353件中 81 - 90件表示
  • ジェニー・リンド

    ジェニー・リンドから見たイギリス王室イギリス王室

    リンドは「ジェニー・リンド=ゴルトシュミット」の名前でロンドンのウェストミンスター寺院、ポエッツ・コーナーに記念されている。1894年4月20日の除幕式典の列席者の中には、ゴルトシュミット、王室の者、サリヴァン、ジョージ・グローヴ、リンドの慈善事業の助けを受けた者の代表などがいた。また、ロンドン、ケンジントンのボルトンズ(The Boltons)にはリンドを記念した銘板が掲げられており、またSW7、ロンドンのオールド・ブロンプトン通り189(Old Brompton)にはブルー・プラークが1909年に掲げられた。ジェニー・リンド フレッシュアイペディアより)

  • リトルエンジェルス芸術団

    リトルエンジェルス芸術団から見たイギリス王室イギリス王室

    世界各国の国家元首やイギリスの王室や日本の皇族の前で公演して来た。団長は???(Sung-Sook Cho )。名誉団長は朴普煕。リトルエンジェルス芸術団 フレッシュアイペディアより)

  • ジュ・ド・ポーム

    ジュ・ド・ポームから見たイギリス王室イギリス王室

    現存最古のデダーン型コートとして、ロンドンのハンプトン・コート宮殿のロイヤルテニスコートがある。最初のコートは、1526年から1529年にかけてトマス・ウルジーが、あるいは1532年から1533年にかけてイングランド王ヘンリー8世が建設した。現存するのは1626年ないし1628年にチャールズ1世が再建設したもので、その息子チャールズ2世が改装を行っている。イギリス王室とゆかりの深いテニスコートである。ジュ・ド・ポーム フレッシュアイペディアより)

  • 元帥 (イギリス)

    元帥 (イギリス)から見たイギリス王室イギリス王室

    1990年代以降、平時においては現役者を元帥に任命することはなくなった。政府は王族及び特に上級の士官を元帥に任じる権限を有している。元帥 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 聖パトリック勲章

    聖パトリック勲章から見たイギリス王室イギリス王室

    アイルランド自由国として1922年に連合王国を離脱した際に、W・T・コスグレイヴを筆頭としたアイルランド評議会は叙勲を続けないことを決定した。それ以降では3人だけが騎士に叙任されているが、3人とも英国王室の人間であった。当時のプリンス・オブ・ウェールズ(後のエドワード8世、退位後はウィンザー公)は1927年に叙任され、その弟であるグロスター公ヘンリーは1934年に、そしてヨーク公アルバート(後のジョージ6世)は1936年にそれぞれ叙任された。1974年に死去したグロスター公は騎士団の最後の生き残りであった。しかしその後も決して廃止されたというわけではなく、アイルランド政府においても復活に関する議論が何回も行われている。聖パトリック勲章 フレッシュアイペディアより)

  • ベントレー

    ベントレーから見たイギリス王室イギリス王室

    2002年にエリザベス2世即位50周年祝賀記念としてベントレー・ステートリムジンがイギリス自動車業界協会より進呈され、以後エリザベス2世女王の公務専用車として使用されている。ベントレーがイギリス王室のメンバーの私用車として使用されたことはあったが、元首の公務専用車として使用されたのは史上初めてのことである。ベントレー フレッシュアイペディアより)

  • 女房は生きていた

    女房は生きていたから見たイギリス王室イギリス王室

    この作品は、1964年の(イギリス王室の御前上映会)に選ばれ、同年2月24日のイギリスでのプレミア上映には、エディンバラ公が臨席した。女房は生きていた フレッシュアイペディアより)

  • マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)

    マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)から見たイギリス王室イギリス王室

    マイケル・オブ・ケント王子妃(Princess Michael of Kent、全名:マリー=クリスティーヌ・アン・アグネス・ヘドウィグ・アイダ(Marie-Christine Anne Agnes Hedwig Ida)、旧名:マリー・クリスティーネ・アナ・アグネス・ヘートヴィヒ・イーダ・フォン・ライプニッツ男爵令嬢(独 Marie Christine Anna Agnes Hedwig Ida Baronin von Reibnitz;英 Baroness Marie-Christine Agnes Hedwig Ida von Reibnitz), 1945年1月15日 - )は、イギリス王室の一員。エリザベス2世の従弟であるマイケル・オブ・ケント王子の妻。作家であり、欧州の王室について数冊の著作を持つ。マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人) フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの君主

    イギリスの君主から見たイギリス王室イギリス王室

    イギリスの君主(イギリスのくんしゅ、)はイギリスとその海外領土の立憲君主である。現在の君主はエリザベス2世であり、1952年2月6日から王位に就いている。エリザベス2世とその直近の王族は、さまざまな公務、儀式、国の代表としての職務を行う。勲章の授与、議会の解散、首相の任命といった女王の権能は、立憲君主として特定の党派や主義に偏らないよう制限されている。イギリス政府の行政権は究極的には君主の大権によっているが、これらの権限は議会の制定した法律にのっとってのみ用いることができ、しかも実際には慣習と先例によっても制約を受けている。イギリスの君主 フレッシュアイペディアより)

  • スエズ運河会社

    スエズ運河会社から見たイギリス王室イギリス王室

    1966年まではイギリス王室の持株比率が4割近くを占め、イギリスの役員も3人派遣されていた。しかしポンタ=ムッソン(現サンゴバン)と資本提携するようになってから、王室の持株比率が大きく低下した。1971年から1982年までを72%支配したが、インドシナ銀行までも吸収したときパリバをしのぐスケールとなった。1970年代、モルガン・グレンフェル(現ドイツ銀行)系のINA Corporation と共同でBlyth, Eastman Dillon & Co.(現UBS)へ出資をしており、そのブライス・イースタン・ディロンはインドスエズ銀行の1976年に発行した社債をINA と共同管理していた。スエズ運河会社 フレッシュアイペディアより)

353件中 81 - 90件表示

「英国王室」のニューストピックワード