114件中 31 - 40件表示
  • イギリス王室

    イギリス王室から見たオータム・フィリップス

    オータム・フィリップス - ピーター・フィリップスの妻イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たデイヴィナ・ルイス

    デイヴィナ・ルイス - グロスター公爵夫妻の長女、ジョージ5世の曾孫イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たフィリップ (エディンバラ公)

    また、これらの敬称を持つ男性王族と結婚した女性は、夫の爵位・称号に対応する夫人としての称号を与えられ、陛下や殿下の敬称を冠して呼ばれる。一方、女性王族と結婚した男性は、特別に爵位・称号を賜らない限り、称号や王族特有の敬称を名乗ることができない。エリザベス2世の夫であるフィリップは、結婚時にエディンバラ公爵位と殿下の敬称をエリザベス2世の父ジョージ6世から賜り、エリザベス2世から「プリンス (prince)」の称号を授けられたため、His Royal Highness The Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵フィリップ王子殿下)と呼ばれる。しかし、アン王女の夫であるティモシー・ローレンスは、結婚時に特別の爵位や敬称を賜っていないため、結婚後も軍人としての肩書きであるVice-Admiral(海軍中将)で呼ばれている。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たアメリア・ウィンザー

    アメリア・ウィンザー - セント・アンドルーズ伯爵夫妻の次女イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たティモシー・ローレンス

    ティモシー・ローレンス - アン第一王女の夫イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たエドワード (ウェセックス伯爵)

    英国で現在、陛下または殿下の敬称を名乗っている、もしくは名乗る権利がある人々は、次の通りである。女王のみが Her Majesty を冠して呼ばれ、その他はウェセックス伯爵の子供を除き His/Her Royal Highness の敬称を冠して呼ばれている。エディンバラ公爵は、1917年の勅許状が定めるプリンスではないが、前述のとおり、特別に出された勅許状により1947年に殿下 (His Royal Highness) の敬称を、1957年にプリンスの身分を賜った。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たローズ・ギルマン

    ローズ・ギルマン - グロスター公爵夫妻の次女、ジョージ5世の曾孫イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見た京都御所

    2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレー・ロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車・自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿やバルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見た銀座

    2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレー・ロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車・自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿やバルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たサラ・チャット

    サラ・チャット - マーガレット王女とスノードン伯爵の長女、ジョージ6世の孫イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示

「英国王室」のニューストピックワード