前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • イギリス王室

    イギリス王室から見たエリザベス2世

    エリザベス (女王) - エリザベス2世イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たチャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)

    チャールズ (ウェールズ公) - 女王とエディンバラ公爵フィリップの長男イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たヘンリー・オブ・ウェールズ

    ヘンリー (ヘンリー・オブ・ウェールズ王子) - ウェールズ公チャールズとダイアナ(ウェールズ公妃ダイアナ)の次男イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たキャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

    キャサリン(ケンブリッジ公爵夫人)  - ケンブリッジ公爵ウィリアムの妻イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

    なお、チャールズ(ウェールズ大公)の最初の妻で1996年に離婚したダイアナは、離婚後もイギリス王室の一員であると見なされ、王族としての責務を果たした。王室は、彼女が「ウェールズ大公妃」(プリンセス・オヴ・ウェールズ)を名乗り続けること、そしてケンジントン宮殿に住み続けること(Grace and Favour)に同意した。これは一般に女性が離婚後も前夫の名字を名乗り続ける慣行による。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たYouTube

    YouTubeに開設された王室公式チャンネル。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たフィリップ (エディンバラ公)

    また、これらの敬称を持つ男性王族と結婚した女性は、夫の爵位・称号に対応する夫人としての称号を与えられ、陛下や殿下の敬称を冠して呼ばれる。一方、女性王族と結婚した男性は、特別に爵位・称号を賜らない限り、称号や王族特有の敬称を名乗ることができない。エリザベス2世の夫であるフィリップは、結婚時にエディンバラ公爵位と殿下の敬称をエリザベス2世の父ジョージ6世から賜り、エリザベス2世から「prince」の称号を授けられたため、His Royal Highness The Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵フィリップ王子殿下)と呼ばれる。しかし、アン王女の夫であるティモシー・ローレンスは、結婚時に特別の爵位や敬称を賜っていないため、結婚後も軍人としての肩書きであるVice-Admiral(海軍中将)で呼ばれている。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たエドワード (ウェセックス伯爵)

    ウェセックス伯爵夫妻の長女ルイーズは、1917年の勅許状によると、王女の身分と殿下の敬称を名乗る権利を持っているが、The Lady Louise Windsor(ルイーズ・ウィンザー令嬢)という一般的な伯爵の娘としての呼称で呼ばれている。これは、ウェセックス伯爵夫妻の結婚時に、夫妻の希望を汲む形で、女王が「ウェセックス伯爵夫妻の子供は、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗らない」と宣言したからである。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たアン (イギリス王女)

    また、これらの敬称を持つ男性王族と結婚した女性は、夫の爵位・称号に対応する夫人としての称号を与えられ、陛下や殿下の敬称を冠して呼ばれる。一方、女性王族と結婚した男性は、特別に爵位・称号を賜らない限り、称号や王族特有の敬称を名乗ることができない。エリザベス2世の夫であるフィリップは、結婚時にエディンバラ公爵位と殿下の敬称をエリザベス2世の父ジョージ6世から賜り、エリザベス2世から「prince」の称号を授けられたため、His Royal Highness The Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵フィリップ王子殿下)と呼ばれる。しかし、アン王女の夫であるティモシー・ローレンスは、結婚時に特別の爵位や敬称を賜っていないため、結婚後も軍人としての肩書きであるVice-Admiral(海軍中将)で呼ばれている。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たジョージ5世 (イギリス王)

    王族の範囲に関する明確な法的定義は存在しないが、少なくとも His/Her Majesty(HM, 陛下)や His/Her Royal Highness(HRH, 殿下)の敬称を持つ人物は、一般的に王族であると考えられている。そこで有力な指針のひとつとされているのが、1917年11月にジョージ5世により発表された、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称の運用方針を定めた勅許状である。これによると、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称は、国王、国王の子供、国王の息子の子、プリンス・オブ・ウェールズの長男の長男に与えられるものとされている。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「英国王室」のニューストピックワード