議論の対象となっている。また、血統表の紛失などで血統を遡れないものもおり、日本ではミラとその子孫がよく知られている。こうしたものは姿形・能力から「サラブレッドと思われる」という推測がなされ、「サラブレッド系種」という特殊な位置を与えられた。詳細は同項を参照のこと。ファミリーライン フレッシュアイペディアより)

  • マリア (ルーマニア王妃)

    マリア (ルーマニア王妃)から見たイギリス王室イギリス王室

    若い頃、マリーはヨーロッパの王族と政略結婚させるものと考えられていた。彼女は従兄ジョージ・オブ・ウェールズ(のちのジョージ5世)と相思相愛で、結婚の申し込みも承諾していた。マリーの父とジョージの父アルバート・エドワード王太子(のちのエドワード7世)はどちらもこの結婚を歓迎していた。しかし、マリーの母マリアはイギリス王室をひどく軽蔑しきっていたため、ジョージとの結婚は成立せず、イギリス国外の王家との縁組みが考えられた。マリア (ルーマニア王妃) フレッシュアイペディアより)

  • 法曹院

    法曹院から見た英国王室イギリス王室

    法曹院の所属会員の最高位にあるのが評議員である。評議員になるには法廷弁護士であることと、一定期間の職歴(例えばリンカーン法曹院では20年間)が必要である。もっとも現実には、評議員は法廷弁護士の中でも特別なステイタスを持つ王室顧問弁護士(Queen's Counsel)、または高等法院の裁判官から選ばれる。評議員に選ばれた者は生涯に渡って法曹院に執務室を持つことが出来る。また法曹院は所属会員以外、特に英国王室出身者や海外の著名法曹関係者から、名誉評議員を選ぶ場合もある。法曹院 フレッシュアイペディアより)

  • ハインリヒ・ユリウス・フォン・ハノーファー

    ハインリヒ・ユリウス・フォン・ハノーファーから見たイギリス王室イギリス王室

    イギリス王ジョージ3世の男系直系子孫であり、伝統的にグレートブリテンおよびアイルランド王子を名乗るが、イギリス王室は1917年以降、ハノーファー家の成員をこの称号を名乗る有資格者から除外している。また伝統的に一族の成員に認められていたハノーファー王子(Prinz von Hannover)およびブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(Herzog zu Braunschweig-Lüneburg)の称号を名乗るが、こちらも1918年のドイツ革命以降は法的に無意味なものとなっている。ハインリヒ・ユリウス・フォン・ハノーファー フレッシュアイペディアより)

  • ハルシオン・デイズ (エナメル細工)

    ハルシオン・デイズ (エナメル細工)から見た英国王室イギリス王室

    ロンドンのハルシオン・デイズは、4つのロイヤルワラント(英国王室御用達認定証)を全て取得している数少ないメーカーの一つとして知られる。また英国王室が国賓に対してプレゼントする伝統工芸品としても知られ、イギリスのジョン・メージャー首相が徳仁親王と雅子妃の結婚記念としてプレゼントしたことは有名である。ハルシオン・デイズ (エナメル細工) フレッシュアイペディアより)

  • モード (サウスエスク伯爵夫人)

    モード (サウスエスク伯爵夫人)から見たイギリス王室イギリス王室

    モードはイギリス王室の一員でありながら、公務などは割り当てられなかった。しかし1943年に国王ジョージ6世がアフリカに赴いた際には、国王の国務代行者(Counsellor of State)を務めた。同じ1943年、姉アレグザンドラの一人息子のコノート公爵アラステア・ウィンザーが急死したため、ファイフ公爵位はモードの一人息子ジェームズ・カーネギー(1929年生)が相続することになった。モードは1945年、激しい気管支炎の発作を起こして亡くなった。モード (サウスエスク伯爵夫人) フレッシュアイペディアより)

249件中 41 - 50件表示

「英国王室」のニューストピックワード