249件中 71 - 80件表示
  • スピネル

    スピネルから見たイギリス王室イギリス王室

    長い間、ルビーとレッドスピネルは混同されていた。たとえば、イギリス王室の戴冠式用の王冠に飾られている「黒太子のルビー」は、ルビーではなくレッドスピネルである。産地が極めて限定されており、しかも、産出量はそう多くないので、実際は稀少な石なのであるが、このような歴史的経緯から、「ルビーと紛らわしい石」と云ったレッテルを貼られ、人気や知名度も常にルビーの後ろに位置するので、それほど高価にはならない。スピネル フレッシュアイペディアより)

  • ハイランドゲームズ

    ハイランドゲームズから見たイギリス王室イギリス王室

    ブレマーで行われるブレマー・ギャザリングは、1848年のヴィクトリア女王以来、近郊のバルモラル城に滞在中のイギリス王室のメンバーが臨席することで知られている。ダヌーンで開催されるコーワル・ハイランドギャザリングでは、ハイランドダンスの世界選手権が行われ、スコットランドでは最大規模のものである。他方、インヴァネスのハイランドゲームズ・アンド・ギャザリングは重量競技をはじめとしたスポーツの比重が高い。ハイランドゲームズ フレッシュアイペディアより)

  • トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団

    トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団から見たイギリス王室イギリス王室

    1975年から1976年にかけて米国とカナダで初の巡演を行ったほか、以後イタリア、オランダ、ウィーン、パリ、日本など海外にも進出した。2008年には英国王室が主催する英国ロイヤル・バラエティー・ショーに出演。トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団 フレッシュアイペディアより)

  • デイビッド・アイク

    デイビッド・アイクから見たイギリス王室イギリス王室

    彼の主張によると、「世界には、古代のいくつかの血流から派生した家系があり、一般の人類とはDNAが異なっている」。「英国王室やジョージ・H・W・ブッシュ第41代大統領などの世界の要人達の多くは爬虫類人である」という。「湾岸戦争や米国同時多発テロも爬虫類人の謀略であり、超長期的な人類家畜化計画(アジェンダ)は人類に中央集権的な支配を強要することである」と言う。デイビッド・アイク フレッシュアイペディアより)

  • 最近の出来事 2010年11月

    最近の出来事 2010年11月から見たイギリス王室イギリス王室

    (社会)イギリス王室は、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンが10月に婚約を済ませ、来年結婚する、と発表した。毎日新聞、朝日新聞最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • アケイディアナ

    アケイディアナから見た英国王室イギリス王室

    1755年、フランスとイギリスの間の戦争が切迫し、英国当局はフランス系のアカディア人たちに、カトリック信仰を放棄して英国王室に忠誠を誓うことを要求した。これは大多数のアカディア人にとって受け入れることができず、彼らは強制的にアカディアを去ることになった。初期のアカディア人移民は、ニューイングランド、西インド諸島へ移動し、あるいはフランスに戻る人もいた。結局多くのアカディア人は、彼らを歓迎している場所、ルイジアナを発見して、移動した。アケイディアナ フレッシュアイペディアより)

  • レオポルド・マウントバッテン

    レオポルド・マウントバッテンから見たイギリス王室イギリス王室

    レオポルド・アーサー・ルイス・オブ・バッテンバーグ(Prince Leopold Arthur Louis of Battenberg, 1889年5月21日 ウィンザー城 - 1922年4月23日 ケンジントン宮殿)は、ドイツの上級貴族バッテンベルク家の公子で、イギリス王室の一員。第1次世界大戦中の1917年、一族とともに正式にイギリスに帰化してレオポルド・マウントバッテン(Lord Leopold Mountbatten)と名乗った。レオポルド・マウントバッテン フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・リオン

    ロバート・リオンから見たイギリス王室イギリス王室

    1836年までにリオンはオーストラリアに戻っていた。彼は数年間南オーストラリア州で過ごし、牧師R. L. Milneを名乗った。1839年、彼はニューサウスウェールズ州に渡り、当地ではキャプテン・ロバート・ミルン(Captain Robert Milne)の名で知られた。その頃彼は著作『Australia: An Appeal to the World on Behalf of the Younger Branch of the Family of Shem』(「オーストラリア:セムの系統を継ぐ若い支族に代わって為す世界への訴え」の意)を執筆し出版した。この本は、それまでにリオンが為した多くの書、演説や手紙、アボリジニにまつわる出来事について彼らを弁護する修辞的な筆記などを含んでいた。これらの書状は、イギリス王室、英国議会、ニューサウスウェールズ州知事、オーストラリア司教など、さまざまな権力者に宛てたものだった。ロバート・リオン フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの国章

    イギリスの国章から見たイギリス王室イギリス王室

    イギリスの国章(イギリスのこくしょう、Royal coat of arms of the United Kingdom)とは、イギリス(連合王国)の正式な国章であり、また、イギリス国王(現在:エリザベス女王)の紋章でもある。イギリスの国章 フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ライル

    マーティン・ライルから見た英国王室イギリス王室

    ロイヤル・メダルを、英国王室より授与される(1973年)マーティン・ライル フレッシュアイペディアより)

249件中 71 - 80件表示

「英国王室」のニューストピックワード